金融会社とは?すぐにお金を借りられる業者はどこ?

腕時計を見る女性

どこからお金を借りればいいのか分からないあなた。

融資が必要なら金融会社を利用すべきですが、金融会社にも様々な種類があるので分からないことも多いでしょう。

そこでこの記事では金融会社とは何なのかという基本的な知識から、即日融資可能な金融会社を紹介していきます。

まずは金融会社について解説していきますので、金融についての基本的なことを学びたいという方もぜひ参考にしてください。

金融会社とは?

金融会社とは金融取引を行うあらゆる会社のことを指します。

たとえば顧客から預金を預かる銀行。また顧客が投資したお金で証券の売買を行う証券会社。また掛け金に対して保証業務を行う保証会社も金融会社にあたります。

金融会社は余ったお金を必要なところに回し、さらに財を生み出していくことを目的としています。

しかし現代ではお金と生活は切り離せないほど密着しており、お金を取り扱う金融会社は国民の生活に大きく影響をおよぼします。

そのため金融取引の多くは国や都道府県から認可を受けた金融会社しか行うことができず、信頼できる企業しか生き残れないようになっています。

また金融会社の中には個人への直接融資を行う業者も多く、中には申し込んだその日のうちに融資を受けられる会社もあります。

すぐにお金に困っているときには、個人融資に対応している金融会社を利用するといいでしょう。

記事の後半では当サイトがおすすめする即日融資可能な金融会社も紹介しています。急いでお金が必要な方はそちらからご覧になるといいでしょう。

ここからはさらに金融会社を細かく分類して、解説していきます。

主な金融会社の分類

銀行

銀行法を基に営業を行う金融会社です。

顧客から預金を受け取り、貸出や投資を行って資金を増やすことを目的としています。

また中央銀行では通貨を発行しており、市場への通貨の流出量もコントロールしています。その他公定歩合の調整などを行って、市場経済の安定を図るのも重要な業務です。

金融会社の根幹ともいえる重要な金融機関なので、公共性が非常に高いのも特徴です。

最近では銀行カードローンと呼ばれる個人への貸し付けサービスにも力を入れており、低金利で利便性も高いことから人気を集めています。

【代表的な銀行】

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

保険会社

保険業法を基に営業を行う金融会社です。

顧客から保険料を集め、万が一のトラブルの時には保険金を支払い、金銭上の問題を解決することを目的としています。

大勢の顧客がお金を出し合って互いに補助することで成り立っており、保険会社は保険料と保険金の収支で利益を上げてはならないため、相互補助のための仲介業者の働きをしています。

