アコムの返済方法の詳細情報

シェアする

返済に悩む男性

アコムの返済方法にはいろいろなものがあります。
一定の周期で返せるタイプや毎月決まった日に返せるもの、または口座引き落としなどです。
こうしたいろいろな返済方法を活かして、自分のライフサイクルやお給料日に合ったベストなタイミングで返済を計画的に行いましょう。

アコムの返済方法の特徴

返済金額も自分で決められる

アコムの返済は、返済金額も自分で決められるので、無理のない範囲でやりくりができます。
自分に合ったタイミング、返済金額で、生活に負担なく借り入れを生かしましょう。

返済期日が来る前に、返すこともできるため、支払利息を減らすこともできます。
24時間いつでも返すことができるから、自分の返したいタイミングで返しに行けます。
アコムのATMや提携のATM、アコム店頭やインターネットなど、好きな方法を選んで手間や時間も短縮しましょう。

アコムの35日周期返済は楽

35日ごとに返済期日がくるタイプでは、借り入れから35日後に返済日が来るというのんびりと返したい人にもピッタリのタイプです。
次の返済からも35日ごとで良いため、毎月の返済よりも余裕があります。

ゆとりある返済計画が可能に

収入が一定でない場合や少し返済の予定に狂いが出る恐れのある場合にも使えます。
もしもそれまでに返済できる場合には、そのタイミングで支払いに行くこともできるため、利息を軽減することも可能です。

返済期日にはご注意を!

35日ごとの返済で注意をしたいのは、期限前に入金ができた時の次の支払日についてです。
35日周期では毎月決まった日ではなく、前回の支払いを行った日からの計算で35日ごとに支払日が決まります。
そのため、期日前に支払った場合には、そこから数えて次の支払いを行うことになります。
もし、支払い日を忘れないようにカレンダーに書いたり、アラートを仕掛けたりしている場合には、期日前に支払ったら次の支払いの予定を前倒しで書き換えておくことが必要です。
支払日のコントロールが面倒な場合には、毎月決まった返済日を選択しましょう。

毎月一定の日に簡単返済

アコムの毎月一定の日に返すタイプの返済は、管理がカンタンです。
月々一定の日に支払いを行うため、お給料日が決まっている場合などに安心して返済計画を立てられます。
こちらのタイプも、期日前の返済ができるため、先に返済をすることもできます。

入金日には注意

注意したいのは次の返済日までの期間です。
毎月払いの場合には、前倒しで支払った日が次の期限の15日以上前の場合にはその次の期限にも支払いをしなければいけなくなる可能性があります。
この場合には、前回の追加入金とみなされるためです。
そのため、次の期限にもう一度払いたくない時は15日切るのを待ってから支払いに行きましょう。
期日の数日前であればいつでも返しやすいため、お給料日の数日後に期日を設定すると安心です。

毎月6日の口座引き落としで快適

自分で返済しにいくのは難しい、面倒くさいという場合には、口座引き落としが楽です。
銀行口座に期日までに入金しておけば、あとは何もせずに待つだけとなります。
アコムの締め日は20日で口座引き落とし日は毎月6日となっているため、お給料日が月末までに来るという人には非常に便利です。
アコムで給料口座を登録しておけば、なにもせずに毎月支払いを続けることができるでしょう。
お給料日が月始の場合は口座残高に注意が必要です。
土・日・祝日、年末年始に当たった場合でも、アコムの休業日にあたり、翌営業日の支払いとなります。

インターネットを使った便利な入金

アコムの良さは申し込みでインターネットが使えるだけでなく、ネットバンキングのように返済もインターネットから行えるという点です。
口座引き落としではない人が期日までに支払いに行けない場合などに役立ちます。
インターネットから支払うことで、手間をかけずに自宅や会社、出張先などからでも期日に間に合わせることができます。
インターネットからの入金は利用ができない時間帯もあるため、少し余裕を持って行いましょう。
自分の使っている金融機関のネットバンキングを登録しておいて、慌てずにしておきたいものです。

メールで返済のし忘れにも安心

アコムでは返済のし忘れを防ぐためのお知らせサービスもあります。
返済日が毎月一定日でない35日周期の場合や忙しくて支払いを忘れそうな人に便利です。
返済期日の3日前と当日にアコムからのメールできっちりと知らせてくれるため、事前に準備することもでき、当日のうっかり忘れも防ぐことが出来るでしょう。
当日に支払いに行けなかった場合には、再度アコムから期日経過後のお知らせもきます。

返済の手数料には注意を

アコムのATMや窓口、インターネットバンキングであれば、手数料がかからず入金した分全てが利息と元金に当てられます
しかし他行などの提携ATMの場合には一定の手数料がかかるため、入金額に注意が必要です。
ATMの手数料は払い込んだ金額から先に引かれてしまうため、ちょうどの金額を支払っただけでは、手数料分が不足してしまうのです。
そのため、数百円といった支払い残が残ってしまい、思わぬ残債になってしまうことがあります。