借金返済を一本化!おまとめローンに申し込むには?

ネットでおまとめローンに申し込む女性

多くの会社から少額ずつ借入をすることで、金利は高くなっていき、さらに時間をかけて返済することで、なかなか負債が減らなくて大変です。そうならないために複数社ある返済先を1つにまとめることで、返済金額が少なくなり、返済しやすくなります。そのおまとめローンはどのように申し込むのでしょうか。

おまとめローンにするメリットは?

おまとめローンとは、複数の金融業者から借り入れている負債を1本化することで、月々の負担額を減らしていけます。
低金利のおまとめローンを選ぶことによっても、月々の負担額は減っていきます。
さらに、複数社の返済日がバラバラだった場合は、常に返済日が来るたびに1つ1つを返済していく手間もかかりますが、まとめることで毎月の返済のみになるので便利です。
さらに借り入れている会社によっては、さらなる融資を受けることもできて、その場合は借入金額が多くなり、さらなる金利の引き下げになる場合もあります。

どれくらいからおまとめローンの対象になる?

そもそもおまとめローンにするにはどのくらいの金額からした方が良いのかというと、個人の収入によりますが、基本的な会社員であれば、おおよそ100万円くらいからおまとめローンを検討した方が良いでしょう。
もっと高額になってからと考える人も居ると思いますが、100万円くらいが妥当な金額になっています。
あまりに高額になりすぎると、おまとめローンにできなくなり、さらに返済できなくなってしまったら、債務整理を行わないといけなくなることもあります。
そうなる前におまとめローンに切り替えた方が良いと言えるでしょう。

おまとめローンには出来る人と出来ない人がいる

おまとめローンにすることで手間も減り、金利も下がって便利ですが、すべての方が申込みをできる訳ではありません。
おまとめローンも金融商品となっているので、必ず審査があります。
審査に通らなければ利用したくても利用することはできません。
審査に通るにはいくつかの基準がありますが、まず貸付限度額内に借入金額が収まってくるかです。
借入金額が貸付金額を上回ってしまえば、おまとめローン審査に引っかかってしまうことがあります。
さらに銀行系や信販系のおまとめローンになると、総量規制によって年収の3分の1を超えた借入をすることができません。
他にも借入件数が多いと審査に影響があり、年収や勤続年数、持家か借家かといった場合でも審査に引っかかってしまうことがあるので注意しましょう。

おまとめローンに必要なものは

おまとめローンの申込みに必要なものは、本人確認書類として運転免許証や、各種保険証、パスポートといった物が必要になってきます。
さらに収入証明書類として、源泉徴収票や住民税決定通知書や、確定申告書や、給与明細書のいずれかが必要になってきます。
直近2ヶ月分が必要となり、これは借入総額が多くなった場合に必要となってきます。

インターネットで申し込む場合は

最初に電話か、インターネットからの申し込みが必要となってきます。
ここで仮審査があり、いくつかの質問に答えるだけで申し込めるようになっています。
ここで通過すると郵送で書類が送付されてきて、記入したり、必要書類を揃えたりすることで、利用可能になっています。
ですが、ここでは手軽に申し込むことができても、銀行系では審査が完了するまでに数日かかる場合があり、いくらインターネットだからといっても時間が必要になってきます。
すぐに借りたい場合は、やはり消費者金融が手軽で早さもあると言えるでしょう。

おまとめローンは複数社申込みしよう

消費者金融での通常の借入は、総量規制の対象となり年収の3分の1以上の借入は出来なかったり、銀行では審査の厳しさからなかなか借りることができなかったりしますが、問題がなければ手軽に借りられるところからの借り入れをお勧めします。
借入金額の総額が多かったり、金利を低く抑えて、返済金額を出来るだけ少なくしたい場合は銀行系だったり、
借入金額の総額は少ないが、少しでも早くおまとめしたいのであれば、消費者金融からの借り入れが良いでしょう。
審査方法も異なっていて、同じ信販系でもここは通って、ここは通らなかったという場合もあります。
なので、ここだけの申込みにしておくといった方法ではなく、借りたい系列の何社かに同じように申し込んでおくと万が一の時でも安心することができます。

まとめ

1本化で金利を引き下げて、借入金額も下がってきますが、それぞれの会社によって特徴があったり、審査基準が厳しかったりします。
自分の状態を把握して、借入できる所を選びましょう。