住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

住宅モデルとお金

住宅ローンを抱えていると、頻繁に銀行から借り換えのDMが届くことも多いものです。
現在の住宅ローンから借り換えというと、手続きが面倒では?と思っている人も少なくないでしょう。
現在ではメリットの多い住宅ローン商品もいろいろ出てきています。
借り換えのメリットとデメリットについて知っておきましょう。

住宅ローンの借り換えとは?

現在の住宅ローンを新しい住宅ローンに変えたいと思っても、同じ金融機関で借り換えをすることはできません。
別の銀行で現在の住宅ローンの残高を借入して、そのお金で住宅ローンを支払っていくことを借り換えと言います。

住宅ローンの借り換えの方法は?

借り換えの方法は、新規で住宅ローンを借入した時とほぼ同じです。
年収や住宅の担保価値などの審査があり、それに通れば借り換えをすることができます。
銀行ローンだけでなく、住宅金融支援機構など複数の住宅ローンを借り入れている場合は、基本的には両方合わせての借り換えとなります。

借り換えのメリットは?

住宅ローンの借り換えには、さまざまなメリットがあります。

返済額が削減できる

住宅ローンの借り換えのメリットは、返済額が削減できるということです。
金利が低い住宅ローンに変えれば、その分の返済が減ります。
長い期間返済をしていくものですから、わずかな金利の差でも、総支払額は低くなります。
また、返済期間を延ばして、月々の返済額を少なくする借り換えもあります。

金利タイプの変更ができる

変動金利タイプで借入をしていたが、金利が上昇することが考えられるため、固定金利タイプに切り替える、もしくは、固定金利タイプで借入をしている場合、金利の低い変動金利に切り替えるなどといった変更ができます。

借り換えのデメリットは?

メリットだけではなく、デメリットもおさえておきましょう。

借り換えには諸費用がかかる

借り換えをする際には、保証料や手数料、抵当権の付け替えなどもあり、一時的にまとまった金額が必要となります。
しかしそれらの費用も含めて借り換えをすることができます。

金利タイプの変動はリスクがある

固定金利の場合金利が高く設定されているため、変動金利にしたいと考えることもあるでしょう。
しかし、将来金利が上昇した場合は、変動金利だと返済額が増える可能性があるということです。

借り換えができない場合もある?

メリットのある住宅ローンの借り換えですが、それができないケースがあります。

現在の住宅ローンで滞納がある

現在住宅ローンを滞納している場合はもちろん、過去に滞納したことがある場合も借り換えは難しいでしょう。

返済負担率が増えている

借り換え後の住宅ローンの返済負担率が基準をオーバーしていると、審査に通らない場合があります。
例えば住宅ローンを組んだ後に、自動車ローンや教育ローンなどで借入が増えた場合は返済負担率が高くなってしまうことが多いです。

物件の価値が著しく落ちている

購入時よりも住宅の価値が大幅に下がった場合は、担保価値割れとなり借り換えができなくなることがあります。

借り換えのシミュレーションをしてみる

返済額が減るのはうれしいことです。
借り換えは手続きも必要ですし、再審査も必要です。
費用もかかりますが、将来的に返済額が減るのであれば借り換えを考えてみてもいいでしょう。
現在の住宅ローンと、借り換え後の返済をシミュレーションしながら検討してみることをオススメします。