保険には大きく分けて生命保険と損害保険に分かれており、それぞれ内閣総理大臣の許可を受けた業者しか行うことができないようになっています。

【代表的な保険会社】

  • アクサ生命保険
  • 住友生命保険
  • 明治安田生命保険

証券会社

金融取引法などの法律を基に営業する金融会社です。

株式や債券などの有価証券の売買の仲介を行っており、顧客から預かった資金で投資を行うこともあります。

最近ではネット上で営業を行う証券会社も増えており、外資系や他ジャンルの金融会社の参入も積極的になっています。

【主な証券会社】

  • 野村証券
  • 大和証券
  • SMBC日興証券

貸金業者

貸金業法を元に営業を行う金融会社です。

個人の消費者や事業者を対象に融資を行っており、国や都道府県から認可を受けなければ営業することはできません。

貸金業者といえば消費者金融を思い浮かべる方も多いですが、キャッシングを行うクレジットカード会社も貸金業者に含まれます。

ただし銀行や保険会社などが行う融資は貸金業法ではなく、それぞれ適用される法律に基づいて行われます。

貸金業者はあくまで消費者や事業主への融資をメイン業務とする金融会社なのです。

そのため急いでお金を借りたいのであれば、貸金業者を利用することをおすすめします。

【主な貸金業者】

  • アコム
  • SMBCコンシューマーファイナンス
  • アイフル

すぐにお金を借りるなら貸金業者

貸金業者は融資をメイン業務としているので、他の金融会社よりも審査が早いのが特徴です。

消費者金融であれば申し込みから30分程度で審査が終わり、即座に融資を受けることができます。

ただし貸金業者は資金を自社で集めることができないため、銀行などから融資を受けて顧客へ貸し付けを行わなくてはいけません。

そのため銀行などの融資を比べて金利が高くなってしまうのです。

急いでお金を借りたいのであれば貸金業者がおすすめですが、長期返済の大口融資を考えているのであれば他の金融会社を利用した方がいいでしょう。

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングは、サービス内容は非常に似ていますが、基準となる法律が異なるので違う部分も多いです。

まず消費者金融の融資は貸金業法で定める総量規制の対象となります。総量規制とは年収の1/3を超える貸付を禁じる規制のことです。そのため消費者金融から高額の融資を受けることは難しいのです。

一方銀行カードローンの基準となる銀行法では、総量規制は規定されていません。そのため年収に関わらず自由に貸付を行うことができます。

こうした法律の違いもあって、今では消費者金融よりも銀行カードローンの方が、個人への貸付残高は高くなっています。

最近では銀行カードローンの過剰貸付も社会問題となっており、近々新しい法律で規制されるのではと噂されています。

即日融資可能な金融会社

ここからは即日融資に対応している金融会社を紹介していきます。

消費者金融だけでなく銀行カードローンなども合わせて紹介していくので、あなたの要望に適した金融会社を利用するようにしましょう。

プロミス

プロミス-468-60-20150702

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
申し込み方法
  • ネット
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭
業種 消費者金融

三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスが運営するのが「プロミス」です。

プロミスが開発した最短30分の審査を可能とする「スコアリングシステム」は、消費者金融業界のサービスを格段に向上させました。

申し込みから1時間程度で融資を受けることができ、初めて利用する方には最大30日間の無利息期間サービスもあるのでお得です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」-468-60-20160808

金利 1.8%~14.6%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
申し込み方法
  • ネット
  • テレビ窓口
業種 銀行

最も人気のある銀行カードローンの一つがこのバンクイックです。

テレビ窓口を利用すれば最短40分程度で融資を受けることができ、消費者金融よりも早く融資を受けることができます。

銀行カードローンということで、消費者金融よりも上限金利が4%程度低いので、サラリーマンを中心に人気を集めています。

セディナカードローン

金利 18.0%
限度額 200万円
審査時間 最短即日
申し込み方法
  • ネット
  • 電話
  • 郵送
業種 信販会社

信販会社であるセディナのカードローンは、ネット申し込みから即日融資に対応しています。

ハローキティのカードデザインを選べるなど、女性でも利用しやすいサービスとなっています。

信販系会社で即日融資に対応しているところは珍しく、初めて利用する方には最大7日間の無利息期間サービスもついています。

アコム

アコム-468_60-20160517

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
申し込み方法
  • ネット
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭
業種 消費者金融

大手消費者金融の中で最も審査に通りやすいのがアコムです。

総量規制に引っ掛からなければ最大800万円まで融資を受けることができ、借り換えやおまとめローン商品も用意しています。

手っ取り早くお金を借りたいときにおすすめの金融会社です。

新生銀行カードローン「レイク」

新生銀行カードローンレイク-468-60-20160930

金利 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
申し込み方法
  • ネット
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭
業種 銀行

元々消費者金融でしたが、貸金業法の改正に合わせて銀行カードローンへと生まれ変わりました。

消費者金融時代のスピード審査は健在で、最大180日間の無利息期間など銀行だからできるサービスも人気を集めています。

消費者金融を利用することに抵抗があるという方におすすめの銀行カードローンです。

まとめ

一言に金融会社といっても、広義の意味でとらえれば膨大な数にのぼります。

今回は今すぐお金を借りたい方におすすめの金融会社を紹介しましたが、用途に合わせておすすめの金融会社は異なるのでご注意ください。

今すぐ借りたいのであれば、即日融資に対応している消費者金融か銀行カードローンを利用するようにしましょう。