学生の借金はおまとめローンで一本化できる?

ヘッドフォンをした若者の画像

学生生活を送るにも、何かとお金がかかってしまうものです。学費はもちろんのこと、一人暮らしをする場合は、家賃や生活費もかかります。
もちろん、奨学金を借りるという手段もありますが、それだけでは不十分で苦しい生活を送っているという方も多いようです。

特に、就職活動の時期になると各地の説明会や入社試験を受けるためにますますお金が必要となります。将来のことを考えると、これを大きく節約することはできないでしょう。

学生は収入が少ないから返済が厳しい

そこで、ここでお金を借りるという方も少なくないでしょう。最近では学生でも利用できるキャッシングやカードローンも少なくありません。それも、ネットだけで簡単に利用できるものも少なくありませんので、つい借りすぎてしまったという方もいらっしゃるようです。

基本的に、学生ローンの場合はそれほど大きな額の借り入れはできません。しかし、それがいつか重なってしまうと、毎月の返済額が大きくなり、学生生活や就職活動が圧迫されてしまうことになるかもしれません。

そこで、こういった学生のローンをおまとめローンで一本化することはできるのでしょうか?

学生を対象としたおまとめローンはある?

一般的なカードローンやキャッシングサービスであれば、学生を対象としたサービスも少なくありません。
ではおまとめローンの場合はどうなのでしょうか?
残念ながら、学生をメインターゲットとしたおまとめローンサービスを展開している金融機関はほとんど見当たりません

では、一般のおまとめローンサービスを学生が利用することは可能なのでしょうか?その点をチェックしてみましょう。

学生でも利用できるおまとめローンサービスはある?

一般的な銀行や消費者金融のおまとめローンの場合、やはり額が大きくなってしまいますので、学生の申し込みができないというケースが多いようです。
しかし、その一方でアルバイトであっても、継続した収入があれば利用可能となっているところも少なくありません。特に、おまとめローン専門の業社の中には限度額などに条件がついてしまうところがほとんどではありますが、学生やフリーター、主婦でも申し込みができるところも少なくないのです。

もちろん、審査はありますので確実に利用できるというわけではありません。しかし、十分に利用できる可能性はあると言えます。

おまとめローン利用の条件を満たすために

学生ローンであっても、アルバイトなどによる本人の収入がなければ利用できないケースがほとんどです。
もちろん、おまとめローンだって例外ではありません。そこで、さまざまなローンの利用を検討している方は、自身での収入をある程度確保できるようにする必要があります。

こうすることによって、サービスの選択肢は多くなりますし、審査に通過できる可能性も高くなるでしょう。
また、申し込みの際に、これらの収入をしっかりと申告することも重要です。

学生時代のローンを社会人になって一本化はできる?

借入額が大きい場合、どうしても学生のままでは一本化することが難しいというケースも少なくありません。
その場合は、社会に出ると同時に一般のおまとめローンを利用するという手段も考えてみましょう。
社会人になれば、おまとめローンの選択肢も一気に広がります。そのため、あらゆる面でより有利なおまとめローンを選ぶことができることでしょう。

より金利が低いサービスを選ぶことができれば、最終的な利息の額を減らすこともできますので、社会に出るまであと少し…という方はこの選択肢も頭に入れておくと良いでしょう。

ただ、社会人になったばかりの段階では、審査で不利になってしまうこともあります。審査の基準として、勤務年数などが考慮されることもあります。この点も考えた上で、どんなおまとめローンを選ぶのかを決めましょう。

一般的な学生ローンサービスをおまとめローンとして使える?

借入額がそれほど大きくない場合は、一般的な学生ローンを使って一本化できることもあります。使途が自由となっているものであれば、おまとめローンとして利用できるケースもあります。最近では、学生向けクレジットカードのキャッシング枠がかなり大きいものも少なくありません。これを利用して、借金を一本化するという方も少なくありません。
ただ、こういったキャッシングサービスは基本的に使途自由となっていますが、他者の借金返済には使用できない、となっているケースもありますので、事前にチェックしておきましょう
もし、規約違反が判明してしまうと、強制解約になってしまうばかりか、借入額を全額一括返済しなければならなくなることもありますので注意しましょう。

学生のおまとめローンのハードルはやや高い!

このように、学生でもおまとめローンを利用できないわけではありません。ですが、やはり一般的な社会人と違って、ややハードルは高くなってしまいますので、この点はしっかりと頭に入れておく必要があるでしょう。