おまとめローンを選ぶなら銀行と消費者金融のどちらがお得?

まとまった札束を渡す男性

複数の業者などから借金をしている場合、返済も難しくなってしまいます。単に毎月の返済方法の違いなどで面倒になるだけでなく、返済額も大きくなってしまいがちです。そのため、返済そのものが難しくなってしまいます。
もちろん、最初から計画的にお金を借りればこういった事態になることはないでしょう。しかし、さまざまな事情からお金に困って、複数の業者からお金を借りなければならないこともあります。

しかし、どんな事情があったとしても借りたお金は返済しなければなりません。そこで、人気を集めているのがおまとめローンです。
複数の業者からの借金で返済に困っているという方は検討してみてはいかがでしょうか?

そんなおまとめローンですが、近年では需要が高まっているため、さまざまな業者がサービスを展開しています。そのため迷ってしまうという方も多いでしょう。
そこでここではまず、銀行と消費者金融のどちらがお得なのかを比較してみたいと思います。

銀行のおまとめローンのメリットは?

まずは、銀行おまとめローンならではのメリットから考えてみましょう。ほとんどの方が最初に挙げられるのが金利が低いという点でしょう。一般的なカードローンやキャッシングと同様に、銀行系のおまとめローンは金利が低い傾向にあります。
おまとめローンの場合、借入額も大きくなりますので、金利の低さも重要なポイントとなりますので、これも大きなメリットと言えます。

また、サービスの選択肢が多いという点も魅力です。専用のおまとめローンサービスはもちろんのこと、銀行の場合は総量規制の対象となりませんので一般のカードローンの限度額も高く設定できます。ですので、専用サービスでなくてもおまとめローンとして利用できるのです。これも銀行ならではの大きなメリットと言えます。

銀行おまとめローンのデメリットは?

多くのメリットのある銀行のおまとめローンですが、もちろんデメリットだってあります。第一に考えられるのが、審査が厳しいという点でしょう。金利が低く、限度額が大きい代わりにどうしても審査は厳しいものとなってしまうのです。
基本的におまとめローンの利用を検討している方は、複数の業者からの借り入れがあるという状態ですので、審査に通過できないというケースも少なくありません。もちろん、専用のおまとめローンサービスであれば、こういった点も考慮して審査してくれますが、やはり消費者金融と比較すると、審査はやや厳しくなってしまいます。

銀行のおまとめローンの利用を検討している方は、こういった点も頭に入れておくべきでしょう。

消費者金融おまとめローンのメリットは?

それでは消費者金融のおまとめローンのメリットについて考えてみましょう。最初に挙げられるのが審査が比較的甘いという点でしょう。
借り入れ額も大きくなってしまいますので、審査が不安という方もいらっしゃるかもしれません。消費者金融の場合はやや審査の基準が甘くなりますので、安心して申し込みができるのではないでしょうか?
また、消費者金融の場合、おまとめローンでもかなり審査のスピードが早い傾向にあります。そのため、とにかくすぐにサービスを利用したいという方にもおすすめです。
最近ではネット申し込みが可能なところも多くなっていますので忙しい方でも問題なく利用できます。

さらに、おまとめローンを専門にしている消費者金融も少なくありません。こういった業者であればより安心して利用できるのではないでしょうか?

消費者金融おまとめローンのデメリットは?

もちろん、消費者金融おまとめローンにもデメリットはあります。まず、金利がやや高くなってしまいます。そのため、場合によってはこの金利によって最終的な返済額がより高くなってしまう可能性がありますので、慎重な計算が必要となるでしょう。
また、消費者金融は総量規制の対象となりますので、金額が大きくなると専用サービス以外に選択肢がないという点も人によってはデメリットに感じられるかもしれません。

結局どちらのおまとめローンの方がお得なの?

このように、それぞれにメリットとデメリットの両方があります。では、総合的に考えるとどちらの方がお得なのでしょう?
これは、考え方によってかなり変わってきます。とにかく金利などの面で総合的な返済額を減らしたいという方にとっては銀行の方がお得と言えます。
しかし、審査が不安だという方や、できるだけ早くおまとめローンを利用したいという方にとっては消費者金融の方がメリットが多いと言えます。

じっくり比較検討した上で自分に合ったサービスを選ぼう

最終的には、それぞれのメリットやデメリットをしっかりと頭に入れた上で、あなたにあった業者・サービスを選ぶことが重要となります。
これからおまとめローンを検討しているという方は、さまざまなサービスを比較検討してみてください。