クレジットカードのキャッシング機能と現金化について

シェアする

ATMからお金を引き出す

便利に利用できるクレジットカード。手持ちの現金が少ない時でも支払いができるので、1度使ったら手放せません。そんなクレジットカードですが、カード利用可能なお店でしか使えないのが玉に瑕ですよね。どうしても現金で支払わなければならない時にも、何かクレジットカードを活用できる方法はないのでしょうか。今回は、クレジットカードのキャッシング機能についてお伝えします。

クレジットカードのキャッシング機能とは

クレジットカードを使ったことのある人は多いものの、キャッシング機能の存在を知っている人はそれよりもずっと少ないのではないでしょうか。実は、多くの人がお持ちのクレジットカードには、「キャッシング」と言って現金を引き出せる機能がつけられるのです。もしかしたらあなたも、カードの契約の際に知らず知らずのうちにキャッシング機能をつけているかもしれませんね。

キャッシング機能でお金を借りる際は、カード会社のATMを使います。クレジットカードをATMに入れたあとは、銀行でお金をおろす時と同じような要領で操作して、現金化すればいいのです。いざという時に気軽にお金を借りられるのが便利ですね。いつも使っているクレジットカードを使えるので、人によってはカードローンを利用するよりも気持ちの面でのハードルが低いかもしれません。

通常のカード利用とはどう違うの?

通常のクレジットカード利用とキャッシングとの違いは、利息がつくかつかないかです。利息というのは、お金を借りたときに支払う手数料のようなもの。キャッシングで現金化すると、各社で定められた金利に従って、利息を支払うことになります。クレジットカードでお買い物をしても、次の月に引き落としされる金額には、手数料が含まれていませんよね。カードで買い物をするか、現金を引き出して買い物をするかには、このような違いがあるのです。

キャッシングはどんな時に便利なの?

「手数料がかかるなら、クレジットカードを使った方がお得なのでは?」とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。たしかに、同じ金額を使うなら、通常通りクレジットカードを使った方がいいですよね。それでは、クレジットカードのキャッシングはどんな時に使うと便利なのでしょうか。

たとえば、現金しか使えないお店でお買い物をしたとします。現在はほとんどのお店でクレジットカードを使えるのが当たり前ですが、中には特定のカード会社のカードしか使えないなど、何かしらの制限があるお店もたくさん残っています。個人経営のお店などでは、カードでの支払いを取り扱っていないことも少なくありません。そんな時、お気に入りの服を見つけたり、レストランでの支払いが思っていた以上にかさんでしまったりしたら、ピンチですよね。こういった状況では、クレジットカードのキャッシングが便利です。お近くのATMでお金をおろしてから現金で支払いをすれば、どんなお店でも支払いができます。

返済方法はこれまでと違うの?

クレジットカードのキャッシングでは、返済方法に種類があります。クレジットカードとほとんど変わりありませんが、「1回払い」と「リボルビング払い」の2種類です。1回払いとは、その名の通り、次の月に一括で返済する方法です。リボルビング払いとは、全額を分割して毎月少しずつ返済していく方法となります。お金に余裕のない時でも、無理なく返済していけるので便利です。ただし、リボルビング払いの場合は手数料がかかりますから、その点だけご注意ください。

クレジットカードのキャッシングにデメリットはある?

とても便利なクレジットカードのキャッシングですが、ひとつデメリットを挙げるとすれば、金利がやや高めな点が気になるところでしょう。キャッシングのサービスは、クレジットカード会社だけでなく、銀行や消費者金融も取り扱っています。そんな数あるキャッシングのサービスの中で比較しても、クレジットカードのキャッシングはやはり高めに設定されているのです。もしも頻繁に借入をする予定があるのなら、銀行カードローンや消費者金融のカードローンなど、なるべく金利の低いサービスを利用した方がお得になります。とはいえ、いざという時のお買い物のために用意しておくのであれば、クレジットカードのキャッシングでも問題ないでしょう。

使用頻度に応じてキャッシングのサービスを選ぼう

クレジットカードのキャッシングでは、いつも使っているクレジットカードを使って、融資サービスを受けられます。近くのATMで現金化できるので、カード利用ができないお店でも安心してお買い物ができます。ただし、金利はやや高めに設定されているので、使用頻度が高い場合は、銀行カードローンや消費者金融のカードローンを利用した方がお得になります。キャッシングはどのくらい使うかに応じて選びましょう。