知っておこう!おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンのメリット・デメリットで悩む女性

複数の消費者金融などからキャッシングローンを借りていると、返済が厳しくなり借金として重なる場合は少なくありません
そんなとき、借金を一本化して毎月の返済額を少なくするおまとめローンがおすすめです。
では、今回はおまとめローンのメリットとデメリットについてご紹介します。

おまとめローンのメリット

まず、おまとめローンでは借金を一本化する事が出来ます。
銀行や消費者金融でおまとめローンを申し込むと、複数のローンの返済総額分の融資を受ける事ができるので、借金を一気に完済し、残りはおまとめローンで借りた分の返済だけで済むのです。
では、借金を一本化する事でのメリットを挙げていきます。

金利と利息が大幅カット

キャッシングやカードローンは、限度額に応じて金利が変動します。
少ない限度額では金利も大きくなり、限度額が増えると金利は下がります。
複数の業者から借りている状態は、少ない限度額での借金がたくさんある状態のため、非常にもったいない状況といえます。
おまとめローンで債務を一本化することで、限度額が小さい複数の借金から、限度額が大きい一つの借金にまとめ、金利を大幅に下げられるのです。

変動金利システムの理由

カードローンの多くが限度額に応じて金利が変動する、変動金利システムを採用しています。
小さい限度額では一つの融資が少額になるため、業者からすると、少なすぎる金利では利益を上げることは出来ません。
大きい限度額では逆に、金利を上げてしまうと、すぐに返済不能になってしまいます。
そのため、変動金利システムを採用して、バランスのいい金利を設定しているのです。

金利と月々の返済額を抑える事が出来る

おまとめローンの最大の魅力は、毎月の返済額を減らす事で返済の負担を軽くするところにあると言えます。
また、おまとめローンでは通常のローンより金利が低く設定されているので、返済額も以前より減り、今までのように生活が出来るレベルへと戻す事も可能になるでしょう。

返済日を統一化事が可能

複数からローンを借りていると返済にばらつきがあります。
なので、家計が苦しい時は返済が難しい場合や、うっかり返済日を忘れてしまう事も少なくないでしょう。
しかし、おまとめローンで返済日を1日にすれば、管理もしやすくなりますし、返済忘れを起こす確率も少なくなります。

完済期間と返済総額を抑えられる

おまとめローンでは、借り入れの状況によっては返済総額を少なくする事が出来ます。
それは、消費者金融でのローンでは金利が高く利子も多くなるので、おまとめローンで金利を低くし、返済期間も調節する事で返済額を少なくする事が出来るのです。
なので、最終的には複数のローンを払い続ける事より、おまとめローンでの返済の方がお得になると言えるでしょう。
現在支払っている金額だけではなく、完済するにはどれだけ払う事になるのかを確認し、おまとめローンと照らし合わせてみる事も大切です。

おまとめローンのデメリットとは?

おまとめローンの広告では、借金を一本化し負担を減らすという内容が強調されていすが、メリットばかりではなくデメリットも存在します。
そのデメリットを知っておく事で、おまとめローンを申し込む時の注意点となるのでぜひ参考にしてください。

審査が通りにくい

おまとめローンにも通常のローンと同じように、申し込んだ後に審査があります。
高額の融資をしてもらうために、審査はさらに厳しいと考えられるでしょう。
そして、多くの金融機関が審査基準として借入件数が5件未満と設定しています。
ですから、借入件数が多い場合や、年収や勤務先が安定しない、遅延や滞納があった場合は審査の通る事が厳しい傾向があると言えるでしょう。
特に、銀行は消費者金融よりも金利が低いために、さらに審査基準が高くなり、細かくチェックされる事も少なくないので、申し込みの時は注意が必要です。
また、自己破産などの金融事故を起こしている場合は審査にも影響を与える事は少なくないので、こちらも注意が必要になります。

返済総額が増える事もある

おまとめローンの目的が毎月の返済負担を減らす事にあります。
なので、申し込む時に毎月の返済額を低く設定する人も多いのです。
ですが、毎月の返済額を少なく設定するという事は、逆に返済期間を長くすると言えます。
返済期間が長くなれば、当然利子も多くなるでしょう。
この事により、以前より返済総額が高くなってしまう場合もあるのです。
ですから、返済額を設定する時は無理のない範囲で少し高めに設定して返済期間を減らすようにする事や、余裕がある時には繰り上げ返済を利用する事で返済期間と返済総額を減らす事が出来ると言えるでしょう。

