他社借り入れがあってもカードローン審査に通るコツ

シェアする

財布を持って悩む男性

他社からの借り入れがあると、カードローンの審査は不利になります。返済先が多くなると返済できなくなるリスクが高いからです。

そこでこの記事では他社借入がる方でも、カードローンの審査に通りやすくなるコツを紹介しています。

すでに借金を抱えているから審査に通るか不安…、という方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

3件以上の他社借入があると審査に落ちる可能性大!

すでに3件以上の他社借入を抱えている方は、大手カードローンの審査には通らない可能性が高いです。

そのため申し込む前に、借入件数を減らすといった工夫が必要になります。

また3件以上借り入れがる状態で、新たに融資を受けるのは非常に危険な状態です。本当に新たな借り入れが必要なのか、一度冷静になって検討してみるといいでしょう。

なおカードローンの申し込みでは、現在抱えている借金を必ず申告しなければなりません。

その際審査に通りたいからと、偽って借金を少なく申請すると審査はかなり不利になります。悪質な場合にはブラックリストにも登録されてしまうので、他社借り入れがあっても申し込みは正直に行いましょう。

他社借り入れはなぜバレる?

カードローンの審査では、個人の信用情報がチェックされます。

信用情報とはこれまで利用してきた金融機関が残してきた記録のことで、借り入れをした記録や返済記録が残されています。

そのため信用情報に加盟している正規の金融機関から借金をしている場合、現在の借入額は必ずバレてしまうのです。

他社借り入れの有無はカードローンの審査で一番重要な項目です。嘘をつくと信用を一気に失うことになるので、必ず正確な数字を入力するようにしましょう。

他社借り入れとしてカウントされるもの

カードローンの審査では、他社借り入れとしてカウントされるものと、カウントされないものがあります。

一般的に住宅ローンなど高額な融資は、他社借り入れとしてカウントされないので、わざわざ申告する必要はありません。※ローン残高が訊かれる金融機関もあります。

しかしクレジットカードのキャッシングや、フリーローンなどは他社借り入れに含まれるのでご注意ください。

基本的に銀行や貸金業者が行う無担保貸し付けが他社借り入れに含まれると考えるといいでしょう。

消費者金融は総量規制に注意

消費者金融のカードローンを利用する際には、総量規制には注意しなくてはいけません。

総量規制とは年収の1/3以上の貸し付けを禁じるルールのことで、貸金業法によって規定されています。

そのため貸金業者である消費者金融などは、他社借り入れが年収の1/3を超えると融資を受けることはできません。

また総量規制では1社からの借り入れが50万円、他社からの借り入れを含めて100万円を超えると収入証明書の提出が求められます。

他社借り入れがある方で消費者金融を利用したい方は、あらかじめ収入証明書を用意しておくようにしましょう。

短期間に何社も申し込みするのは危険?!

他社からの借入があっても別の業者から借入可能ですが、あまりに申し込みの頻度が高すぎると、審査に落ちてしまう可能性があります。

たとえば、1日に何社も申し込みをするのは、よっぽどお金に困っている人だと判断されてしまうこともありますから、控えておきましょう。

カードローンの申し込みでは、短期間に何社も申し込みしたことが原因で、審査にまったく通れなくなる「申し込みブラック」という状態になってしまうことがあります。

申し込みブラックになってしまうと、別の業者から借入できなくなってしまうので、注意してください。今すぐにお金が必要だとしても、焦って行動するのは禁物です。

おまとめローンで借り入れ先を減らそう!

他社借り入れがあると審査は不利になるので、おまとめローンを利用して借入件数を減らすことをおすすめします。

おまとめローンとは複数の借金を一つにまとめるもので、借入件数を一気に減らすことができます。

3つの業者から借金をしている人よりも、1社からのみ借金をしている人の方が確実に審査に通りやすくなります。

そのため他社借り入れ件数が3件を超えている方は、ぜひおまとめローンを活用して借入件数を減らすようにしましょう。

借金を一本化すると利息も安くなる

またおまとめローンを利用すると、毎月の利息を減らせるというメリットもあります。

カードローンやキャッシングでは貸付金額が高くなればなるほど、適用される金利は低くなります。

そのため複数の業者から少しずつ借りるよりも、一つの業者からまとめて借りた方が金利が下がって利息はお得になるのです。

また他社借り入れがある状態では審査が不利になりますが、おまとめ目的であればある程度借金を抱えていても考慮されます。

そのため複数の借金を抱えて返済に困ったときには、おまとめローンを活用することをおすすめします。

他社借入のある方におすすめのカードローン

最後に当サイトが選ぶ他社借り入れのある方におすすめのカードローンを紹介していきます。

借金を抱えている方でも審査に通りやすいカードローンを中心に選んでいるので、審査が不安な方はぜひ参考にしてください。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」-468-60-20160808

金利 1.8%~14.6%
限度額 500万円
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳から65歳未満の方
  • 原則的に安定した収入のある方
  • 株式会社アコムからの保証を受けられる方
申し込み方法
  • ネット申し込み
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
必要書類
  • 身分証明書
  • 収入証明書※限度額200万円以上必要

三菱東京UFJ銀行カードローンは、テレビ窓口を利用すれば申し込みから最短40分で融資を受けることができます。

また銀行カードローンなので、総量規制に関係なく融資を行うことも可能です。

限度額500万円で下限金利1.9%は業界最低金利なので、おまとめや借り換えローンにもおすすめです。

新生銀行カードローン「レイク」

新生銀行カードローンレイク-468-60-20160930

金利 4.5%~18.0%
限度額 500万円
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳から70歳未満の方
申し込み方法
  • ネット申し込み
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
必要書類
  • 身分証明書
  • 収入証明書※限度額100万円以上必要

新生銀行カードローン「レイク」は、元々消費者金融だったこともあり審査基準が柔軟です。

また上限金利も消費者金融と同じく18.0%なので、他の銀行よりも審査に通りやすいというメリットもあります。

初めて利用する方は最大180日間の無利息期間サービスも行っているので、利息もお得に抑えることができます。

オリックス銀行カードローン

468x60c

金利 3.0%~17.8%
限度額 500万円
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳から69歳未満の方
  • 原則的に安定した収入のある方
  • 日本国内に居住している方
  • オリックスクレジット・新生フィナンシャルの保証を受けられる方
申し込み方法
  • ネット申し込み
必要書類
  • 身分証明書
  • 収入証明書※限度額300万円以上必要

オリックス銀行カードローンは、最大800万円まで融資可能なカードローンです。

審査基準が異なる2つの保証会社を用意しているので、幅広い方が利用できるようになっています。

上限金利も高いので他の銀行よりも審査に通りやすいのでおすすめです。

まとめ

他社借り入れがあるとカードローンの審査は不利になってしまいますが、おまとめローンや借り換えローンを上手に活用することで、審査を有利にすることもできます。

他社借り入れがあるから審査に落ちるのでは…と不安な方は、ぜひこの記事で紹介したカードローンを利用してみてください。