アコムからお金を借りた場合の利息について

シェアする

金利を計算するカップル

アコムで借り入れをする場合、実質年率4.7パーセントから18パーセントと記されています。
アコムでは金利は実際に借りていた期間のみにつけられるもので、早く返すことができればその分支払う総額も少なくすることができます。

アコムの金利の基準と審査

金利を計算してみよう

金利の計算方法は、借入残高に利率を掛けて、365日に対する利用日数の割合を掛けて算出するといったものです。
例えばアコムで1万円を金利18パーセントで30日借りる場合、返済時にかかる利息は、10,000×18パーセント×30日÷365日となります。
全部で147円の利息を1万円と一緒に返すことになるということです。

金利は審査で決定

金利を決定するのは、申し込みの際に行われる審査です。
契約の有無はもちろんのこと、その人の信用情報によって金利も決まります。
上限金利は利息制限法によって決められていますが、より信用度が高い場合には金利が下がる場合もあるものです。
ただし通常の場合には、初めて借入れする人の場合には、返済をきちんとしてくれるかどうかが分からないため、総じて高い金利で決定する傾向があります。
また、借入限度額が多くなるにつれて金利は下がります
むろん、信用度が高くなければ高い金額の借り入れ自体が認められません。

アコムの金利を下げるためには

アコムで初めての借り入れを行う場合には、通常17パーセントから18パーセントの金利になるようです。
これは借り入れと返済の実績がないためであり、多くの人がこの範囲で借り入れを始めることになります。
しかし、アコムを使い続けていくうちに金利を下げることもできないわけではありません。
そのためには良い消費者としてアコムに認められることが必要となります。

チャンスは増額時

アコムで金利を下げるためのタイミングは借り入れ限度額の増額です。
増額する際に認められれば金利が下がる可能性があります。
借入金額が多く、順調に返済を行っていることが認められることで、金利を下げることが出来るかもしれません。
ただし、これは一概にうまくいくことばかりではなく、他社からの借り入れの状況などもチェックさせるため、安心はできません。

チャンスがリスクに

借入金額が膨らみすぎている場合には、やはり返済のリスクを疑われて、金利の引き下げは難しくなるでしょう。
こつこつと信用実績を積んで、自分の年収をあげるなどの努力も必要です。

アコムは実質的に金利が下がるサービスもある

アコムには、30日無利息サービスというサービスがあります。
これを上手に利用することで、実質的に全体の金利を抑えられる場合もあるでしょう。
無利息というのは、本当に利息がかからないで元金だけを返済すればよいというサービスです。
これは初めて利用する人限定ですが、金利を抑えてキャッシングを利用し始めたいという人には便利なサービスとなります。

無利息期間を含めると総合的にお得

契約から30日の間だけの無利息ですが、その間に返済した場合には金利ゼロで利用ができます
もし、無利息の期間を過ぎても支払いが終わらなくても、その時からその残債に対してのみ金利がかかるため、30日分の利息を得したということになります。
この方法には借り入れの際にいろいろと条件があるため、サービスを利用できるかどうかの確認は怠らないようにしましょう。

アコムで100万円以上の借り入れを行った場合

消費者金融の金利は利息制限法によって定められており、また、金融機関でも信用性の高い人に対しては金利を下げることが可能となります。
また、信用の高い人にはその分高い金額の貸付を行うことができるため、高額の借り入れが可能であれば金利も下がりやすくなります。
アコムでは100万円以上の借り入れをする場合には、15パーセントの金利で借り入れをすることができます。
100万円未満の場合には17パーセントから18パーセントですから、大きく差がつきます。
もちろん、100万円に対する利息は高くなりますが、もともと100万円以上の借り入れが必要であれば、複数の消費者金融から少しずつ借りるといったケースよりも支払う利息を減らすことができます。
高額の借り入れが必要な場合には複数の消費者金融から少しずつ借り入れをするよりもアコム一択で審査に臨んだほうが良い金利で借り入れができるのです。

金利にこだわりすぎずに返済を目指す

消費者金融の金利はアコム以外も比較的同じような状態となっています。
初めての利用であれば、自ずと金利も高くなる傾向にあり、金利の決定は審査によってのみ分かるため事前に予想ができません。
そのため、実質的に利息の総額を減らすことを考えた方が得策かもしれません。
利息の総額を減らすためには、早く返すことが大切です。
また、最初にたくさん返済することも重要です。
金利は、借り入れの残高に対してかかるものなので、残高を少しでも早く少なくすることで利息の総支払額を減らすことができます。
また、余計な出費が増えないように期日をオーバーしたり、返済が滞ったりしないように注意をしましょう。