おまとめローンは総量規制の対象外って本当?

おまとめローンで返済

おまとめローンを利用する際に知っておきたいものとして、総量規制の対象もしくは対象外となるかということが挙げられます。
総量規制はおまとめローンだけでなく、カードローンの使用にも大変重要な情報となるので、きちんと学んでおきましょう。

総量規制とは?

総量規制とは、2010年施行の賃金業法によって定められた規制で、債務者が多額の債務を抱えないように決められた規制となっています。
多くの金額を債務者へ貸付出来ないように、債務者の年収の3分の1以上になる借り入れが出来ないようになったのです。
例えば、年収200万円の方が消費者金融からお金を借りたいという場合、約66万円以上借入することが出来ないようになっています。
さらに、初めて50万円以上借り入れする時には、合計で100万円以上になる場合借入の申し込みをする時は、所得証明書の提出を必ずしなければいけないことになりました。

総量規制対象外とはどういうことか?

カードローンを利用する際は上記のような総量規制を受けた状態で融資を受けることになるのですが、どんな金融業者でも総量規制が当てはまるという訳ではありません
中には総量規制が対象外になることもあるのです。
総量規制が対象外になるということは、年収の3分の1以上のお金を借り入れることが出来るので、多額の借り入れが可能となります。

総量規制対象になるものは?

総量規制の対象となるのは、消費者金融やクレジット会社・信販会社などがあります。
賃金業法で総量規制が定められる以前は、消費者金融などでも高金利での貸付が行われているのですが、その分破産となってしまう人が多くなってしまったため、消費者金融などが総量規制対象に入ったのです。
規制対象になることでお金を借りたい側としては、多くの金額が必要になった場合でも年収の3分の1という制限が出てしまっているため、必要な金額が借りられない場合があります。

総量規制対象外になるものは?

一方で、総量規制の対象外となるものもあります。
それは、住宅ローンや自動車ローン、高額療養費、有価証券担保、不動産担保、緊急の医療費、個人事業主への借り入れ、顧客に一方的に有利な借り換えなど、これらの借り入れは対象外となるのです。
特に、消費者金融が総量規制対象外になっている分、借り入れがどうしても必要になった場合は銀行のカードローンを利用することが出来ます。
銀行では総量規制の対象外になっており、多額の融資も可能です。
ただし、審査は消費者金融よりもかなり厳しい場合が多く、借り入れること自体が出来ない場合もあるのです。

総量規制対象外になることのメリット

総量規制が対象外になると、年収の3分の1以上の金額を借り入れることが出来る他にも、様々なメリットが得られます。
例えば、総量規制対象外は消費者金融ではなく、銀行のカードローンを利用することになるので、金利はかなり安くなります。
また、総量規制対象だと収入がどれくらいあるのか確認する必要があり、収入証明書は必須となるのですが、総量規制対象外であれば、年収がいくらでも関係なく借り入れることが出来るので、用意しなくてもお金を借り入れることが出来ます。
これに関係して、年収が関係ないということは、仕事をしていなくても借り入れが可能になるということにつながります。
そのため、パートやアルバイトなどの仕事を一切していない専業主婦でも借り入れすることが可能となります。
ただし、貸し付けを行っていない銀行もあるので注意しましょう。
消費者金融では年収が0円だと貸付することが出来ません。

おまとめローンは総量規制対象外にあたります!

上記では消費者金融は総量規制対象となり、総量規制対象外となるのは銀行カードローンということを書きましたが、実は例外があります。
それは消費者金融のおまとめローンです。
おまとめローンは顧客に一方的に有利な借り換えとなるので、例え消費者金融でも総量規制対象外になります。
そのため、消費者金融では一般的なカードローンの他におまとめローン商品を用意しているところがあります。
銀行カードローンは金利が低い分審査が厳しいため、もしもおまとめローンを利用したい時は消費者金融のおまとめローンも選択肢として加えてみてはいかがでしょうか。
ただ、金利によっては返済金額がおまとめローンをする前と変わらなかったり、むしろ増えたりしてしまうということもあるので気を付けましょう。

まとめ

おまとめローンは総量規制対象外となるため、低金利のカードローンで一括にすることが出来れば、支払金額が少し減少する可能性があるのです。
ぜひ総量規制対象外となるカードローンを利用して、少しでも債務の負担を減らせるようにしましょう。