地方銀行のカードローンを利用するメリットってあるの?

シェアする

銀行で相談

お住いの地域によっては、日本でも最大手と呼ばれる銀行よりも、地方銀行の存在が目立っていることもありますよね。中には、いわゆるメガバンクは近くに店舗すらない状況も珍しくありません。そんな地域の人たちから信頼され続けてきた地方銀行ですが、カードローンを利用する上で考えると、どんなメリットがあるのでしょうか。今回は、地方銀行のカードローンについてお伝えします。

地域密着型で金利が低いのが最大のメリット

地方銀行のカードローン最大のメリットと言えば、サービスが地域密着型で金利が低いことでしょう。地方銀行のサービスは、その銀行の営業エリア内の人しか利用できないことがほとんどです。そのため、営業エリアに住んでいる人であれば、銀行カードローンにしては意外にも審査に通りやすいと言われています。また、サービスのきめ細やかさも地方銀行ならではだと言えるでしょう。日本全国に展開している銀行や消費者金融では、スタッフに直接相談できる窓口の数が限られています。しかし、地方銀行では対面での相談も行っているところがあるので、電話越しの相談では不安な方でも安心してご利用いただけます。

また、地方銀行のカードローンは、銀行が提供している融資のサービスですから、消費者金融よりも金利が低く設定されているというメリットがあります。大きな金額の借入をお考えの方は、その後に支払うお金に関わる部分ですから、なるべく金利の低いサービスを選ぶのをおすすめします。このように、地方銀行のカードローンにも独自の強みがあります。誰もが知っている大手の銀行も便利ですが、やはり馴染みのある銀行からお金を借りられると安心感があるかもしれませんね。

銀行の利用実績も審査に影響しやすい

地方銀行のカードローンが審査に通りやすいというのは、その銀行の利用実績が審査に影響しやすいからだと言われています。利用実績というのは、申し込みをした人が過去にその地方銀行でいつから口座を作ったか、貯金をしているか、家族ぐるみで利用しているか――などの、日頃の銀行の使い方のことです。この利用実績がプラスの評価になっていると、審査に通りやすくなるのです。これまでに問題なく利用している地方銀行があるならば、もしかしたらカードローンの審査にも通りやすくなっているかもしれません。これも地域密着型ならではのポイントですよね。

周りの人に怪しまれないで申し込みできる

カードローンの申込みもネットが主流となりつつあるものの、まだ店舗へ足を運ぶ人がほとんどではないでしょうか。地方銀行のカードローンで申し込みの手続きをする際も、ネットから仮申し込みした後で、やはり店舗へ足を運ぶ流れになるでしょう。このとき、地方銀行へ足を運ぶのは、周囲の人の視線が気になりにくいですよね。地方での暮らしは、未だにご近所のうわさを無視できない部分があります。消費者金融の店舗へ足を運んでいるところを見られてしまったら、風の便りで自分の家族にも知られてしまうかもしれません。そんな時、地方銀行のカードローンで融資を受ければ、周りの目が気にならないでしょう。世間体が気になる人にもおすすめです。

地方銀行のカードローンには変動金利が多い

地方銀行のカードローンには変動金利型が多いので、大手の銀行や消費者金融のサービスとは少し勝手が異なる部分があります。まだ変動金利型のカードローンを使ったことがないなら、あらかじめ変動金利について知っておきましょう。変動金利とは、その名の通り金利が動くことです。契約後も時期によって金利が上がったり下がったりしますから、契約する前に念のため現在の金利を確認しておきましょう。金利が変動するということを加味して、契約時の金利はかなり低めに設定されていますから、お得に借入できるかもしれません。

どれくらいで融資を受けられる?

地方銀行のカードローンは、審査にかかる時間が長いという欠点があります。消費者金融や大手の銀行カードローンでは、即日融資は当たり前というレベルで、手続きがスピーディーとなっています。それに対して、地方銀行のカードローンはそもそも審査に数時間を要するため、即日融資は難しいと考えておいた方が無難でしょう。その日のうちにお金を借りたいというよりも、これから計画的にカードローンの利用をお考えの方に向いているサービスだと言えるかもしれませんね。

地方銀行カードローンにもメリットが数多くある

カードローンを利用するなら、地方銀行よりも大手の有名な銀行を選ぶべきかと言えば、必ずしもそういうわけではありません。地方銀行のカードローンにも独自のメリットがありますから、自分にとって使いやすいサービスを選ぶのがいいでしょう。興味のある方は、いつも使っている地方銀行で地域密着型のカードローンのサービスを利用してみてください。