低金利でおまとめローンを選ぶなら

シェアする

低金利のおまとめローンを探す女性

今は金融会社や、銀行では、あらゆる条件においては低金利でおまとめローンの契約をすることができます。各会社によって、特徴や条件に違いがあります。自分の現在の状況ではどのような所で借りることが良いのでしょうか。

消費者金融のおまとめローンの特長とは?

消費者金融のおまとめローンは、総量規制の例外として扱われます。
そのため、年収の1/3を超える借入れが可能になります。
消費者金融のおまとめローンの良いところは、即日融資が可能になっていて、さらに審査時間も短いので、店頭に行かなくても、インターネットなどの申込みによって審査をすることができて、さらに審査結果もインターネットなどで確認することができます。
審査基準も厳しくないので、簡単に借りることができるのが大きな特徴になっています。
さらに金融機関には休日があり、その間は手続きをすることができませんが、消費者金融では無人契約機は全国にあるので、急いでいる方にはすぐに無人契約機で申し込みをすることもできます。
ですが、消費者金融のおまとめローンの中には、同じ消費者金融からの借り入れや、信販系からの借り入れのみしか、おまとめしかできないという場合があります。
この場合は銀行系のローンをおまとめしたり、借り換えたりすることができません。

銀行のおまとめローンの特長とは?

銀行のおまとめローンは、低金利でさらに銀行ならではの安心感などがあり、おまとめローンや、借り換えといった場合に使いたいと考える方が多くいる程、高額のローンでも安心できます。
銀行といっても、地方銀行から、全国にある大手銀行、ネット銀行といった種類もさまざまあり、借りる条件も少しずつ違いがあります。
なので、自分が利用しやすい条件の銀行を探す必要があります。
特に銀行では、普段から給与の振込みだったり、各種料金の引き落としなど普段の利用頻度に応じて、金利を引き下げるサービスを行っているローンなどがあったり、地方銀行では勤務地や、銀行のエリア内しか申し込めないなどの条件もありますが、利用者に密着したサービスが充実しているところが多くあるので、利用しやすくなっています。

信販系のおまとめローンの特長とは

一般的に信販系と呼ばれるところは、クレジット会社からの借り入れとなっています。
有名なところでは、オリックスカードや、イオンカード、クレディセゾンカード、UCカードなどがさまざまありますが、信販系では、年収の3分の1以上の借入をすることができません
ですが、銀行系よりも借り入れがしやすいので、銀行系のおまとめローンが出来なかった場合に信販系でおまとめローンの申し込みをすると審査が通る場合があります。
ただ、審査が通りやすくなっている分、少し金利を高く設定している場合もあるので、金利を確認してから申し込むと良いでしょう。

消費者金融の金利とは

消費者金融では、平均的な金利が4.5パーセントから18パーセントの間で設定されている所が多くなっています。
最低借入金額が1万円から、最高でも500万円となっていて、低額でも即座に借り入れることができるので便利です。
さらに毎月返済額も一定の金額で返済できて、返済日を選べる場合もあります。

銀行とネット銀行の違い

銀行は、平均的な金利が6パーセントから14.8パーセントの間で設定されています。
借入金額が多くなっていく程、固定金利が引き下げられていきます。主に最大額までの借り入れで、年金利が3パーセントまで下がるところもあります。
ですが、銀行にはネット銀行もあり、消費者金融と同様に店舗を構えていない分、わざわざ出向いて契約する必要がなく、店舗を運営する費用もかからないので、人件費や設備維持のコストがかかることがないので、低金利でおまとめローンを契約することができます。
ですが、銀行によってはローンに必要な口座を開設しなければならず、勤続年数が短い場合や、正社員でない場合には借入することが難しい場合もあります
さらにネット銀行の場合、申込方法はネットからのみになっていて、電話などで申し込むこともできません。
引き落とし日も自動で引き落とされるので、返済日なども自分で決めることができません。
同じ銀行でも店舗に出向くか、ネット銀行にするかによって金利も違いがあります。
中にはネット銀行で金利が1.99パーセントと低金利のものもあります。

信販系の金利とは

信販系の金利は、借入金額によって金利に幅があります。
例えば、50万円であれば15.6パーセントからですが、100万円といった高額になるにつれて13.2パーセントと金利が変わってきて固定されていないことが多くあります。
なので、自分の借入金額に応じた金利を見てから借り入れる会社を決めましょう

おまとめローンはさまざまな特徴がある

同じおまとめローンという名前でも、借り入れ方法や、借りやすさ、審査の通りやすさなど、ここであれば絶対に借り入れできるといった基準がありません
なので、自分の借入額や、返済方法などを考えてから、おまとめローンの金利を見て借入しましょう。
さらにキャンペーン中などであれば、さらに金利が下がっていることもあります。

まとめ

銀行系は審査が難しかったり、信販系や消費者金融は手軽に申込みができたりと、さまざまな特徴があります。
自分に合った方法で借入し、返済も簡単にできるところを選ぶことが重要になってきます。