未成年でもキャッシングは利用できる?

シェアする

考えるセーラー服の女子

お金のピンチに成人も未成年も関係ありません。友達との飲み会や、サークル活動、恋人とのデートなど、未成年だってお金のかかるイベントが日々あふれかえっています。アルバイトで稼いだお金だけでは、とてもまかないきれない時もあるでしょう。そんな時は、友達にお金を借りるのではなくて、専門の業者から融資を受ければ恥ずかしくありません。今回は、未成年のキャッシングについてお伝えします。

未成年でもキャッシングは利用できる!

結論から先に言うと、未成年でもキャッシングの利用は可能です。ただし、これには条件があります。たとえば大手消費者金融のキャッシングでは、仮に親の同意があったとしても、20歳に達していない未成年がお金を借りるのは難しいと言われています。しかし、中小の学生ローンなら、18歳以上で安定した収入があれば融資を受けられる業者があるのです。このように、未成年でもお金を借りる方法はいくつかあります。どうしてもお金が足りない時は諦めずに、未成年でも借入OKの業者を探してみてください。

お金が足りない時、恥をしのんで友達や恋人に「お金を貸してくれない?」と声をかけた経験がないでしょうか。勇気を出して頼んでみたのに断られてしまったら、今後のお付き合いで気まずさが残ってしまいますし、恥ずかしいですよね。そんなお金に困ったときは、身近な人に借りるよりも専門の業者から融資を受けた方がスマートです。お金が足りないなら、誰にも知られずにお金を借りて無理なく返済できるキャッシングの利用をおすすめします。

親の同意書は絶対に必要?

未成年でもキャッシングでお金を借りたいなら、18歳以上でも借入できる学生ローンに申し込みしましょう。ただし、こういった学生ローンの申し込みの際には、親の同意書が必須となります。説得するのが難しいかもしれませんが、自分の責任で返済する旨をきちんと伝えた上で、あとは親御さんに信頼してもらうしかありません。

逆に、未成年OKで親の同意書なしの融資サービスを見かけたら、少し怪しんでみるくらいが丁度いいでしょう。世の中には、甘い言葉をかけて未成年の方を巧みに罠に陥れる、違法な業者が存在します。もしも「親の同意書なしで借りられるよ」なんて声をかけられたとしても、それを鵜呑みにしてはいけません。違法な悪質業者からお金を借りてしまうと、後々事件に巻き込まれる可能性もあるのです。未成年ということであれば、親御さんに知られてしまうのは仕方がないと割り切ってしまうのが、安全にお金を借りるためのポイントかもしれませんね。

同意書の偽装は絶対にやめよう

親御さんにキャッシングを利用している事実を知られたくないあまり、保護者の同意書を偽装しようとしていませんか? キャッシングの申し込みには、「審査」と言って申し込みした人の情報や支払い能力を確認する段階があります。不正をすると、審査に落ちてしまうだけでなく、その後にお金を借りる際にも不都合が生じます。どうせバレないだろうと軽い気持ちで不正をしてしまうと、その後に自分が苦労することになりますから、お気をつけください。

クレジットカードのキャッシング枠を有効活用しよう

未成年がキャッシングを利用できる可能性がもっとも高いのが、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法です。クレジットカードのキャッシングとは、通常のクレジットカードの機能の他に、融資を受けられる機能をつけて、お金を借りることです。カード会社によっては、収入が安定していたり既婚者であったりすれば、審査に通れるようになっています。ただし、借入できる金額は5~10万円と、社会人と比べるとかなり制限があります。クレジットカードの申し込みをしたついでに、便利なキャッシングの機能をつけてみてはいかがでしょうか?

結婚していれば未成年でもキャッシングできるの?

未成年の結婚は、両親の同意があればできるようになっています。男性は満18歳以上、女性は満16歳以上で結婚できると、法律で決められているのです。そして、既婚者は民法上「成人」として扱われるようになっています。つまり、結婚していれば未成年でもキャッシングを利用できると覚えておきましょう。ただし、万が一返済などに不都合が生じてしまった際には、責任は親御さんではなく自分たちで負わなければなりませんから、お気をつけください。

未成年でも条件つきでキャッシングを利用できる

未成年のキャッシングは、条件をクリアすれば利用可能です。学生ローンは未成年でも申し込みできますが、申し込みの際には保護者の同意書が必要となります。また、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法もあります。既婚者であれば、自分の責任のもとでお金を借りることができます。このように、いくつかの方法がありますから、もっとも使いやすいものを選んでみてください。