本審査と仮審査の違いって?カードローンの素朴な疑問

銀行員の女性

現在ではカードローンは誰でも気軽に利用することのできるとても便利なサービスとなっています。とは言ってもお金を借りるためのサービスですので当然審査が行われます。この審査に通過することができなければお金を借りることはできないのです。
カードローンを利用したいと考えているものの、この審査が不安で申し込みをすることができずにいる、なんて方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ここではカードローンの審査について考えてみましょう。
まずは「本審査」と「仮審査」というものが存在していることをご存知でしょうか?まずはその違いからチェックしてみたいと思います。

仮審査と本審査って何が違うの?

一般的なカードローンやキャッシングの審査は2つの段階で行われています。それがここでご紹介する「仮審査」と「本審査」です。それぞれどんな違いがあるのでしょう。

申し込みをすると最初に受けることになるのが仮審査です。これは簡単に言ってしまうと機械的な審査のことを指します。
申し込み情報を確認して、申し込み者の年齢や年収、勤続年数などをによって大雑把な審査を行います。申し込み条件を満たしていない方や、それぞれの金融機関でさだめられて基準をクリアしていない方はこの段階で落とされてしまうことになります。実際に、この仮審査は機械によって行われることになりますので、今日ではあっという間に終わってしまいます。

申し込みの基準を満たしていなかったり、よほど問題がなかったりしないかぎりは、その仮審査を通過することは難しいことではありません。むしろ、ここで落とされてしまった場合、同じ条件では他の金融機関でも審査を通過することは難しいでしょう。

借り審査が終われば本審査へ

この仮審査が終わるといよいよ本審査に入ります。この審査からは実際にそれぞれの金融機関の担当者によって行われることになります。
機械的な審査ではなく、確かな情報を集めて細かく融資可能なのか、そして金利などのさまざまな条件を決定するのはこの段階になります。
前述の仮審査の場合、条件は多くの金融機関で共通のものとなっていますが、この本審査はそれぞれの金融機関によって基準が異なっています。なので、この段階で落とされたとしても、他の金融機関であれば通過できることもあるでしょう。もちろん、その逆だってありえます。

この本審査を通過することができて、はじめてカードが発行され、サービスを受けることができるようになるのです。

申し込みの前に仮審査のに通過できるかを知る方法がある?

実際に申し込みをする前に、仮審査だけでも通過できるかを知りたい、という方も多いのではないでしょうか?
近年では多くの金融機関で事前の簡易審査が可能になっています。

金融機関の公式サイトなどで「審査シミュレーター」といったものを見たことがありませんか?年収や勤続年数、年齢などのちょっとした条件を入力するだけでサービスを利用できるのかを判断するものです。
あまりにも入力事項が少なく、すぐに結果が出てしまいますので信憑性は低いと考えている方も多いかもしれません。
ですが、この「審査シミュレーター」は仮審査とかなり近い条件で結果を出してくれるものとなっています。なので、仮審査が不安な方は一度利用してみてはいかがでしょう?もちろん、ここで審査に通過できたからといって、実際に利用できるわけではありません。ですが、一つの目安として役立ってくれるでしょう。

実際に申し込みをしてしまうと、審査に落ちたからといって連続して複数の金融機関に申し込みをすることはおすすめできません。場合によっては「申し込みブラック」という状態になってしまうこともあり、そうなるとその後の審査にかなり不利になってしまうのです。
それに対して、この「審査シミュレーション」であれば実際に申し込みすることなく仮審査を通過できるのかどうかの目安がわかります。なので、審査に不安を抱いている方はさまざまな金融機関でチェックしてみましょう。

審査に通過しやすくするにはどうすればいい?

仮審査、本審査それぞれにスムーズに通過するにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、仮審査の場合は当たり前のことだと思われるかもしれませんが、自分が申し込み可能な条件を満たしているのかを確認することが重要です。また、できるだけ申し込み時のミスがないようにしましょう。たとえちょっとしたミスであったとしても、それで仮審査で落とされてしまうことがあります。本来は利用可能であるはずなのに、ミスで審査に落ちてしまう…なんてことも十分にありえるのです。

そして本審査については金融機関によってかなり違いがありますので一概に「これがベスト」という対策はありませんが、他の借金がすでにある場合はそれを考えた上で希望額を決めるようにしましょう。それだけでも審査に通過できる可能性は高くなります。