カードローンの借り換えにおすすめの業者とは?金利・審査で比較!

シェアする

お金と虫眼鏡

カードローンの返済に困っている方には、借り換えをおすすめします。

今よりも低金利のカードローンへ借り換えることで、毎月の利息を安く抑えることができるからです。

また複数の借金を抱えている方も、借り換えで借金を一本化することで、返済をかなり楽にすることができます。

そこで今回はカードローンの借り換えにおすすめの業者をご紹介!

金利や審査で比較しているので、あなたの要望に応える借り換え先がきっと見つかるはずです。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」-468-60-20160808

金利 年率1.8%~14.6%
限度額 500万円
返済方式
  • 自動返済
  • ATM返済
  • 振込返済
申し込み方法
  • ネット申し込み
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
申し込み条件
  • 年齢が満20歳以上65歳未満の方
  • 国内に居住する方
  • アコムからの保証を受けられる方
  • 原則安定した収入のある方
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書(借入総額が300万円超)
担保・保証人 不要

三菱東京UFJ銀行のバンクイックであれば、申し込みから最短40分で融資を受けることができるので、即日で借り換えが可能です。

金利も年率1.8%~14.6%と消費者金融と比べて低いので、消費者金融からの借り換えにはおすすめです。

また限度額500万円で年率1.8%というのは、銀行カードローンの中でもかなり低金利です。

試しに三井住友銀行カードローンの限度額毎の金利と比較してみましょう。

三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行
~100万円 12.6%~14.6% 12.0%~14.5%
~200万円 9.6%~12.6% 10.0%~12.0%
~300万円 7.1%~9.6% 8.0%~10.0%
~400万円 6.1%~7.1% 7.0%~8.0%
~500万円 1.8%~6.1% 6.0%~7.0%

このように同じ限度額ごとに比較すると、三菱東京UFJ銀行の方が低金利であることが分かります。

特に融資額が200万円を超える場合、三菱東京UFJ銀行カードローンは大変お得です。

住信SBIネット銀行カードローン「プレミアムコース」

Sumishin_728x90_161025

金利 年率0.99%~7.99%
限度額 1200万円
返済方式
  • 自動返済
  • ATM返済(随時のみ)
  • 振込返済(随時のみ)
申し込み方法
  • ネット申し込み
  • 電話
  • 郵送
申し込み条件
  • 年齢が満20歳以上65歳未満の方
  • 継続的に安定した収入のあること
  • 永住権をもつ外国籍の方
  • SMBCコンシューマファイナンスの保証を受けられる方
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書(借入総額が300万円超)
担保・保証人 不要

住信SBIネット銀行カードローン「プレミアカードローン」は、上限金利が7.99%とかなり金利は低いです。

一般的な銀行カードローンでは、上限金利が13%~14%となっており、銀行からの借り換えにも利用することができます。

消費者金融・銀行カードローンと比較した上限金利は以下の通りです。

消費者金融 18%程度
銀行カードローン 13%~14%程度
住信SBIネット銀行「プレミア」 7.99%
住信SBIネット銀行「スタンダード」 14.79%

しかし、スタンダードコースは他のカードローンと比較しても平均的です。そのため借り換えとして利用する際は、プレミアコースの金利が適用されなければいけません。

プレミアコースが適用されるには、一定以上の収入と綺麗な信用情報が必要です。

オリックス銀行カードローン

468x60c

金利 年率1.7%~17.8%
限度額 800万円
返済方式
  • 口座引き落とし
  • 振込返済
  • ATM返済
申し込み方法
  • ネット申し込み
  • 電話
  • 郵送
申し込み条件
  • 年齢が満20歳以上69歳未満の方
  • 継続的に安定した収入のあること
  • 永住権をもつ外国籍の方
  • オリックス・クレジット株式会社、新生フィナンシャル株式会社から保証を受けられる方
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書(借入総額が300万円超)
担保・保証人 不要

確実に借り換えをしたいという方におすすめなのが、オリックス銀行カードローンです。

上限金利17.8%と消費者金融並みに高いですが、その分審査にも通りやすくなっています。また借り換えに対応していると公式にアナウンスされているので、審査対応も柔軟です。

限度額ごとに設定される金利を紹介しておくので、借り換え後に金利を引き下げることが出来るのか確認しておきましょう。

~100万円 12.0%~17.8%
100万円~150万円 6.0%~14.8%
200万円~300万円 5.0%~12.8%
400万円~500万円 4.5%~8.8%
600万円~700万円 3.5%~5.8%
800万円 1.7%~4.8%

