三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行のカードローンは、限度額が800万円で金利も安定しており、銀行カードローンの強みをすべて持ち合わせています。

金利や限度額など、更に優れた銀行カードローンもありますが、日本有数の規模を誇るメガバンクなため、信頼感が違うでしょう。

目次

三井住友銀行カードローン基本スペック

審査時間 最短30分
即日融資 可能
限度額 800万円
実質年率 4.0%~14.5%(限度額ごとに変動)
申し込み条件
  • 満20歳~69歳以下の方
  • 原則毎月安定した収入のある方
  • 指定する保証会社の審査に通る方
自動契約機
借り入れ方法
  • 提携ATMによる借入
  • 自働融資
返済方法
  • 指定口座からの引き落とし返済
  • 指定口座への振込返済
  • 提携ATMからの入金
必要書類
  • 本人確認書類の写し
  • 所得証明書の写し(限度額300万円以上)

三井住友銀行カードローンでは、限度額800万円と4.0%~14.5%の金利と、銀行カードローンとしては申し分ないスペックをもっています。
申し込み条件も満20歳から満69歳までと幅広く、プロミスのローン契約機を利用して申し込みも可能など、手軽さも売りのカードローンです。

三井住友銀行カードローンの審査

三井住友銀行カードローンでは、銀行カードローンでは珍しく即日で審査結果をお知らせ。
当日中の即日融資も可能となっており、最短30分で審査も終わるので大変便利です。
銀行カードローンでは珍しく、自動契約機から申し込めるのもおすすめポイントです。

ネット申し込みとローン契約機

三井住友銀行のカードローンはネット申し込みはもちろん、グループ企業であるプロミスの自動契約機も利用できます。
自動契約機が利用できる銀行カードローンは珍しく、申し込みには柔軟なカードローンといえるでしょう。

ネットから最短30分間の簡単申し込み

三井住友銀行カードローンはネットから最短30分で審査を終わらせることができ、審査結果も21:00まで回答しています。
ネットから即日融資が可能な銀行カードローンは珍しく、夜まで審査回答しているため、仕事が終わってから申し込みが出来るメリットがあります。

プロミスのローン契約機から申し込み可能

三井住友銀行カードローンでは、SMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」のローン契約機からも申込み可能です。
最近では三菱東京UFJ銀行がテレビ窓口とよばれる自動契約機を導入しましたが、三井住友銀行は、銀行カードローンの中では、数少ない自動契約機から申し込みが可能なカードローンなのです。
ローン契約機では、消費者金融のように簡単な申し込みで借り入れができ、ローン専用のカードもその場で受け取れるため、手軽にATMから借り入れが出来るようになり便利です。

三井住友銀行の口座を持っていなくても大丈

三井住友銀行カードローンは口座を開設していなくても申し込み可能です。
通常、銀行カードローンであれば、自社の口座を持っている必要があり、口座開設に時間がとられますが、三井住友銀行のカードローンは口座を持っていなくても即日融資が可能です。

三井住友銀行口座を持っているとメリットがたくさん

三井住友銀行カードローンは、既に口座を持っている方にも多くのメリットがあります。
ネットバンキングサービスを利用することで、パソコンの前から一歩も動くことなく、申し込みから借り入れまで終わらせることができます。
また、現在利用しているキャッシュカードがそのままローンカードとなるため、カードの配送を待つことなく、即座にATMから借り入れ可能です。
ローンカードを人前で利用するのは抵抗がありますが、普段利用しているキャッシュカードであれば、周囲から借金をしているとばれることもなく安心です。

カードローンの契約でATM手数料が無料に!

三井住友銀行のカードローンに契約して、普段利用している三井住友銀行の口座を返済用口座に指定すると、ATMの時間外手数料が無料になります。
一回の手数料では100円程度しかとられず、引かれるのも預金なため、手数料をあまり気にしない方も多いですが、手数料は回数が重なれば意外と出費になるものです。
0.数%の金利を気にするのも重要ですが、手数料を節約するのも大切です。

