おまとめローンは主婦でもOK?

お金の計算をする女性

近年では、自身にはほとんど収入のない主婦の方でも利用できるキャッシングやカードローンサービスも多くなっています。利用可能な限度額などに制限が設けられているケースも少なくありませんが、それでもちょっと困った時に借りる程度であれば、それほど問題を感じることはないでしょう。

ですが、こうして少しずつお金を借りているうちに、気付いたらかなりの額を借りてしまっていた…なんて方も少なくないようです。
その結果、毎月の返済が厳しくなり、家計が圧迫されてしまうこともあるでしょう。

そんな状況を救ってくれる金融サービスの一つがおまとめローンです。では、主婦の方でもおまとめローンを利用することはできるのでしょうか?

まずは金額の面からチェックしてみよう

主婦が金融機関でお金を借りる際に、最初に考えなければならないのはその金額です。あくまで本人には収入がないという状態の場合、借り入れ可能額には限度があります。金融機関によっても異なりますが、基本的には10~30万円が限界でしょう。

このように、本人に定期的な収入がない場合、多額の借り入れをすることが難しいのです。

おまとめローンの場合、複数の借金を一本化することが目的ですので、どうしてもその額は大きくなってしまいます。
ですので、それが30万円を超えてしまうと一般的な金融機関などで借り入れることは難しい傾向にあります。

中には世帯収入で審査を受けられるケースも

こう言ってしまうと、主婦の方はおまとめローンを絶対に利用できない、と思われてしまうかもしれません。
しかし、金融機関の中には本人に収入がない場合は世帯収入によって申し込み、審査を受けられるケースもあります。
この場合は、本人に収入がなくても家族に継続・安定した収入があれば、審査を通過しておまとめローンの利用できる可能性もあります

ただし、それでも利用可能額に限度が設けられるケースもありますし、場合によっては申し込みの際に収入証明などの書類が必要となってしまう可能性もあります。
この点は頭に入れておくべきでしょう。

主婦でも審査に通りやすいおまとめローンは?

このように、利用できないわけではありませんが、やはり主婦の方の場合はどうしても審査で不利になってしまいます
そのため、できるだけ審査に通りやすいおまとめローンを探してみましょう。ポイントとなるのは、やはりおまとめローンに力を入れている金融機関を探す、という点です。最近では大手の金融機関であればどこでも借金の一本化に対応したサービスが用意されています。ですが、大手となればどうしてもそれだけ審査の基準は厳しくなってしまいます。
最近では中小の金融機関で、おまとめローンをメインで取り扱っているところも多くなっています。こういったところは、大手と比較すると知名度が低い分、審査の基準をやや甘めにするといった方法で顧客の獲得を目指していますので、主婦の方でも利用できる可能性は高くなるでしょう。
また、こういったおまとめローンに特化した業社の場合、サービスも充実していますので、より利用しやすいというメリットもあります。

それでも確実に利用できるわけではない

このように、主婦の方でもおまとめローンなどのサービスを利用できないわけではありません。しかし、確実というわけでもない、という点は必ず頭に入れておくべきです。
そして、審査に落ちてしまった時のために別の対処法も考えておくべきでしょう。

もちろん、別の金融機関のサービスをチェックしておくことも大切ですが、その前に現在利用しているローンサービスの返済プランの変更、立て直しができないのかも考えてみましょう。
金融機関やサービスによっては、再審査が必要となってしまうケースも少なくありませんが、プランの立て直しができれば、毎月の返済額を抑えることもできますので、あらためて無理のない返済計画を立てられます。

残念ながら、金融機関によっては契約後のプラン変更ができないというケースもありますが、少しでも可能性があるのであれば、チェックしてみる価値はあるでしょう。
そのために、一度現在の借り入れ状況などを一度しっかりと整理して把握しておくことも重要なポイントとなります。

現実はやはり厳しいものの…

このように、現実的に考えると主婦の方がおまとめローンを利用するにはやや高いハードルがあります。
おまとめローンといえば、誰でも簡単に利用できるもの、というイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、それは大きな間違いであるということを頭に入れておくべきなのです。

おまとめローンも利用は計画的に!

おまとめローンを利用することができたら、返済はもちろん楽にできるでしょう。しかし、大幅に借入額が減るわけではありません。なので、あらためてしっかりと無理のない返済計画を立てるようにすべきでしょう。
まして、少し余裕ができたからと言って、簡単に借金を増やすようなことは避けるべきです。