勤めている会社から今すぐにお金を借りる方法

印鑑

通常、私たちは企業に勤めることになります。企業から働きに応じて賃金をもらい、その賃金をもとに生活を営みますが、何らかの事情で経済的に窮することがあるかもしれません。そんなときは家族、友人などの周りの人間、もしくは銀行、カードローン業者といった金融機関からお金を借りて、生活に必要な費用を補てんするのが一般的です。

一方、勤めている会社からお金を借りられることはあまり知られていないかもしれません。
企業の恩情によるところが大きい「給料の前借り」ではなく、「従業員が会社からお金を借りられる制度」が福利厚生として設けられていることがあるのです。「従業員貸付制度」というこの制度は、従業員を金銭的トラブルから救済することを目的としています。

利用は条件付きとなりますが、非常に低金利でお金を借りられる制度です。会社員の方であればお金に困ったときに備えて、あらかじめ知識を付けておきたいですね。今回は「従業員貸付金制度」の内容や、留意しておくべき点についてご紹介します。

従業員貸付金制度とは

従業員貸付金制度は、簡単に言えば「やむを得ない事情を抱えた従業員が会社からお金を借りられる制度」のことです。従業員が金銭的なトラブルに頭を悩ませることなく、安心して働いてもらうことを目的とした福利厚生のひとつです。以下でこの制度の内容について触れていきます。

従業員貸付金制度を利用できるケース

従業員貸付金制度は、何にでもお金を使っていいフリーローンというわけではありません。あくまで社員の安心やトラブル回避を目的とした制度なので、お金を借りる事由には正当性が求められます。実際には会社ごとの判断や規定によりますが、通常はやむを得ず、かつ急にお金が必要になるアクシデントが事由として認められるようです。

例えば入院、葬儀、災害、犯罪被害などは急に訪れるトラブルであり、お金が必要になることがあります。こうした場合に従業員を金銭的にサポートしてくれるのが従業員貸付金制度というわけです。趣味やレジャーに使うことを目的に申し込んでも、まず認可されることはないでしょう。

他の賃金業者と比べて低い金利が魅力

従業員貸付金制度で借りたお金は、会社に返済する必要があります。返済の際は利息が発生しますが、従業員貸付金制度は金利においても従業員に対して良心的です。会社によって利率は異なりますが、2~4%と設定する会社が多いようです。
銀行、消費者金融で融資を受けた場合の利率は4.5~18%程度なので、従業員貸付金制度の金利がいかに低いかがおわかりいただけるかと思います。金融機関は営利目的の貸付を行い、利息から利益を得ます。一方、会社は営利目的で従業員に貸付を行うわけではないので、このような低金利が実現できるのです。

従業員貸付金制度の注意点とは

先述したとおり、従業員貸付金制度はやむを得ない事情を抱えた従業による利用が前提です。他にもあらかじめ留意しておいてほしい点がいくつかあります。会社からお金を借りられると思ったが、結局ぬか喜びに終わってしまった…という結果にならないよう、注意点をあらかじめ押さえておきましょう。

会社によっては制度自体がない

従業員貸付金制度は、会社が任意で設ける福利厚生です。どの会社ももれなく従業員貸付金制度を行っているわけではありません。特に中小企業は従業員貸付金制度を設けていないことが多いようです。

会社によっては制度自体はあるものの、資本が充分ではない場合があります。従業員貸付金制度を行っているかどうか、実際に借入することができるのかどうかは、会社の経理や総務の方にあらかじめ確認しておきましょう。

派遣社員、契約社員、アルバイト、パートは利用不可

制度自体はあり、会社の資本も申し分ない。そんな場合でも従業員貸付金制度を利用できるのは原則的に正社員のみです。派遣社員、契約社員、アルバイト、パートといった雇用形態で勤務している方は利用できないと考えたほうがいいでしょう。

お金に困ってしまう可能性は正社員の方より他の雇用形態で働いている方のほうが高いと言わざるを得ません。それでも福利厚生として提供される従業員貸付金制度は、正社員にのみ利用が許された特権ということになります。

勤続年数がネックになる場合も

従業員貸付金制度を利用するためには、一定の勤続年数が求められる場合があります。会社によって裁量はまちまちですが、一般的には勤続5年以上を、従業員貸付金制度を利用するための目安として定めていることが多いようです。

勤続年数に応じて借入限度額が変わってくるケースもあります。つまり、従業員貸付金制度自体は利用できるものの、勤続年数によっては希望額に満たないことがあるのです。会社からお金を借りることを検討していることは、このような点も詳しく担当に確認しておいたようがいいでしょう。

会社によって連帯保証人を求められる

会社によっては無担保の貸付をせず、連帯保証人を担保として求めてくることがあります。連帯保証人を引き受けてくれるような人を見つけるのは、簡単ではないでしょう。また、経済的な困窮を誰にもバレたくない方も、誰かに連帯保証人になってもらうためには事情を話さなければなりませんね。

従業員貸付金制度は条件付きで、かつ用途が限られるものの、金利が低いというメリットがあります。適切に利用すればお金に困窮しているときの大きな力となるでしょう。カードローンなどを上手く使い分けると、より効果的です。

会社以外でも、お金を借りる方法はさまざまです。気になる方はこちらのカテゴリーを参考にしてみてください。
お金を借りる方法で比較