審査なしのキャッシングに申し込むのは危険!

シェアする

怪しいお金を数える男

審査なしのキャッシングを利用するのは非常にリスクです。
正規の貸金業者であれば、融資の前に必ず審査が必要なため、審査なしでお金を貸す業者はかなり怪しいでしょう。
今回は、審査なしのキャッシング業者を利用するリスクと、裏ワザをご紹介いたします。


審査なしのキャッシングは闇金の可能性大!

闇金とは、正規の貸金業者として国から認可されていない、違法な貸金業者のことです。
正規の貸金業者であれば、総量規制の問題からも審査は必ず行うので、審査を行わずに融資を行う業者は大抵闇金です。
最近ではソフト闇金といわれる、正規の貸金業者を装った業者も増えているため、審査なしなど怪しい宣伝をしている業者には近づかない方がいいでしょう。
万が一、闇金に騙されたと気が付いたときには、すぐに弁護士へと相談して、法的手続きをとってもらいましょう。

闇金からお金を借りるリスク

闇金は違法な金利でお金を貸し、違法な取り立てで返済をさせます。
正規の貸金業者であれば、法定金利である実質年率20.0%以内で融資を行っていますが、闇金は市場の相場をはるかに上回る違法金利で融資を行い、あらゆる手を使って財産を奪っていきます。
職場や近所の住人への嫌がらせや、時には暴力的な取り立ても行います。
最近では闇金業界の実情をリアルに描いた漫画が人気を呼んでいますが、実際に闇金からお金を借りて人生が大きく狂った方は、たくさんいるのでご注意ください。

消費者金融が審査を行う理由

消費者金融は総量規制によって、申し込み者の年収3分の1を上回る額の融資は行えないようになっています。
そのため、融資を行う前に審査を行い、総量規制に引っ掛からないか確認しなければならないのです。
また、総量規制によって、50万円以上の融資を受ける場合には、収入証明書が必要となります。
審査を行わず、50万円以上の融資でも収入証明書を求めない業者は、闇金かもしれないと疑いましょう。

審査なしでお金を借りる方法は?

お金を借りたいけれど、審査は受けたくないという方に、違法ではないお金の借り方をご紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠に申し込む

すでにクレジットカードを持っている方であれば、キャッシング枠に申し込むといいでしょう。
すでにクレジットカードを作った時点で、審査は終わっているため、引っ越しや転職などしていない限り、再度新たに審査を申し込む必要はありません。
しかし、他社からの借入などチェックするために、信用情報は再度確認するというクレジットカード会社も多いため、多重債務を抱えている方は審査に通りにくいかもしれません。

困ったらクレジットカードの現金化?

クレジットカードの現金化とは、換金しやすい商品をクレジットカードで購入して、お金に換えるという方法です。
クレジットカードのキャッシング枠の申し込みに失敗した方など、どうしてもお金が必要な時に行っているようです。
しかし、いくら換金率が高い商品をお金に換えたとしても、支払った分そのまま現金化することは不可能です。
また、クレジットカードの現金化は、違法ではないものの、クレジットカード会社の大半が禁止しており、発覚次第、カードの契約が突然打ち切られることもあります。
商品券など換金率が100%近い商品をクレジットカードで買えないのはそのためです。
カード会社としては、あくまでクレジットカードは決済手段の一つとして広めており、現金化は間違った利用方法ということです。
不自然に換金率が高い商品を購入していると、業者にばれるのでおすすめはしません。

扶養家族は銀行カードローンから借り入れ可能?

主婦の方など年収が100万円以内で扶養家族の方は、銀行カードローンであれば、家族の信用情報を利用して借入可能です。
専業主婦の方など、総量規制の影響から貸金業者からお金を借りられなくなりましたが、配偶者に安定した収入があれば、銀行カードローンの審査には通ります。
銀行カードローンは、貸金業法の対象ではないため、総量規制に関係なく融資を行うことができます。
独自の審査基準で、返済が見込めると判断した場合には、積極的にお金は貸しているようです。

未成年はお金を借りられる?

扶養家族であっても、未成年ではカードローンの契約はできません
民法上、未成年は契約を結んだあとでも、申し立てをすることで契約を破棄できます。
そのため、お金を借りた後に、契約を破棄すれば返済しなくていいことになります。
キャッシング業者からすると、未成年にお金を貸すのは非常にリスクが高いため、契約は行えないようになっています。
そのため、最近では未成年をターゲットにした闇金業者も増えており、被害にあう若者が増えているという情報もあります。
未成年で融資が必要という方は、審査なしの怪しい業者を利用するのではなく、銀行や学生ローンなどに相談しましょう。
保証人などを立てることによって、融資を受けられるかもしれません。