銀行カードローンと消費者金融の不思議な関係について

シェアする

銀行員

カードを使って気軽に融資を受けられる「カードローン」のサービス。銀行や消費者金融や信販会社やクレジット会社など、さまざまな業者が個性的なサービスを提供しています。今回は、その中でももっとも多くの人に使われている「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」に焦点を当てて、両者の不思議な関係について解説していきます。現在カードローンを使っている方も、これから使い始める方も、どこかで役立つ豆知識をご覧ください。

銀行カードローンの審査はなぜ消費者金融より厳しい?!の謎

銀行カードローンと言えば、低金利で高額の借入ができることでお馴染みのカードローンです。メガバンクと呼ばれる大手の銀行から地方銀行まで、幅広い銀行がカードローンの商品を取り扱っています。ところで、「銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しい」という説は、すでにカードローンを使っている人の間ではもはや常識ですよね。ところが、銀行カードローンの審査がどうして厳しいのかについて、知っている方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

実は、銀行カードローンの審査が厳しいのは、「銀行」と「保証会社」という2つの機関の審査に通らなければ合格できないからです。消費者金融の審査では、当然ながらお金を借りる業者1社の審査に合格すれば、融資を受けられます。それに対して、銀行カードローンの審査では、銀行独自の審査と保証会社の審査に通らなければならないという点で、消費者金融よりも厳しいと言われているのです。

銀行のバックには消費者金融がいた?!保証会社の謎

ところで、銀行カードローンの審査で登場する「保証会社」とは一体どんな会社なのでしょうか? 意外に感じる方もいらっしゃるでしょうが、実はこの「保証会社」とは、消費者金融業者がその役割を務めています。たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローン・ソニー銀行カードローン・じぶん銀行カードローンの保証会社は、大手消費者金融のアコムが担当しています。三井住友銀行カードローンの保証会社は、大手消費者金融のプロミスが担当しています。

このように、銀行カードローンのバックには、消費者金融がいることになるわけです。まるでカードローンを利用するお客さんを取り合う競合他社のように見えて、実は一部が協力関係にある銀行カードローンと消費者金融の関係……ちょっと不思議ですよね。

知っていますか?保証会社の役割

銀行カードローンの保証会社の役割は、「審査」を行うとともに、返済ができなくなった人の「代位弁済」を行うことです。それぞれの詳しい内容については以下で述べていきますが、つまり銀行カードローンの低金利で限度額の高いサービスは、消費者金融の協力あってこそ成立するものだということです。お金を商品として取り扱っている銀行ですが、カードローンの商品については、やはり消費者金融の専門的なノウハウが欠かせません。銀行カードローンと消費者金融は互いに協力し合いながら、私たちが日ごろ利用しているサービスを作り上げているのです。

保証会社が審査するのはなぜ?

銀行カードローンの審査では、どうして保証会社が協力して審査しなければならないのでしょうか。その理由は極めて単純で、銀行単体では信用情報機関の情報を見られないからです。信用情報機関というのは、消費者金融が審査の際に必ずチェックする、申込者のこれまでの借入に関する個人的な情報を集めた機関のことです。こちらを確認することで、消費者金融は申込者に本当に返済能力があるのかどうかを判断します。ところが、銀行は貸金業者ではありませんので、信用情報機関の情報を見られません。これでは審査の際に情報が足りないということで、信用情報を見られる消費者金融と協力して、情報を提供してもらうのです。その代り、銀行は消費者金融に「保証料」を支払うことになっています。

代位弁済ってどういうこと?

カードローンを利用する人の中には、やむを得ない事情でどうしてもお金を返せなくなってしまう人が、一定数います。そんな時に、返済できない人の代わりに銀行へお金をたて替えてくれるのが、保証会社の役割です。したがって、もしも銀行カードローンで借入をしていて返済できなくなった場合は、最終的には保証会社に対して返済をしていくかたちになります。ちなみに、保証会社が代わりに銀行へお金をたて替えてくれるとは言っても、借入した金額が減ることは一切ありません。

銀行と消費者金融はたしかに不思議な関係だった!

銀行カードローンと消費者金融は、たしかに不思議な関係にありました。審査や代位弁済などお互いに手を組むメリットがあるからこそ、このように協力し合っているのですね。私たちが気軽にカードローンを利用できるのは、こういった不思議な関係があってこそ、というわけです。どこかで使えるかもしれないカードローンの豆知識を、ぜひ参考にしてみてください。