借金の返済に困ったら?借金の返済を楽にするコツ

タブレットをチェックする男性

借金の返済に困ったからといって、無暗に働いて返済を続けても意味はありません。

一度借金の返済に困ってしまったら、劇的に収入アップしないかぎり完済はできないと考えた方がいいでしょう。

借金が膨らむと利息はどんどん増えていき、普通に返済を続けても利息を支払うだけで、元金を減らすことができないからです。

そのため完済を目指すのであれば、借金の返済方法を工夫しなければなりません。

この記事では借金の返済をラクにするコツを紹介していますが、完済するには強い意志と決意が必要だということをお忘れなく。

借金が膨らんでしまった原因を考える

本格的に借金の完済を考えるのであれば、まずは借金が膨らんでしまった原因を考えましょう。

ギャンブル・買い物・病気・ケガなど、人によって借金を作る原因はそれぞれですが、一回目の借金を返済できなくなる人はあまりいません。

必ず2回目、3回目の借金をすることになった原因があるはずです。

遠回りに思えますが、借金を膨らませてしまった原因を解決しない限り、返済中にまた借金をしてしまうでしょう。

ギャンブルやお酒など中毒性のあるものが原因で借金を作っている方は、借金返済と並行して病院のカウンセリングを受けなければなりません。

また収入が大幅に減ったことが原因なら、収入を増やす手立てを考えなければいけません。

本気で借金を返済したいのであれば、まずはここまで借金が膨らむことになった原因を考えましょう。

浪費癖がある人は知人に給与を預けよう

買い物や旅行など、浪費癖が原因で借金が膨らんでしまうという方は、知人に協力してもらうといいでしょう。

毎月の給与を知人に預けて、生活に必要なお金と借金返済に充てるお金を、第三者に分類してもらうのです。

自分で自由に使っていいお金を確保することができ、返済するお金まで浪費するということもありません。

信頼できる友人や家族がいる方は一度相談してみましょう。借金の返済は一人でできるほど簡単なものではないのです。

返済シミュレーションをして返済計画を立てる

これ以上借金を膨らませないための対策を練ったあとは、具体的に借金を返済する計画を立てましょう。

本来ならば借金をする前に返済シミュレーションをするべきなのですが、借入後もシミュレーションをして計画を立てることは重要です。

大手キャッシング業者のサイトには、無料で使える返済シミュレーション機能がついています。

借入額や予定している毎月の返済額を入力することで、返済まで何カ月かかるのか計算することができるのです。

まずは現時点での収入と照らし合わせて、現実的な返済プランを立てていきましょう。

長期の返済計画は禁物!ギリギリまで返済に充てよう!

