アイフルの返済方法を上手に活用して早期完済を!

シェアする

早期に返済を済ませた男性

アイフルで利用できる返済方法の種類

アイフルで利用できる返済の方法には、ATMやアイフルのお店の窓口、口座振替(自動引き落とし)などがあります。
ATMやお店の窓口を利用して返済する方法としては、「35日サイクル制」と「毎月約定日払い」が選択できます。
ATMにはアイフルの専用マシーンと他の提携金融機関のものがあり、アイフル専用であれば手数料はかかりませんが、他金融機関のATMの場合には手数料がかかります。
窓口に比べると手軽な感じがしますが、手数料をかけたくない人はATMを選んで支払いをしましょう。
提携のATMは銀行などの金融機関内だけでなくコンビニエンスストアでも利用できます。

アイフルの35日サイクル制で自由に返済を

アイフルの35日サイクル制では、初回借り入れの翌日、または前回の返済日の翌日から35日後が次回の返済日となります。
35日サイクルの場合には、返済期日の前であればいつでも返済ができるので、毎月のお給料日が決まっていない人や次のまとまった入金が不透明な自営業の人などには便利な方法です。
サイクルも35日と毎月払いよりも期間が長いため、ゆっくりと自由に返済を続けたい人に向いています。
ただし、35日の期日前に支払うと、次の期日はその日の翌日からカウントされますので、返済の予定日がずれることもあります。
早めに払った時には次の期日は前倒しとなるため、間違えないように注意が必要です。
また、完済する前に追加融資を受けた場合には、期日は更新されません。
もともとの期日で続けて支払うことになりますので、こちらも注意しましょう。

アイフルの毎月約定日払いで分かりやすい期日管理を

アイフルの毎月決まった約定日に支払う方法は、返済期日を忘れそうな人にも安心です。
月々の家計の管理もしやすく、お給料で生活をしているサラリーマンなどに便利なシステムになります。
毎月の約定日は自分の都合に合わせて指定できるため、自分のお給料日に合わせて選ぶと便利です。
アイフルの毎月約定日払いでは、返済期日は毎月一定で、返済期日までの10日間のうちに入金することになります。
35日サイクルとは違って、いつ返済を行っても毎月の期日は変わることなく続いていきます。
そのため、返済期日のズレもなく分かりやすいシステムとなっています。
ただし、注意をしたいのは10日以上前に入金を済ませた時です。
この場合にはその月の返済としてではなく繰り上げ返済を行ったのと同じようにみなされて、次回の期日にもう一度入金する必要が出てくることもあります。

口座振替で忘れているうちに勝手に返済

口座振替は最初に申し込みをしておけば、後は期日になれば勝手に返済されているため、手間もうっかり忘れのリスクもありません。
忙しくてATMや銀行などにも足を運べない人や忘れっぽい人などにも大変便利です。
毎月の返済日までに指定の金融機関の自分の口座の中に入金しておけば、後は何もせずに支払いを済ませることができます。
残高不足だけに注意をしておくだけで、いつの間にか返済が済んでいる安心感があります。

アイフルの返済方式を理解して上手に返済を

アイフルの返済方式は「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。
長く耳慣れない言葉ですが、簡単に言うと、「最終の借り入れ後の残高に応じて次の支払い金額が変動するリボ払いということです。
追加借り入れをしなければ、基本的には普通のリボルビング払いと同じように残高に合わせて返済額が段階的に減っていきます。
追加の借り入れをすると、それを含んだ総額によって返済額が算出し直されます。
元利定額リボルビング払いでは、元金と利子を含んだ金額を支払いますが、借入残高が多いと支払い金額にしめる利子の割合も増えて元金返済が遅くなります
毎月の返済額が段階的に変わるため、ある程度の計画性を保てますが、毎月の返済を引き落としに頼りきっていたり、最低金額しか支払わないでいたりしていると返済に多くの期間がかかります。
アイフルの方式は毎月の収入が少ないという場合にはゆっくりゆとりを持って返せる良さはありますが、利息の総額が増えてしまうこともあります。
返せる時にはいつもより多く返すなどして、利息を軽減する工夫も必要です。

一括返済するときは

アイフルでは一括返済することもできます。
一括返済をする際には、確実にその日までの元利の総額を知ることが必要なので、アイフルに事前に連絡をしてから支払いを行います。
電話でも問い合わせができるので、支払い日までの利息を計算してもらいましょう。
一括返済は上記の口座振替以外のどの方法でも可能ですが、ATMでは小銭のお釣りが出ない場合があるため、銀行振込や店舗での支払いが便利です。
ATMで支払って、お釣りが出なかった場合には後日返金してもらうことになります。