財産を担保にしてお金を借りる方法

シェアする

財産を計算するおばあさん

どういった金融機関、賃金業者を利用するにせよ、財産を担保にすると一気にお金を借りやすくなります。お金を貸す側にとっては、より価値のある担保を持っている債務者への貸付の方が低リスクとなるものです。したがって財産の価値に応じて融資額や金利、貸付期間なども好条件になってくるでしょう。

一方、無担保だと受けられる融資のサービスも限られてしまいます。まとまった額の融資を好条件で期待するなら、担保にできる財産を把握しておきたいところです。ここでは、担保にすることができる財産として土地、家といった物的担保と、保証人に代表される人的担保をとりあげ、具体的な内容、また財産を担保にしてお金を借りる際の注意点について検証していきます。

お金を借りる方法は同カテゴリーの記事内で紹介しています。
お金を借りる方法で比較

人的担保でお金を借りる

債務者が築いた人間関係は、広義の意味での財産と言えるでしょう。債務者にとっては財産である旧知の人物を、借入の担保とすることがあります。これがいわゆる「保証人」として知られている制度です。債務者による返済が難しくなった際は、人的担保となった人間が返済を肩代わりすることになります。

人的担保の役割

保証人を人的担保として債権者に提供する場合、保証人には債務者と同じように返済の義務を覚悟してもらうことになります。もちろん債務者による返済が問題なく履行されれば、この限りではありません。しかし、保証人になった以上、もし債務者による返済が滞れば、債権者の督促は容赦なく保証人に降りかかってきます。

「借金の保証人にだけはなるな」とは昔からよく聞く話です。保証人になる人からすれば、債務者はよほど信頼できる人物なはずです。しかし、残念なことに保証人に返済の義務が移ってしまうケースは後を絶ちません。そのため友人だけはなく、親兄弟でさえも借金の保証人にだけはならない、と豪語する人も珍しくはないのです。それだけに、債務者にとって人的担保として保証人を用意することは非常に難しいと言えるでしょう。

保証人・連帯保証人の相違点

保証人と連帯保証人はよく同一のものとして混同されますが、実際には明確な違いがあります。簡単に説明すると、保証人が債務を肩代わりする義務は債務者に返済能力がないときにのみ発生する一方、連帯保証人に対する返済義務は債務者に返済能力があっても発生することがあるのです。「連帯保証人が負う義務は債務者と同じ」と考えることができます。

物的担保でお金を借りる

人的担保に対し、所有している物的財産を担保として提供することがあります。このときの担保が物的担保と呼ばれるものです。住宅や土地などの不動産が物的担保の代表的な例として挙げられます。こちらでは物的担保として住宅、土地を想定し、詳しい内容をご説明します。

物的担保の役割

物的担保をもとにお金を借りる場合、融資の限度額は物的担保の評価額によって変わってきます。賃金業者による細かな違いはありますが、一般的には評価額の7~10割程度を限度額とするのが通常です。また、住宅に対して価値が安定している土地のほうが物的担保としての信頼が高く、好条件でお金を借りることができると言われています。

債務者による返済が滞れば、物的担保の所有権は債権者に移ってしまいます。最悪の場合は不動産を競売にかけられ、土地、家を失うことになるでしょう。このような不動産の差し押さえは、高額の融資が受けられるからこそ注意が必要です。

住宅ローンも物的担保の一種

マイホームを手に入れる際、多くの人が利用するであろう住宅ローン。こちらも広義で言えば物的担保の一種です。すでに財産として所持している土地の上に家を建てる際、その土地を担保に住宅ローンを利用する、というケースはよくあります。また、自分の土地を担保として、別の賃貸不動産を購入する、といった利用方法も珍しくありません。

物的担保でお金を借りる際の注意点

物的な財産を担保とすると好条件でお金を借りられる一方、さまざまなデメリットも生じてきます。あらかじめ物的担保を利用する際の注意点を知っておきましょう。

財産を担保とする以上、その財産の価値を判断してもらう必要があります。そのため、即日の融資は期待できません。価値が決定されるまでに1カ月はかかると考えた方がいいでしょう。

また、上述したとおり返済が滞れば財産を失う可能性があります。高額融資を受けられるということは、返済の負担も大きくなり、結果大きな財産を失いやすいということになるでしょう。物的担保となるのは家、土地といった資産価値が高い財産ですから、非常にリスキーな借り入れになるということを忘れはいけません。

物的財産を担保とするための諸経費についても留意しておきましょう。融資額に課せられる利息以外にも、土地の調査費用や登記簿の変更料などが必要となってきます。価値のある財産とする場合、融資額によってはほとんど気にならないかもしれませんが、融資額が少額の場合は重くのしかかってくるでしょう。

以上が財産を担保にお金借りる仕組みや注意点です。人的担保、物的担保ともに、非常に失い難い財産だと言えます。借りやすく、好条件でお金を借りられる背景には、同等のリスクが存在していることも心にとどめておかなければなりません。