おまとめローンで審査が通りやすい人の特徴とは

シェアする

審査に通りやすい人

多重債務者は借金の返済に苦労している人は多いでしょう。
そんな多重債務者の負担を減らしてくれるのがおまとめローンになります。
しかし、おまとめローンの審査は通常のローンより審査基準が厳しいために、申し込んだからといって簡単に融資してもらえるわけではありません。
では、審査が通る人の特徴とは何なのでしょうか。

おまとめローンの審査に落ちにくい人の特徴

借金の負債額が少ない

通常のローンは50万~100万ほどを借り入れする場合が多いので、借金の負債額も少ないので審査が通りやすいと考えられます。
しかし、おまとめローンでは多重債務である場合が多いので、借金の負債額も高額な場合が多いです。
まず、カードローンなどは借り入れする金額が大きいほど審査は厳しくなります。
ですから、おまとめローンでも高額であれば審査もより慎重になるのです。
この事から負債額が高い人よりも、少ない人の方が審査を通りやすいと考えられるでしょう。

勤務先や年収が安定している

ローンの審査では、しっかりと返済が出来るかどうかが最も重要なります。
ですから、借り手の年収や勤続年による信用を得る事も大切です。
また、転職したばかりの場合は審査に通りにくいケースも少なくないのですが、転職先が安定した職場であれば審査が通過する場合があります。
ですから、年収が多い少ないという事よりも、安定した職を持っているかが審査において重要になると考えられるでしょう。

返済の遅延や滞納がない

やはり、遅滞や滞納がなくしっかりと返済をしている人の方が審査に通りやすいと言えます。
まず、ローンの返済が1日でも遅れた場合は個人信用情報に遅滞の情報が載ってしまいます。
しっかりと返済すれば半年ほどでその記録はなくなりますし、2~3日での遅滞ではあまり審査には影響はないと考えられますが、遅滞多く続き滞納などを繰り返している場合は金融機関から信用を失う事になりかねません。
ですから、審査を通過するためには遅滞を起こさず、毎月確実に支払いをしてくれる信頼性が重要となるでしょう。

借入件数が少ない

おまとめローンの利用で借金を一本化する場合に、現状件数に条件があります。
現状で借入件数が5件以上はおまとめローンを利用する事は不可能です。
ですから、まとめる事が出来る借入件数は最大で4件になります。
しかし、確実に審査を通る人は2~3件である傾向があるのです。
ですから、借入件数が多い場合は、いくつかの金融機関を完済させて借入件数を3件以内に抑えてから申し込む事で、支払いの意欲や信用回復に繋がり審査が通りやすくなると考えられます。

申し込みの時に偽装をしない

申し込みの時には、必ず住所や勤務先などを記入します。
そのときに、記入内容を偽装した場合は審査が通りません
おまとめローンに限りませんが、ローンを借りる時には信用が第一なので嘘や秘密事は禁止です。
また、借り手が勤務先で働いている事を電話で確認するので、勤務先の偽装はすぐに分かってしまいます。
ですから、審査に通過する人は正しく情報を記入して事で信用を得ていると言えるでしょう。

むやみに申し込みをしない

借金が返せずに焦っている時、仮審査で落ちた場合に慌てて別のローンに申し込む事を繰り返し行っていませんか?
ただ申し込んだだけでも審査が通らない、申し込みブラックというものがあります。
この申し込みブラックというのは、1ヶ月で約4社以上の申し込みを基準に、短期間で複数の金融機関に申し込み、そのせいで審査が通過しない状態を指します。
まず、ローンは申し込んだ時点で個人信用情報に申し込み履歴が記入されてしまうのです。
ですから、審査時にその情報が分かれば申し込みブラックとなりますので、審査が通らないと考えられます。

審査を通るようにするには?

審査が通りやすい人の共通点は、確実に返済が出来る信用のある人だと言えるでしょう。
ですから、申し込みをする前に事前に自分の信用情報や、現在の借入状況を含め、おまとめローンでの返済総額と比較してみる事も大切です。
また、審査が通りやすい方法としては、1社ずつ結果を確認する事よりも同日に3社へ申し込むと通過する確率は上がるでしょう。
申し込みブラックの基準は1ヶ月で4社以上ですから、同日に3社の申し込みは個人信用情報に影響はありません。
そして、申し込むコツとして審査が遅いものから先に申し込み、銀行ばかりではなく消費者金融でのおまとめローンを混ぜる事で申し込みブラックになってしまった場合も半年ほどで解除される可能性もあります。
そして、銀行より金利は上がってしまいますが、消費者金融の審査は銀行より緩い場合もあるので、通りやすいと言えるでしょう。
他にも、金融機関が売上を求めるキャンペーンなど特典を行っている時や、決算時期の年度末は比較的に審査が通りやすくなっているので、そのタイミングで申し込んで見るのも良いと思います。

まとめ

このように、おまとめローンの厳しい審査を通過する人は、金融機関から信用の条件を満たしている傾向にあると考えられます。
しかし、条件を満たしていても必ず通るという保証はありません。
ですが、条件を満たす事で融資を受けられる確率は高くなると言えるでしょう。