クレジットカードの現金化とは?違法なの?

クレジットカード

「クレジットカードの現金化」という言葉を聞いても、あまりピンと来ないかもしれません。実はこの数年で、クレジットカードの現金化によって利益を得る業者が急増し、それに伴う被害も続出しているといわれます。ここでは、クレジットカードの現金化の何が問題で、どんなリスクがあるのか、詳しく説明します。

ここが危ない!クレジットカード現金化

クレジットカードを利用する目的は、手持ちのお金がなくてもカード1つでショッピングを楽しむことにあります。そんな本来の目的からは大きく逸脱したクレジットカードの現金化には、さまざまなリスクと問題点が潜んでいることを認識する必要があるでしょう。

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードで得た商品を古物販売業の業者に売却して現金を得ることをいいます。古物業者への売却は、購入額より安値で取引され、業者はその差益で儲けを生み出し、クレジット利用者は手頃に現金が手に入ることから、双方にメリットがあるシステムにも映ります。

しかし、そもそもこの方式で利益を得たり、現金を手にしたりするビジネスが合法かどうか、という問題があります。現時点では、クレジットカードで得た商品を現金化する商行為を取り締まる法律は存在しません。つまり、違法とはいえないまでも、決して合法とはいえない側面があるのです。

クレジットカードが使えなくなる?

最初に申しました通り、クレジットカードは商品購入を前提としたサービスです。利用者は業者が提示した契約内容に合意し、クレジットカードを利用しています。利用目的に反したクレジットカードの現金化は利用契約違反となり、業者側から重大なペナルティが課せられる怖れがあります。

考えられるペナルティは、クレジットカードの利用停止処分です。契約を結んだ業者のクレジットカードは、二度と利用できなくなるかもしれません。また、ブラックリストにその情報が登録され、他社でも契約を結んでもらえなくなる怖れも十分考えられるでしょう。

悪徳業者に要注意!クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化に潜むリスクは、クレジット業者からペナルティ処分を食らうことだけではありません。中には、現金が手に入ると甘い言葉を口にして、キャッシュバックされず騙されるという被害例もあります。利用者の心理を悪用した悪徳業者の存在も十分認識する必要があるでしょう。

悪徳業者が多い実態

基本的に、クレジット契約を結んで商品を売却し、キャッシュバックを狙っている利用者は、借金があったり、多重債務に苦しんでいたりする人が多いといいます。そんな利用者の弱みにつけ込んで近づいてくるのが悪徳業者で、以下のような被害が報告されています。

・キャッシュバックを得る対価として、法外な手数料を請求された
・商品を購入したけど、約束のお金が振り込まれなかったり、キャッシュバックがされなかったりして損害を出した
・個人情報が流出してヤミ金業者から勧誘の電話がさかんに入るようになった

貸金業法の改正で、以前よりヤミ金業者が減って簡単にはお金が借りられなくなってしまいました。それと同時に、クレジット現金化業者のような法律スレスレの商売で利潤を得るグレービジネスが横行するようになったともいえます。利用者側もおいしい話ばかりではないことに十分留意する必要があるでしょう。

トラブルを回避するには

トラブルも多いクレジットカードの現金化。リスクや危険なトラブルを回避するには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?よくある悪質な現金化業者の手口を紹介し、トラブルに巻き込まれない自己防衛策を立てましょう。

手口として多いのが、「甘い言葉を使って勧誘する」です。例えば、「還元率98%」「業者公認」といったうたい文句をホームページなどで掲げている業者は、要注意といえます。

とくに、“業者公認”という文句には、利用者を安心させる心理作用があります。「クレジット業者が公認しているのであれば、現金化しても大丈夫だな」と思い込み、いざ契約を結んでみると、現金が振り込まれなかった…。ということも。クレジット業者が現金化など公認することは、まず考えられません。誇大広告や甘いうたい文句をそのまま受け止めない情報リテラシーこそ、最大のトラブル回避策といえるかもしれませんね。

例え困っても、クレジットの現金化は慎重に

クレジットカード業者が、現金化を公認するようなことはまず考えられないとみていいでしょう。クレジットの購入商品に関する商取引は、業者も認めていなければ、国や行政が許可を出している事実もありません。確かに違法とは言い切れないとはいえ、真っ当な商行為ともいえません。悪徳業者に騙されて被害を受けることも予想されますので、クレジットの現金化行為には慎重になる必要があるでしょう。