クレジットカードのキャッシングは海外でも利用できるの?

マンハッタンの風景

旅行などで海外を訪れた際は現地の通貨を用意しなければなりません。そんなときに利用していただきたいのが、ATMでクレジットカードを使ったキャッシングです。意外とご存知ない方が多いのですが、クレジットカードのキャッシングは海外でも利用できます。むしろ、海外でこそキャッシング機能は真価を発揮するといっても過言ではありません。今回は海外でクレジットカードを使ったキャッシングを行う方法や、海外キャッシングのメリットをご紹介します。

海外キャッシングの利用方法

クレジットカードさえあれば海外でも大抵の買い物はできてしまいます。しかし、やはり現金が必要になる場面も多々訪れるものです。長期間の滞在であれば現地に銀行口座を作って日本の口座から送金してもらうのも手ですが、短期間の旅行程度であればそれも手間になってしまいます。便利なクレジットカードを使ったキャッシングの利用方法を覚えておきましょう。

キャッシングはATMで

海外旅行未体験の方はイメージしづらいかもしれませんが、発展が進んでいる国であれば街のいたるところにキャッシュディスペンサー・ATMが点在しています。クレジットカードを使ったキャッシングは、こうしたATMなどで行うのです。キャッシングが利用できるATMにはVisa、MasterCardといったクレジットカードの名前、もしくは「Plus」という文字が記載されているので、こちらを利用しましょう。

JCBのカードは注意が必要

日本発のJCBカードは海外での利用に弱いという話を聞いたことがあるかもしれません。実際に海外ではJCBカードを使えないお店がまだまだ多いようです。キャッシングについても同様にJCBは不便と言わざる負えない状況です。JCBが採用しているキャッシングの国際規格「Cirrus」に対応しているATMならキャッシングを利用できるようですが、訪れる国のATMがCirrusに対応しているかどうかはあらかじめ調べておいた方がいいでしょう。いずれにせよショッピングの利便性を考えると、VisaかMasterCardを用意しておいたほうが無難かもしれません。

いざキャッシング

対応ATMが見つかればいよいよキャッシングです。暗証番号は必ず必要になるので覚えておきましょう。キャッシング自体は簡単な英語がわかればそれほど難しくありません。暗証番号「PIN」という言葉は少なくとも覚えておきましょう。現金が出てきたら、必ずレシートを控え、クレジットカードをしっかりと引き出すのを忘れないようにしてください。

危険はすぐそこに!周囲に気を付けて

いくら治安のいい国でも、海外にいるという意識を忘れてはいけません。キャッシングでまとまったお金を手に入れるときは尚更です。まずは、カードの挿入口に何か怪しげな機械が装着されていないか十分確認しましょう。また、ATMの操作中やお金を手に入れた後も十分に警戒が必要です。操作中に話しかけられても絶対にATMや自分のクレジットカードから目を離してはいけません。お金を手に入れたら速やかにその場を立ち去りましょう。

外貨両替よりお得!海外キャッシングのメリット

現地で外貨を用意する方法として一般的なのは両替です。外貨両替所は銀行や空港にあり、その時のレートに応じた両替を行ってくれます。しかし、この両替よりもクレジットカードを利用したキャッシングの方が便利でお得な場合があるのです。

手数料を考えると海外キャッシングの方が安くすむ場合も

海外で通貨の両替経験したことがある方ならご存知かと思いますが、両替では額に応じた手数料が発生します。たとえば日本円をドルに換える場合、1ドルあたりの手数料は約3円です。つまり10万円を1,000ドルに換えた場合、手数料は約3,000円ということですね。一方、金利0.18%で1,000ドルをキャッシングした場合、15日後に返済すれば利息は739円です。ATMの手数料も200円程度ですから、明らかにキャッシングの方が安いことがわかります。長期滞在しないのであればキャッシングのほうがお得です。

帰国後はすぐに返済を!

当然ですが利息は借入期間が長ければ長いほど大きくなります。帰国してからうっかりしていると利息がどんどん大きくなりますので、帰国後は速やかに全額返済してしまうのがベターです。また、利息の問題から、キャッシングはあくまで短期間の旅行に適してします。留学などで長期滞在するのであれば、現地の口座を開設しお金を管理したほうがいいでしょう。

海外では現金を持ち歩くリスクが高い

手数料を気にしないのであれば両替所で多額のお金を一気に両替してもいいでしょう。しかし、海外ということを考えるといつ何時トラブルに巻き込まるかわかりません。基本的に買い物はカードですませ、現金が必要なときだけキャッシングを利用するのが賢明です。海外で財布を盗まれると、クレジットカードは利用されずに済むことが多いようですが、現金はほとんどの場合抜き取られてしまいます。