三井住友銀行カードローンの審査の流れ

SMBCダイレクトに契約している方

SMBCダイレクトに契約している方は、会員ページから申し込みが可能です。

入力する必要事項が少ないため、すぐに申し込み手続きを終わらせることができます。

また最短30分で審査が終わり、審査が終わったあとはすぐにネットバンキングで融資を受けることができます。

融資までのスピードが一番早いので、SMBCダイレクトに契約している方は会員ページから申し込むことをおすすめします。

三井住友銀行のキャッシュカードを持っている方

SMBCダイレクトと契約していない方でも、三井住友銀行のキャッシュカードを持っていれば、WEB完結申し込みが利用可能です。

申し込みから融資までWEB上の手続きで完結させることができ、本人確認も必要ありません。

また手持ちのキャッシュカードでそのまま借り入れできるので、周囲の人にカードローンを利用しているとばれることもありません。

※別途ローン専用カードを発行することも可能です。

三井住友銀行の口座を開設していない方

三井住友銀行の口座を持っていない方は、契約する際に本人確認書類を提出しなければなりません。

時間がないという方は、自動契約機を利用して本人確認書類を提出するようにしましょう。

自動契約機を活用することで、当日中にカード発行まで終わらせることができます。

郵送にて書類提出した場合には、融資まで最短でも1週間程度かかると考えておきましょう。

三井住友銀行カードローンの金利

三井住友銀行カードローンは下限金利4.0%、上限金利は14.5%です。
他の低金利銀行カードローンと比べると、そこまで金利が低いとはいえません。
しかし、限度額が800万円までであることを考えると、銀行カードローンとしては平均的な金利といえます。

三井住友銀行カードローンの金利早見表

100万円以下 12.0%~14.5%
200万円以下 10.0%~12.0%
300万円以下 8.0%~10.0%
400万円以下 7.0%~8.0%
500万円以下 6.0%~7.0%
600万円以下 5.0%~6.0%
700万円以下 4.5%~5.0%
800万円以下 4.0%~4.5%

三井住友銀行カードローンの金利は、100万円ごとに大きく変動します。
通常のカードローンと同じく、借り入れ限度額に応じた変動金利システムを採っているため、限度額は出来るだけ高く申し込んだ方がお得です。

三井住友銀行カードローンで50万円を借りた利息を比較

三井住友銀行カードローンから50万円を借りた場合

限度額 実質年率 発生利息
~800万円 4.0% 1,643円
~300万円 10.0% 4,109円
~100万円 14.5% 5,958円

三井住友銀行カードローンは、限度額に応じて利息がどんどん変動します。
下限金利と上限金利で比較すると、一ヶ月で4,315円差額が発生するようになっており、限度額は上がれば上がるほどお得になることが分かります。

大手銀行カードローンの金利水準

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%~14.5%です。
これはメガバンクとしては平均的なレベルですが、消費者金融系カードローンと比較すればかなり低いと言えます。
借入利率は変動金利を採用しているため、金融情勢に応じて変化します。
借入残高は100円単位で金利が付利されますが、日割によって計算される仕組みです。

おまとめローンとしての金利

三井住友銀行カードローンは低金利な上、総量規制対象外という商品特性からもおまとめローンにも向いているともいえます。
銀行系おまとめローンの審査は一般的に厳しめです。
しかし、プロミスとの提携もある三井住友銀行のおまとめローンは、他の銀行系カードローンと比べると若干緩いという意見もあります。
一定の返済実績がある人なら、おまとめローンを組むときには有利な金融機関でしょう。

限度額の高さ次第で金利は下がる

三井住友銀行カードローンの魅力は契約時の限度額の高さです。
最高800万円まで借入可能で、10万円単位で希望する契約極度額を選ぶことができます。
借入額が増えるほど金利が下がるため、考え方次第ではお得と言えるかもしれません。
三井住友銀行カードローンでは、300万円以上を借り入れる場合、年収証明書を準備する必要があります。
なお、お客様の取引状況次第で契約限度額は変わるため注意が必要です。

三井住友銀行カードローンは利用限度額が高く設定されている人ほど金利が低くなっています。
電話、ローン契約機などで増額を申し込んでみるというのもひとつの方法です。
しかし、増額にあたっては再度審査が行われることになっているので、延滞など審査に有利とはいえない返済状況にある人は気をつけましょう。

住宅ローンの利用で金利を下げる

三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行の住宅ローンを併用している場合、金利を下げてもらえることもあります。
ただし、住宅ローンの方を先に契約している必要があります。
また、これも住宅ローンの返済に遅延等があると審査をはねられてしまうので、くれぐれも返済はしっかりと行うようにしましょう。

ただし、住宅ローンと一口にいってもさまざまなものがあります。
住宅支援機構直接融資だけを利用している、長期固定金利型住宅ローン<フラット35>のみを利用しているといった場合には、三井住友銀行カードローン金利引下げの対象外になるので要注意です。

