カードローン借り換えのデメリットとは?

シェアする

借り換えで返済する男性

金利の高いカードローンで契約をし、ずっと支払いを続けている・・・これでは、支払いの負担が大きくなるばかりでいつになっても完済させることができません。
そんなときに今申し込みをしているカードローン会社よりも安い金利で提供しているところへ借り換えをすることで、利息が低くなるので返済を楽にすることができます。
毎月の返済が楽になれば、生活に余裕が出てくるメリットがあります。
さらに、複数のカードローン会社から借り入れをしている場合、一本化することにより、返済への手間を省くことができます。
借り換えをすることでたくさんのメリットが生じてきますが、メリットばかりではなくメリットもあります。
借り換えで発生するデメリットについて紹介をします。

総量規制対象外の可能性も

消費者金融で複数の借り入れをしていて、一本化をする場合総量規制が関係してきます。
これによって、年収の1/3以上の借り入れをすることができなくなるので、もしこの金額を超えた場合追加で借り入れができません。
もう二度と借り入れをしないで、返済一本でいくという場合は良いですが心配な場合は一本化をしない方がいいでしょう。

銀行カードローンが総量規制対象外

総量規制は、賃金業法で定められている法律です。
ですので、銀行カードローンでは適用外となります。
なぜなら、金融法で守られているので全く法律が違っているからです。
銀行カードローンの場合、1/3以上でもリボ払いを選択していれば限度額の範囲内なら何度でも借り入れをすることができます。

審査に通らない可能性もある

銀行カードローンで一本化した場合、次も借り入れすることができます。
しかし、一本化したあとすぐに借り入れすることは可能ですが、審査に通過できるかどうかは微妙なところです。
一本化してから、日にちが経過していない場合は返済が二重になってしまうので、返済が困難になるのでは?と思われてしまうので、審査が通りにくくなります。

一本化しても返済しなければ意味がない

金利の低いカードローン会社へ借り換えをしたとしても、返済が遅くなったり、滞納をしたりしてしまったら意味がありません。
カードローンは、急にお金が必要になったときいつでも、どこでも利用することができる利便性の高いものですので、ついつい1万円だけ、3万円だけなど少ない金額を借り入してしまいます。
どんなに金利を安くしても、これでは同じことの繰り返しとなってしまいますので、返済困難な状態にならないようにするためにも、返すことを優先的に考えた返済計画を立てましょう。

業者選びは慎重に

借り換えをするときに重要視しなければいけないことは、金利が低いということです。
もし、なにも考えずに知名度だけで借り換えをしてしまった場合、今以上に返済金額が高くなってしまう可能性があります。
「この会社知っている」という安心感で、つい借り換えをしてしまい、大失敗をしてしまうケースもありますので、借り換えをする業者選びはしっかり金利を比較して選ぶようにしましょう。

消費者金融と銀行では全く違う

消費者金融は比較的審査が緩く、借り入れやすい特徴があります。
そのため、返済のために借り入れをしてしまい返済が困難になる人も少なくはありません。
一方、銀行カードローンは金利こそ低いですが審査が厳しいといわれています。
借り換えをする場合、審査は厳しいですがある程度準備を整えて銀行系のカードローンへの借り換えをおすすめします。
ただ、条件がそろわないと審査を受けても落ちてしまいますので、結果的に同じことを繰り返すことになります。
返済が楽になるといったメリットを得るつもりが、デメリットを背負うことになりかねませんので、注意しましょう。

まとめ

複数の業者で借り入れをしている場合、今の金利よりも低い業者へ借り換えをすることで返済への負担を軽減することができるので、メリットになります。
ただ、総量規制との関係を事前に知っておかないと、せっかくの借り換えがデメリットだらけになってしまうので、唐突に借り換えをするのではなく計画性をきちんと持つことが大切になります。
そして、借り換えをしたあと今の返済額と借り換え後の返済額でどのくらい金額が違ってくるのかをチェックすることも重要になります。
カードローンを利用する人の多くは、急な場合が大半ですがこうした急なときでもきちんと対応できるように勉強しておくことも必要です。
デメリットなカードローンの借り換えは絶対に避けましょう。