おまとめローンと債務整理ってどう違う?

シェアする

札束と電卓の写真

複数の借金で困っているという方も多いでしょう。それぞれの借入額、毎月の返済額は無理のないものであっても、それがいくつか重なってしまうと、生活を圧迫するようになってしまうでしょう。
借りる時は十分に返済できると思っていても、いざ返済をはじめると、想像以上に苦しくなってしまうなんてケースも少なくありません。

借金が返せなくなる人が増えている?

現在ではカードローンであれば、限度額内であれば何度でもお金を借りられますし、銀行、消費者金融を問わず、ネットを通じて簡単に借金が可能となりました。
こういったサービスは非常に便利である一方で「お金を借りている」「借金をしている」という感覚がどんどん薄れてしまいます
その結果、お金はいくらでもある、と錯覚してしまうという方も少なくないようです。そうなれば、どんどん借金を重ねてしまい、いつの間にか自分の借金がどのくらいあるのかさえ把握できなくなってしまうことでしょう。

そして、最終的に毎月の返済さえ難しくなってしまうのです。

こういった状況から抜け出すための方法として、多くの方が思い浮かべるのはおまとめローンと債務整理でしょう。

では、この二つの違いをしっかりと把握できていますか?債務整理も借金がなくなってしまうわけではありませんので、同じようなものと考えている方も多いかもしれません。
しかし、まったく異なっています。もちろん、それぞれにメリット・デメリットがありますのでしっかりと考えるようにしましょう。

おまとめローンって何?メリットは?

まずはさまざまな金融機関で提供されているおまとめローンサービスについて考えてみましょう。これは、その名の通り、複数の借金を一本化するためのサービスとなっています。
簡単に言ってしまえば、一つの金融業者からまとめてお金を借りることによって、複数の借金を一旦精算してしまうというものなのです。

こうして借金を一本化することによる最大のメリットは、改めて返済計画を立て直すことができるという点でしょう。
借金の額が減るわけではありませんが、毎月無理のない額での返済計画を立てられますので、生活が圧迫されてしまうこともないでしょう。こうして、無理なく完済までの道筋を立てることができるのでしょう。

また、上手におまとめローンサービスを選ぶことができれば、利息を節約することもできます。より金利の低いおまとめローンサービスを見つけることができれば、金利が下がることになりますので、それだけ最終的に支払う利息を減らせるのです。これも大きなメリットとして無視できないものでしょう。

おまとめローンにデメリットはあるの?

逆にデメリットだってないわけではありません。まず、誰でも必ずおまとめローンを利用できるわけではない、という点です。
いくら目的が限定されているとは言っても、利用するためには当然審査が必要です。これを通過しなければ利用できないのです。

例えば、あまりにも重なってしまった返済が難しくなり、遅延を繰り返していると審査に不利になってしまうのは言うまでもありません。
ただでさえおまとめローンは借入額が大きくなってしまいますので、審査は決して甘いとは言えません。
なので、絶対に誰でも利用できるわけではないのです。

債務整理にメリットはある?

債務整理と聞くと、ネガティブなイメージを抱いてしまう方も多いでしょう。しかし、メリットはあります。
まず、おまとめローンや自己破産にはかなり厳しい条件があります。それに対して債務整理の場合、条件が比較的緩いことから誰でも手続きを進めることができるのです。

また、それぞれのケースによって異なりますが、利息分の減額などによって最終的な支払額を減らせる可能性があるのです。
これも債務整理とおまとめローンの大きな違いと言えるでしょう。

債務整理のデメリットは?

それに対してデメリットも少なくありません。最大の問題となるのが、債務整理は信用情報に一定期間にわたって記載されるという点です。
そうなれば、それ以降はキャッシングやショッピングクレジットなどが利用できなくなってしまう可能性が高いのです。
今日では、クレジットカードなどは生活に欠かせないものとなりました。これさえも利用できなくなってしまう可能性があるのです。
さらに、携帯電話の契約や、アパートなどの賃貸契約にも影響を及ぼすことだってあります。この点も頭に入れておくべきでしょう。

債務整理は最後の手段

それぞれのメリット、デメリットをしっかりと頭に入れた上で考えてみると、やはり債務整理のデメリットはかなり大きなものです。そのため、債務整理は最後の手段と言えるでしょう。

まずはおまとめローンを考えて

借金で悩んでいる方は、まずはおまとめローンを考えるようにすべきでしょう。借金の一本化によって、無理なく完済できればそれがベストです。
そこで、いくつかのサービスを比較して、検討してみましょう。