過払い金の返還でブラックリストには登録されない?

シェアする

金利とお金

過去に払いすぎてしまった利息を返還してもらう「過払い金請求」。思いもよらぬ大きなお金が返ってくることから、法律の専門家に依頼して返還してもらう人が後を絶ちません。そんな過払い金請求ですが、巷では「請求するとブラックリストに載る」という噂があるようです。今回は、過払い金請求とブラックリストについてお伝えします。

過払い金の返還では基本的にブラックリストに登録されません

過払い金請求をするとブラックリストに載るということは、今では基本的にはありません。2010年の4月19日までは、過払い金請求をするとその情報が信用情報機関へ登録されていたようですが、それ以降では基本的にブラックリストへの登録はありません。ただし、例外的にブラックリストに載ってしまうケースもあるので、油断は禁物です。

それではどんな時にブラックリストに載ってしまうのかというと、完済していない状況で過払い金請求をすると、信用情報機関に一時的に「債務整理」として記録が残るようです。とはいえ、過払い金請求の手続きが終わり次第こちらの情報は削除されますから、ご安心ください。気をつけるべきことがあるとしたら、クレジットカードの更新時期など、信用情報を参照しなければならない時期と過払い金請求の時期が重なると、審査に通れない可能性があります。めったにないケースかもしれませんが、更新時期が近付いてきている方はご注意ください。

「ブラックリスト」ってどんなもの?

「ブラックリスト」と聞くと、何か黒い名簿のようなものを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。実は、そもそもブラックリストと言われているような名簿は存在しないのです。それでは“ブラックリストに載る”というのはどういうことかと言うと、キャッシングやクレジットカードの申込みにまったく通れなくなってしまった状態のことを指します。たとえば、滞納を繰り返してしまった場合や完済する前に過払い金請求をした場合は、審査に通れなくなってしまうので、いわゆる“ブラックリストに載った”ということになります。

ブラックリストには信用情報機関が関係している?

キャッシングやクレジットカードの申し込みをすると、必ず審査があります。審査では、本人の氏名や住所などの基本的な情報を確認するとともに、「信用情報機関」というところに登録された「信用情報」を参照しています。この、信用情報機関というのが、いわゆるブラックリストに相当する情報を保管しているところです。

信用情報機関は、銀行業や貸金業を営む業者と協力し、顧客の情報の収集と提供を行っています。つまり、あなたがある消費者金融からお金を借りているという情報は、信用情報機関を通して、他の業者にも開示されているということです。ある業者からお金を借りているのに、その事実を隠して別の業者に申し込みをしようとする人がいます。こういった申告漏れや虚偽の申告は、信用情報機関がある限りどの業者の申込みでも通用しないというわけです。

過払い金ってどんなお金?

過払い金というのは、過去の借入の際に払いすぎてしまった利息のことです。2010年に法律が変わり、金利の上限が大幅に下げられました。その際、2010年より前にお金を借りていた人を対象として、過去に払いすぎてしまった利息を返還できるようになったのです。これが、過払い金請求です。

過払い金請求は、すでに当時借入していた分の金額を完済してしまった場合でも、遡って請求できるようになっています。完済している場合は、最後の取引から10年が時効となっていますから、心当たりのある方はなるべく早めに手続きに踏み切った方がいいかもしれませんね。先に述べたいように、完済していればブラックリストに載ることもありませんから、時効にならないうちに行動に移したいところです。

ブラックリストに載ってもお金は借りられる?

いわゆるブラックリストに載った状態になってしまうと、キャッシングやクレジットカードの審査で落ちてしまいますので、お金を借りることはできません。しかし、中小の消費者金融の中には、事故情報があったとしても融資を受けられるところが少なくありません。その分金利が高めに設定されている部分はありますが、いざという時は貸金業者として登録している中小の消費者金融を利用するという手もあります。その際、ブラックリストでもOKという誘い文句に乗って、違法な業者と契約しないようにお気をつけください

過払い金請求しても大丈夫

過払い金請求をしても、基本的にブラックリストには登録されません。ただし、完済する前に過払い金の返還を求めると、一時的に事故情報として登録されることがありますから、お気をつけください。信用情報機関は、関係する業者ならどこでも閲覧できるようになっています。業者からの借入を別の業者に隠すことはできません。申し込みの際にはくれぐれも虚偽の申請をしないように気をつけましょう。