お金を借りる方法特集!おすすめの理由(言い訳)もご紹介

お金に困っている女性

お金を借りる方法で悩んでいる方はいませんか?

お金を借りるとなると、消費者金融や銀行がぱっと浮かぶ方が多いとは思いますが、その他にもお金を借りる方法はたくさんあります。

そこでこの記事では、お金を借りる方法を多岐に渡って紹介。また知人にお金を借りる際におすすめの理由も紹介していきます。

お金を借りたいけれど、方法が分からないという方はぜひ参考にしてください。

消費者金融からお金を借りる

手っ取り早くお金を借りるのであれば、消費者金融がおすすめです。

消費者金融であればネット申し込みから、最短30分の審査で即日融資を受けることができるからです。

また継続的に収入があれば、アルバイトやフリーター、学生の方でも利用できるので便利です。

しかし消費金融は金利が高く、10万円借りた場合には毎月1479円の利息が発生していくことになります。借りた金額が大きくなれば発生する利息も高くなっていくので、借りすぎには注意しなくてはいけません。

消費者金融の融資の流れ

大手消費者金融であれば、ネット・自動契約機・電話・郵送・店頭から申し込みが可能です。

ネット申し込みからすぐに審査が始まり、急いで書類提出などの契約手続きを終わらせれば、1時間足らずで融資を受けることができます。

中には在籍確認などの電話確認をせずに融資を行う業者もあります。そのため手軽にお金を借りるのであれば、消費者金融が一番おすすめなのです。

銀行カードローンからお金を借りる

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利なので、利息を安く抑えたい方におすすめです。

最近では消費者金融並みに審査スピードが早ところも増えており、急いでお金を借りたい方のニーズにも応えられるようになっています。

ただし金利が低いぶん、消費者金融よりかは審査が基準は厳しくなっています。アルバイトやパートでも審査に通ることはできますが、信用情報に少しでも問題があれば審査に通るのは難しいでしょう。

融資までの流れは消費者金融とほぼ同じ

融資までの流れは消費者金融とほとんど変わりはありません。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行では、自社の自動契約機も全国に設置しているので、即日カード発行も可能です。

最近のサラリーマンでは、お金を借りる際に消費者金融よりも銀行カードローンを利用する方が多いようです。

クレジットカードでお金を借りる

消費者金融や銀行カードローン以外にも、クレジットカードを利用してお金を借りることができます。

キャッシング枠のついているクレジットカードであれば、ATMから簡単に借り入れができます。

しかしキャッシング枠を開設していなければ、改めて審査を受けなければなりません。キャッシング枠の審査には時間がかかってしまうので、もしもの時に備えて申し込み時にキャッシング枠も開設しておくことをおすすめします。

キャッシング枠のメリット・デメリット

クレジットカードのキャッシング枠を活用すれば、改めて消費者金融や銀行カードローンに申し込まなくていいので手軽です。

しかし個人向け融資を専門に扱う商品ではないので、限度額が低く金利が高い傾向にあります。

本格的にお金を借りるとなれば、消費者金融や銀行カードローンを利用した方が断然お得です。

家族・友人からお金を借りる

金融機関からお金を借りることに抵抗のある方は、家族や友人からお金を借りることを検討しましょう。

しかし家族や友人でもお金のトラブルがあれば、関係性に大きくヒビが入ることもあるので、それなりの覚悟が必要です。

どうしてもお金を借りるしかないという時は、絶対に返済の延滞をしないように注意しましょう。

契約書を書いておくことをおすすめ

家族や友人からお金を借りる際には、口約束ではなく契約書を用意することをおすすめします。

契約書があれば相手も安心してお金を貸すことができますし、返済後にトラブルが起きることもありません。

契約書を用意するなんて大袈裟だと思う方もいるかもしれませんが、お金のやり取りをするのであれば、それぐらい神経質になった方がいいでしょう。

友人からお金を借りる方法はこちらの記事でも詳しく解説しています。
友人からの借金とカードローンを比較

勤めている会社からお金を借りる

金融機関や家族・友人からお金を借りることもできないという方は、勤務先でお金を借りることができないか訊いてみるといいでしょう。

従業員貸付制度を導入している会社であれば、銀行から借りるよりもずっと低金利で融資を受けることができます。

また毎月の給与から自動返済も可能なので、返済を延滞する心配もありません。

しかしお金を借りる理由によっては、将来的な出世にも影響する可能性があるのでご注意ください。

その他お金を借りる方法を知りたい方は?

ここまで紹介した方法以外でお金を借りたいという方は、国や行政の支援を受けるしかありません。

当サイトでは様々なお金を借りる方法を紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

お金を借りる方法で比較

お金を借りるときに多い理由とは?

ここからはお金を借りるときに使われることが多い理由を紹介していきます。

金融機関からお金を借りる際にも、家族や友人からお金を借りる際にも必ず理由は訊かれます。

ちゃんと答えられなければ断られる場合もあるので、本当の理由を言いたくない方はぜひ参考にしてみてください。

冠婚葬祭ラッシュで金欠に!

お金を借りるときによく出てくるのは冠婚葬祭です。結婚式であれば3万円、葬式であっても1万円近く飛んでいくので、立て続けに起こると金欠になってしまう方が多いようです。

お金を貸す側も冠婚葬祭が理由となれば断りにくいので、理由として使われやすいのでしょう。

しかし何度も冠婚葬祭を理由にお金を借りていると怪しまれてしまうので注意しましょう。

急病で生活が…

アルバイトやパートで働く方は、急病になれば収入が激減してしまうので生活も苦しくなってしまいます。

また急病であれば同情も集めやすいので、お金を借りるのも比較的簡単です。

しかし健康な方は病気の嘘はばれやすいので、言い訳として使うのは難しいでしょう。

将来への投資のためにお金が必要

資格取得や専門学校への入学など、将来への投資のためにお金を借りる方も最近では増えてきています。

就活を控える大学生でも、資格を取得するためにキャッシングを利用する学生が増えているようです。

しっかりと返済するまでのプランも説明すれば、比較的簡単にお金を借りることができるでしょう。

友人付き合いでお金が足りない…

急な飲み会や旅行など、友人付きあいのためにお金を借りる人も多いです。

しかし友人との付き合いのために、別の友人からお金を借りるというのは、印象がかなり悪いのでやめておきましょう。

またお金がないときは本当に参加したい集まり出ない限り、参加せずに節約に努めた方が賢明です。

交通事故で示談金が…

交通事故の示談金といえば、多額の融資を受けられる可能性があります。

しかし友人に対して事故を起こしたと嘘をつくのは大変そうです。また金額が高くなれば詐欺罪など罪に触れる可能性もあるので、滅多に嘘をつくものではありません。

また実際に交通事故を起こして示談金が求められたとしても、まずは弁護士に相談しましょう。くれぐれも当事者同士でお金のやり取りをしないように気をつけてください。

まとめ

お金を借りる際には、消費者金融や銀行などの金融機関を活用した方が、トラブルがなくて安心です。

また家族や友人から融資を受けようと考えている方は、きちんと理由を説明してお金を借りるようにしましょう。その際にはこの記事を参考にして、お金を借りられそうな正当な理由を考えておきましょう。