おまとめローンと債務整理、どちらを選べばいいの?

シェアする

おまとめローンと債務整理で完済

多額の借金の支払いが追いつかずに、自転車操業になってしまいがちですが、自分の返済額や、無理なく返済できているかなどの、状況を把握することが重要になってきます。借金返済方法を見直したい場合は、どのような方法をとった方が良いのでしょうか。

複数の借り入れで陥りやすい失敗とは?

クレジットカードや、消費者金融などの借り入れが複数あった場合、借入先ごとに毎月返済の義務があります。
ですが、借り入れ先が多いということは、返済額も多くなってしまい、返済のために借入を行なってしまうと、借金の借入を借金で返すような、自転車操業状態に陥ってしまいます。
このような状況に陥ってしまうことを、多重債務があると言い、多重債務があると借金は一向に減らずに、さらなる事態を引き起こしかねません。
このような事態になってしまう前に、借金を楽に返していく方法はいくつかあります。

おまとめローンとは

借金の返済方法の1つとして「おまとめローン」という方法があります。
おまとめローンとは、複数ある借入先の金額を1つにまとめることで、返済を楽にする方法になっています。
では、なぜ1社1社だと返済が苦しくなってくるのかというと、個々に借りることで借入額も月の返済額も少額になるのですが、少額の借入だからこそ金利が高くなってしまいます。
それが複数社への返済となると、金利は高いままで返済額が減らないという事態になってしまうのです。
多重債務があることで、徐々に自転車操業へと陥りやすくなってしまいます。
ですが、おまとめローンでは、個々の債務を1本化することで、借入額は大きくなってしまいますが、まとめられたことにより、金利を低くすることができます。

おまとめローンのデメリット

債務を1本化することで返済しやすくなるのがおまとめローンですが、金利が安い所に新たに借入した場合に、気をつけなければならないことがあります。
よくあるのは、返済期間が延びたことにより利息の合計金額が増えてしまったことです。
おまとめローンは、毎月の返済額が減ることで、金利が下がり、債務の負担が少なくなることですが、おまとめローンの返済期間が延長されたために、毎月の返済額が減ったのでは返済が楽になったとは言えません。
返済総額が以前より減るように確認しましょう。

債務整理とは

債務整理とは、簡単にいえば借金の整理を行うことです。
借金の借り入れに掛かる金利が負担になり、この重い金利の支払いから解放されたい場合に、債務整理の手続きを行います。
借金問題は非常に根深くあり、債務が増えることによって自ら命を絶ってしまう方もいる程、追い込まれてしまう場合もあります。
このような状況になる前に債務整理を行い、きちんと支払うことで債務を減らすことができます。

任意整理と特定調停

債務整理にはいくつかの方法があり、現在の状況によって選び方が異なってきます。

任意整理

任意整理は、裁判所を通さずに債務を減額してもらう方法で、比較的債務が少ない場合に取られる方法です。
自己破産とは違い、新たな借り入れが5~10年間できなくなり、返済方法を継続できる程の収入があるなどの、一定の条件を満たしていることで、住宅を手放すこともなく、保証人になっていない限り、家族に迷惑がかかることもありません。

特別調停

特定調停は、裁判所を利用した任意整理の方法で、支払能力はあるがこのままでは返済不可能になってしまうという場合に手続きを行います
話し合いによる特例の調停となっていて、話合いで解決しなければこの方法を取ることはできません。
これは、他の債務手続きよりも早く解決できて、専門知識がなくても取れる方法ですが、特定調停を行うことで、ブラックリストに載ってしまい、調停後に支払いが出来なくなった場合は給与等の差し押さえをされる場合もあります。

個人再生と自己破産

個人再生

個人再生は、住宅ローンなどを除いた債務の総額が5000万円以下場合、将来一定の収入を得ることを見込まれるときできる手続きになっています。
この場合、返済額を減額して3年間で返済するという個人計画案を立てて、きちんと計画通りに返済できた場合、残りの返済義務が免除されます。
家を手放すこともないので、債務整理として比較的利用されやすい方法になっていますが、ブラックリストに載ってしまうので、5~10年間は新たな借り入れは出来なくなります。

自己破産

自己破産は、債務整理や、民事再生などを行ってもまだ返すことができない程の借金を抱えている場合に取られる手続きで、これを行うことで多重債務からの苦しさから逃れることができます。
ですが自己破産することで全財産を手放すこととなり、約10年間は新規の借り入れが出来なくなり、3か月から半年程度一部の職業に就けなくなります

今の状況で判断しよう

債務を減らす方法はいくつかあり、現在の借入総額や、支払能力によっても変わってきます。
現在、多くの債務があることで困っている、複数社の債務の合計を確認するといったことから現状を見直してみましょう。
これによってさまざまな手続きを行って、自分に合った返済計画を立て直すことで、債務を把握できます。

まとめ

どの方法にも特徴があり、現在の債務状況によって、取る手続きが変わってきます。
分からないことがあれば、無料の司法書士相談を行っているところなどを利用してみましょう。