借り換え先の正しい選び方

ここからは借り換え先の正しい選び方を紹介していきます。

借り換え先を選び間違えると、逆に損する恐れがあるのでご注意ください。

実際に適用される金利で比較する

カードローンでは限度額ごとに金利が設定されています。

そのため借り換え先を選ぶ際には、実際に適用されるであろう金利で比較することが大切です。

下限金利や上限金利だけを見て決めてしまうと、借り換え後に損してしまう危険性があるのでご注意ください。

毎月の返済額で比較する

毎月の返済が苦しくて借り換えを考えているという方は、毎月の返済額も注目しましょう。

カードローン業者ごとに毎月の返済額は異なります。同じ借入額であっても月々2000円から済むところもあれば、最低返済額が1万円となっている業者もあるのです。

金利が下がったとしても、毎月の返済額が高くなってしまえれば、結局生活は苦しいままです。

毎月の返済額がつらいと感じている方は、最低返済額に注目して借り換え先を選ぶようにしましょう。

審査の通りやすさで比較する

確実に借り換えをしたいのであれば、金利だけでなく審査の通りやすさにも注目しましょう。

基本的にカードローンは金利が高ければ審査が甘く、金利が低ければ審査が厳しくなります。

そのため低金利のカードローンに申し込むと、審査に落ちてしまうリスクも高くなってしまうのです。

自分の信用情報の評価はどの程度のものなのか、借り換えに申し込む前に考えてから借り換え先を選ぶようにしましょう。

審査に通るかどうしても不安という方は、消費者金融の借り換え専用ローンを利用するのもおすすめです。

複数の借金で困っている人は?

本来であれば、自分の収入の範囲で生活できるのであればそれに越したことはありません。

しかし、急な出費などが重なってしまった場合、お金をかりなければならなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時に便利なのが銀行や消費者金融などのキャッシングやカードローンです。最近ではネットを経由することによって簡単にお金を借りられます。

こうして、あまりにも簡単にお金を借りられることから、ついつい借金をしすぎてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなときはおまとめローンを活用しよう!

特に、複数の業者からお金を借りている場合、うまく返済の計画を立てられないこともあるでしょう。また、計画を立てていたとしても、返済額がどんどん膨らんでしまったことによって、最終的には生活が圧迫され、返済が苦しくなってしまうこともあります。

その結果、返済が滞ってしまうと、その後の生活に大きな影響を与えることになります。

そうなってしまう前に、返済計画を立て直す必要があります。しかし、いきなり返済計画を立て直すと言っても、金融機関によっては返済プランの変更ができないこともあります。また、できたとしても複数の業者から借金をしている場合、その手間を考えただけで気が遠くなってしまう…なんて方もいらっしゃるでしょう。

そんな状況から救ってくれるのがおまとめローンです。簡単に言ってしまうと、複数の借金を一本化してしまうというサービスになります。

ですが、おまとめローンとは言ってもお金を借りることに変わりはありませんので当然、審査が必要です。
そこで、ここではおまとめローンの審査の基準について考えてみましょう。

借り換えと普通のキャッシングの違いは?

まず、審査の基準を知るために借り換えと普通のキャッシングやカードローンとの違いを考えてみましょう。
これはとても簡単です。一般的なキャッシングやカードローンは基本的に事業性資金でなければ使途は自由です。それに対しておまとめローンは目的が決まっています。借り換え、一本化に限定されています。

つまり、同じようにお金を借りることのできるサービスではありますが、まったく内容が異なっているのです。
そのため、当然審査の基準は異なっているのです。

では具体的にはどのように審査の内容は違うのでしょう?

借り換えローンの方が審査はやや甘い?

結論から言ってしまうと、同じ金額を借りる前提で考えれば、借り換えローンの方が審査の基準自体はやや低い傾向にあるようです。
理由としては、やはり前述の通り目的が限定されているためです。他のローンサービスの場合も目的が限定されているものの方が審査は甘い傾向にあります。おまとめローンも同じように目的が決まっているサービスなのです。

しかし、どんな状況であっても絶対におまとめローンの方が審査が甘いというわけではありません。
やはり、おまとめローンとなれば借り入れなければならない額が大きくなります。ですので、返済能力などの問題から、利用できないというケースもありますので注意しましょう。

おまとめローンの審査に通過しやすくするには?

では、おまとめローンの審査を通過しやすくするにはどうすれば良いのでしょう?いくつかのポイントがありますが、まず考えられるのが、利用する前にしっかりと借金の状況を把握し、できるだけ整理することが大切です。
こうすることによって、借入額を減らすことができますので、それだけ審査に有利になるでしょう。

また、金融業者の選び方も大切なポイントとなります。

金融業者の選び方でも審査の基準は変わる?

審査の基準はサービスの内容だけでなく、金融機関の種類によっても変わります。例えば、銀行と消費者金融によっても違います。

やはり銀行の場合は審査がやや厳しい傾向にあります。その分、金利が低いといったメリットがあります。
また、借り入れ可能額も大きい傾向にありますので、他者からの借金が大きい場合にも対応することができます。

最終的におまとめローンの審査の基準は?

では、総合的に考えておまとめローンの審査の基準はどうなのでしょうか?
ここでもお話ししてきました通り、極端に厳しいものではありません。しかし、もちろん少額のキャッシングのように審査が甘いわけではありません。
場合によっては審査に時間がかかってしまうことだってあるでしょう。

もちろん、業者によって審査の基準は異なっていますので口コミの情報なども参考にして、あなたにあった業者やサービスを選ぶことが重要です。

おまとめローンの審査の基準

ここではおまとめローンの審査の基準について考えてみましたがいかがだったでしょうか?もちろん、どこの業者でも明確に審査を公表しているわけではありません。
しかし、ここでご紹介しました通り、それぞれに傾向はありますので、これらを頭に入れた上で考えてみましょう。