連続してカードローンに申し込むと信用情報に悪影響!

パソコンからの申し込みで悩む男女連続してカードローンに申し込むと危険です。
連続した申し込みは信用情報の評価を下げる要因となり、信用情報が下がれば審査にも落ちるという負の連鎖が待っています。
登録した信用情報は半年程度残るため、一度審査に落ちた場合には、半年以上は時間を置いた方が賢明です。

申し込みと信用情報の関係

キャッシングやカードローンに申し込んだ場合、申し込んだという情報が信用情報に登録されます。
クレジットカードも同じように信用情報へと登録される仕組みとなっており、連続して申し込むと、業者からの信用を落とすことになります。

信用情報の基礎知識

信用情報は個人の融資に関するデータが記録されたもので、申し込み情報だけでなく、他社からの借入状況や、過去の借入情報などが記載されています。
信用情報は信用情報機関で保管されており、加盟している金融機関であれば、情報をいつでも引き出せます。

信用情報は金融機関で共有している

信用情報は正規の金融機関であれば、共有できるようになっています。
情報を保管している信用情報機関に加盟することで、審査の際に信用情報を参照することができます。
信用情報機関は業種によって3つに分かれており、銀行や消費者金融など、ジャンルによってさまざまです。

主な信用情報機関

  • JICC
  • CIC
  • 全国銀行個人情報センター

信用情報機関は主にこの3つです。
JICCは消費者金融がメインで、アイフルやアコムなどが加盟しています。
CICはクレジットカード業者の加盟が多く、信販系のキャッシング業者がこれにあたります。
全国銀行個人情報センターは銀行グループが主で、銀行カードローンを利用する際には、全国銀行個人情報センターの信用情報が審査に使われます。
そのため、以前クレジットカードなどの返済でトラブルを起こした方は、信販系以外のカードローンに申し込んだ方が、信用情報はクリーンなため、審査に通りやすいのです。

連続申し込みが審査に悪影響を与える理由

カードローンの審査で業者が大切にするのは、申し込み者を信頼できるかどうかです。
自営業など年収が高い方よりも、公務員の方が優遇されるのは、安定した収入が見込まれる方が確実に返済してもらえるからです。
そのため、連続して申し込みを行っていると、経済的にかなり困っている人物と判断され、審査に通りにくくなるのです。

申し込み情報が保存される期間について

申し込みなどの信用情報は半年間保管されるといわれています。
保存される情報は氏名や住所など、申し込みには必須のデータなため、同一人物が連続して申し込むとすぐに気づかれます。
申し込んだ金融商品の種類も記録され、クレジットカードやカードローンなど、種類の違う金融商品に申し込んだとしても、間隔が短ければ気づかれるようになっています。

融資の情報は最低5年間保存

審査に通って実際に融資を受けた場合、最低でも5年間は情報が保存されます。
また、解約してから5年間保管されるため、カードローンなど完済しただけでは、保管期間には入らず、いつまでも信用情報に記録は残ります。
複数の業者と契約を結んでいる状態では、総量規制の問題から新たな借入が出来ないということも多く、業者からの信用ども下がってしまいます。
新しくローンに申し込む際は、過去に利用したローンを見直して、不要なものは解約した方がいいでしょう。

強制解約にご注意!

強制解約とは、業者側から一方的に契約を打ち切られること。
返済が3カ月以上遅延した場合など、業者から信用出来ないと判断された場合には、強制契約解除となります。
強制解除の情報は最低でも5年間保存され、信用情報に強制解除のキャリアがあれば、審査に通ることは原則的に不可能です。

信用情報の評価を下げると、ローンが組めなくなり、高額の買い物が出来ないだけでなく、社会的な信用度を落とすことにもつながります。
逆に、堅実な融資を受け続けていると、信用情報はどんどん上がっていくため、お金を借りないのではなく、借りたお金をしっかりと返済することが大切です。