多重債務になる危険性

借金が一本化され返済額が減る事で借金が少なくなると錯覚を起こす人は少なくありません。
また、おまとめローンで完済した金融機関から、融資額の増枠や再度融資を受ける事が出来る勧誘が届く事もあります。
そういった誘惑に乗せられ、再びローンに手を出してしまうと同じ事を繰り返してしまうケースもありますので、その点のリスクがある事も知っておきましょう。
なるべく完済した金融機関とはすぐに解約する事がおすすめです。

返済が延滞してしまうと大変なことに…

おまとめローンで返済が楽になったとしても、借入額に変わりはありません。

万が一返済が滞ってしまうと金融事故などにつながってしまうので注意しましょう

カードローンでは2カ月以上返済を延滞してしまうと、金融事故として事故情報が信用情報に登録されてしまいます。

いわゆるブラック状態です。

こうしてブラック入りしてしまうと、金融機関の審査には通らなくなってしまいます。カードローンだけでなくクレジットカードも使えなくなってしまうので注意しましょう。

また携帯電話の契約などにも困ってしまうことになるでしょう。ブラックになると機種代の分割支払いの審査にも通らなくなってしまうからです。

おまとめローン以外の選択肢はない?

このように、おまとめローンにもデメリットはあります。
では、借金の返済を楽にするために他の方法はないのでしょうか?

最初に考えられるのが、現在借り入れをしている金融業社などに連絡をし、返済プラン変更するというものです。
業社やサービスの内容によっては、返済プランの変更が可能なケースもあります。もちろん、そのためには別で審査が必要なケースもありますが、返済プランの変更ができる可能性は十分にあります。
まずは、おまとめローンの申し込みをする前に、返済プランの変更ができないのかを考えてみましょう。
もちろん、複数の借り入れがある場合はかなり手間がかかってしまうかもしれません。しかし、それだけで毎月の返済がかなり楽になると考えれば大した手間とも思えないでしょう。

おまとめローンの申し込み方法

おまとめローンは銀行や消費者金融に申し込む必要があります。
通常、多重債務者であれば、総量規制に問題から、なかなか融資を受けられませんが、おまとめローンは例外なので、借金が膨らんでいる方でもご利用いただけます。

総量規制が心配な方は銀行がおすすめ!

総量規制の影響で、通常のカードローンでは、年収の3分の1以上お金を借りることはできません
しかし、銀行は総量規制の対象とはならないので安心です。
そもそも、総量規制は消費者金融などの貸金業者を対象にしたルールで、貸金業者ではない銀行は関係ないのです。
多重債務者の中には、利息が膨らんでしまい、すでに債務の合計が年収の3分の1を超えている方も多くいます。
銀行であれば年収の3分の1を超えても簡単にお金を借りることが出来るため、消費者金融の審査に一度断られたという方でも安心です。

消費者金融でもおまとめローンは可能!

消費者金融は総量規制があるため、おまとめローンが出来ないというのは通例でしたが、貸金業法で定められた総量規制には、債務者が一方的に有利になる場合に限り特例として、年収の3分の1を超えた額の融資を認めています。
消費者金融でおまとめをしても、金利は安くならないのではと思われがちですが、貸金業法にも記されているように、債務者が一方的に有利となる場合のみ、おまとめローンは認められるため、確実に今よりも安い金利で債務を一本化出来ます。

まとめ

このように、借金の一本化によって負担を減らす大きなメリットもありながら、審査基準が厳しい事や、申し込む際の設定によっては返済総額も増してしまう可能性もあります。
そして、何より気を付けたい事は、負担が減ったからといって、完済した金融機関から再び融資を受ける事です。
同じ事を繰り返し再びおまとめローンを別のところで申し込んだ場合、全て一括で支払うようにと言われてしまうケースもあるそうです。
ですから、お金を借りる時や、おまとめローンを利用する際はしっかり計画性を持つ事が重要になります。
しかし、おまとめローンは借金に苦労する多重債務者にはおすすめのローンなので、メリットとデメリットを考えつつも、ぜひご利用してみてはいかがでしょうか。