無理のない返済計画を立てるからといって、十年もかかるような長期的な返済プランは禁物です。

返済している間に必ず予想外の出費が重なり、せっかく返済した分を借金してしまうからです。

返済期間中は貯金など考えずに、余ったお金はすべて借金返済に充てるようにしましょう。

長くても5年以内に完済出来る計画でなければ、実現は難しいでしょう。

また返済期間が5年以上になる方は、他の方法を考えることをおすすめします。

借金が年収の1/3を超えている方は要注意

現時点で借金が年収の1/3を超えているという方は、かなり返済が難しいと考えていいでしょう。

統計的にも借金が年収の1/3を超えると、一気に返済不能に陥る確率が高くなります。

すでに年収の1/3以上借金を抱えている方は、返済不能に陥る一歩手前と考えて、危機感を持たなければいけません。

ここからは通常通りの返済では完済が難しいという方のために、効率的に借金の返済を進めるコツを紹介していきます。

複数の借金を抱えている方はおまとめローン

複数の業者から借金を抱えている方は、まずはおまとめローンを活用して借金を一本化しましょう。

キャッシングやカードローンでは、借入額が大きくなると金利が下がるようになっています。

そのため複数の業者から借金するのではなく、一つの業者にまとめた方が金利を低く抑えることができるのです。

また借り入れ先が一つになれば毎月の返済日も1回になります。精神的にもかなり楽になるので、複数の借金を抱えている方は一本化を検討しましょう。

収入がない方は債務整理を要検討

現在収入がないから借金を返済できないという方は、債務整理を検討した方がいいでしょう。

債務整理は種類によってそれぞれ内容が異なり、利息を抑えるものや元金を減らすものもあります。

債務整理を行えれば一定期間(最低5年間)は信用情報に傷がつきますが、長期的に返済を続けるよりかは、一度債務整理をした方が効率的に返済できることもあります。

収入がなくて借金返済が不可能になった方は、債務整理を行うといいでしょう。

任意整理

任意整理は弁護士や司法書士を通して、業者に利息の削減を求める債務整理です。

業者との交渉のみで終わるので、他の債務整理と比べて一番楽に行うことができます。

任意整理は債務整理の中で最も件数が多く、利息をカットしたことで完済できた方も多くいます。

借金の返済が難しいと思った方は、まずは債務整理を検討しましょう。

個人再生

個人再生は現在抱えている借金を1/5まで減額する債務整理です。

弁護士を通して裁判所に申請をして、審議に通れば個人再生が認められます。

個人再生では住宅や車などの財産を処分する必要がないので、うまくやれば家族にばれずに手続きを済ませることもできます。

しかし個人再生を行うと、官報に氏名が記載されてしまうので、第三者のばれてしまうリスクもあります。

収入が激減して完済が難しいというときには、個人再生を行いましょう。

自己破産

自己破産は弁護士を通して裁判所に申請をして、借金の返済義務を免除させることができます。

しかし自己破産は財産をすべて手放さなくてはならず、住宅や車は競売にかけられてしまいます。

また個人再生と同様に官報に名前が載るだけでなく、特定の職業にも一定期間就けなくなってしまいます。

自己破産は借金から逃れることが出来る代わりに、生活をすべて一変させてしまいます。絶対に借金の完済ができないというときだけ、自己破産をするようにしましょう。

まずは専門家に相談

自分がどの債務整理を行えばいいのか、素人にはなかなか判断できません。

そのため債務整理を考えるときには、必ず専門家に相談するようにしましょう。

専門家からそれぞれ債務整理のメリットやデメリットを訊き、あなたの経済状況と合わせて合理的な判断をしましょう。

くれぐれも自分だけで考えて、勝手に申請しないようにしてください。

借金返済に困ったら相談しよう

借金の返済に困ったときには、一人で抱えるのではなく誰かに相談することが大切です。

お金を貸してもらえなくても、悩みを聞いてもらえるだけで精神的にかなり楽になります。

また自分だけで借金を完済するのは大変ですが、周囲の協力があれば何とか耐えることができるでしょう。

また友人や家族には相談しにくいという方は、借金返済のプロに相談してもいいでしょう。

その際は怪しい人や団体に騙されることなく、信頼できるプロを選ぶようにしてください。

フィナンシャルプランナー

フィナンシャルプランナーは保険や融資の相談だけでなく、返済の悩みにも応じています。

将来設計を考えながら、プロが無理のない返済計画を立ててくれるので、安心して返済を続けることができるでしょう。

また過払い金や債務整理など、法的知識が必要な相談にも応じてくれるので一度相談してみることをおすすめします。

闇金からの借金には手を出さないように!

借金の返済に困っているからといって、絶対に闇金には手を出してはいけません。

闇金はお金に困っている方を甘い言葉で誘惑し、法外な金利で財産のすべてを奪い取ってしまいます。

また友人や家族にまで取り立てがいくので、結果的に借金の相談をするよりも迷惑をかけることになってしまいます。

いくら借金に困っているからといって、闇金から借金をするのだけは絶対にやめましょう。

まとめ

借金があるからといって、無暗に返済を続けるのは得策ではありません。

収入状況や借金の額によっては、返済をせずに債務整理をした方が効率的に返済できることもあるのです。

借金の返済に困っている方はこの記事を参考に、まずは返済する方法を考えて、誰かに相談するようにしましょう。