イオン銀行カードローンの返済方法について

シェアする

カレンダーとお札とお金

低金利が魅力的なイオン銀行カードローンは、多くの人が利用を検討していると思います。
あらかじめ金利条件だけでなく、返済が遅れたときの遅延損害金や支払い時のルールを知っておくとよいでしょう。
ここでは、イオン銀行カードローンの金利条件に関するメリットを中心に取り上げます。

低金利が魅力のイオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンの金利条件は、借入額に応じて3.8%から13.8%になっています。
これは、銀行系カードローンの金利の中でも、もっとも低いレベルの金利といっても過言ではありません。

低金利をセールスポイントにしているカードローンは他にもあります。
しかし、その金利をよく見てみると、最高金利、最低金利のいずれかが比較的低金利というケースがほとんどです。

イオン銀行カードローンの場合は最低金利、最高金利ともに、数あるカードローンの中でも最低ランクになっています。
バランスのとれた低金利商品ということができるでしょう。

高額融資も低額融資も低金利

金利は利用限度額によって決まります。
利用限度額が最低ならば最高金利に、利用限度額が最高ならば最低金利になるというわけです。
たとえば、30万円から90万円なら年利13.8%、700万円から800万円なら年利3.8%と、金利条件が段階的に設定されています。

さまざまな銀行がありますが、メガバンク以上の金利条件を満たしています。
イオン銀行カードローンのように最高金利も最低金利も低いならば、あらゆる利用者が低金利の恩恵を被ることができるというわけです。
イオン銀行が大きく借りても負担が小さいとアピールするだけあって、どんな融資でも使い勝手はよいと言えます。

金利タイプの変更は可能

イオン銀行カードローンは金利タイプを変更できることが特徴です。
インターネットバンキングまたは店舗・郵送から変更することができます。

  • インターネットバンキングからの手続き
    変動金利から固定金利に切り替える場合、約定返済日の2営業日前までが変更期限です。
    適用されるのは約定返済日の次の日からとなります。
    固定金利から変動金利に変更するときは、手続きをしないと自動的に切り替わります。約定返済日の1か月前から2営業日前までに手続きをする必要があります。
  • 店舗・郵送からの手続き
    変動金利から固定金利に切り替える場合、約定返済日の10日前までが変更期限です。
    約定返済日の翌日から適用されます。
    固定金利から変動金利に切り替えるときは、手続きなしで自動的に切り替わります。固定金利特約期間満了月になったときに、条件を変えたくない人は手続きをしましょう。

遅延損害金のルール

イオン銀行カードローンの返済が遅れてしまうと、遅延損害金が発生します。
低金利が強みのイオン銀行カードローンですが、他の金融機関と比べると遅延損害金は高めです。
遅延損害金は、「イオン銀行カードローンBIG」は19.8%、「イオンバリューカード」は18.0%となっています。
お金の状況によっては難しいかもしれませんが、できるだけ返済に遅れないようにしましょう。

イオン銀行カードローンの返済のルール

イオン銀行カードローンは、毎月7日が約定返済日です。
残高スライド方式を採用しているため、借入残高に応じて決められた金額を支払いします。
また、イオン銀行カードローンは任意返済も可能です。
以下の返済方法を見てみましょう。

  • インターネットからの返済
    イオン銀行ダイレクトを利用すると24時間いつでも返済可能です。
    パソコンまたはスマートフォン、携帯電話を利用し、普通預金口座からカードローン用口座に振り替えることで返済ができます。
  • 振り込みによる返済
    カードローンへの振り込みによる返済が可能です。
    本人名義での振込が条件となるため注意しましょう。

繰り上げ返済に関するポイント

繰り上げ返済は借入総額を減らす効果があり、金利を引き下げるためには役立ちます。
イオン銀行カードローンの返済に関してはいくつか条件があります。

一部繰り上げ返済手数料は手数料が発生しません
しかし、全部繰り上げ返済手数料之場合、54,000円がかかります。

一部繰り上げ返済をするときは、毎月の返済約定日に行います。
この場合は他の日に返済することはできません。

イオン銀行のカードローンを有効活用しよう

イオン銀行カードローンは、メガバンクも追いつかないほどの好条件の金利が魅力です。
借入時から考えておきたいのは、返済時の金利条件や支払い方法ですが、イオン銀行のカードローンなら比較的簡単に返済ができます。
上手に使えば低金利で使えるカードローンなので、ぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。