遅延損害金が発生するリスク

三井住友銀行カードローンの返済に遅れてしまうと、遅延損害金が発生してしまいます。
遅延損害金とは、本来、借金を返済する期日にお金が返せなかった場合に発生する損害賠償です。
本来の利息とは異なりますが、遅延利息と呼ばれることもあるため、確認しておくとよいでしょう。

三井住友銀行カードローンの遅延損害金の金額は、借入残高に対して年利19.94%を掛けた金額です。
さらに、金利は別に発生してしまいます。
カードローンの借入残高が増えてしまうので、返済には遅れないようにしましょう。

三井住友銀行カードローンの返済方法

以上のような長所・短所のある三井住友銀行カードローンですが、気になる返済方法はどうなっているのでしょうか。

返済は三井住友銀行口座が便利

三井住友銀行カードローンの返済は、三井住友銀行口座を持っていれば口座引落も利用できるので大変便利です。
しかし、他行の口座しか持っていない場合は振り込みによる返済をしなくてはいけいので要注意です。
三井住友銀行やゆうちょ銀行のATMのほか、ローソンやセブン-イレブンのATMを利用することができます。

オンラインバンキングによる返済

三井住友銀行カードローンではオンラインバンキングによる返済を利用できるのは三井住友銀行口座を開設している人にかぎります。
他行口座利用者は基本的にはオンラインバンキングによる返済はできません。

返済方式は残高スライド方式

三井住友銀行カードローンの返済方式は残高スライド方式です。
借入残高に比例して毎月の返済額が変動していくという方式です。
たとえば借入残高が50万円以下ならば返済金額は10000円、50万円以上100万円以下ならば15000円というように段階的にスライドしていくことが特徴です。
いずれにせよ、毎月の返済額を少額にできるのが特徴です。

繰り上げ返済のすすめ

毎月の返済額が少なくできる三井住友銀行カードローンは家計に優しい商品に見えるかもしれません。
しかし、長期的に考えると必ずしもそうとはいえません。
残高スライド方式では返済初期の返済額はほとんどが利息に消えてしまい、なかなか借入残高を減らすことができないという特徴があります。
借入残高が多いうちはなかなか金利も下がらず、返済総額は雪だるま式にふくらんでいきます。

そうならないためには繰り上げ返済がおすすめです。
繰り上げ返済分はすべて借入残高にあてられるため、早く完済したい人にはとくにおすすめです。

三井住友銀行カードローンのメリット

普段から三井住友銀行を利用しているとお得

  • キャッシュカードから借り入れ可能
  • 時間外ATM手数料無料
  • ネットバンキング・自動引き落とし返済

三井住友銀行のカードローンは、普段から三井住友銀行を利用している方には、多くのメリットがあります。
万が一に備えて、口座を持っている方はカードローンも契約しておくといいかもしれません。

300万円まで収入証明書が不要

三井住友銀行のカードローンは300万円まで収入証明書が不要なため、急いでお金を借りたい方には大変便利です。
収入証明書類は種類や会社によっては、発行までに時間がかかるものです。
自営業の方は収入証明書の発行に役所の手続きが必要なため、土日や夜間では発行することができません。
即日融資を希望している方などにとって、300万円まで収入証明書が不要というのは大きなメリットです。

メガバンクだからこその信頼と安心

三井住友銀行は日本を代表するメガバンクです。
消費者金融の利用を避ける方の中には、取り立てや金利が怖いという方も多いです。
しかし、三井住友銀行のカードローンであれば、安心してお金を借りることが出来るでしょう。
もちろん、取り立てが厳しくなくとも、返済はしなければなりませんが、法的整備が進んでいる銀行からお金を借りた方が、返済が苦しくなった際も安心感はあるでしょう。

三井住友銀行カードローンの○×チェック

無利息期間が用意されている? × ありません
レディースローンがある? × ありません
家族にばれることはない? 口座を持っていなくてネットで完結
収入証明書は提出しなくてはダメ? 300万円以内であれば必要ありません
在籍確認を回避できる? × 基本的に在籍確認が必要です。

三井住友銀行のカードローンは、口座を持っていなくてもネット完結で申し込み可能です。
300万円まで収入証明書が不要というのも、急いで融資を受けたい方には助かるでしょう。
銀行カードローンなので、在籍確認は必要ですので、お申し込みの際には事前準備をしておくといいでしょう。

三井住友銀行カードローンの口コミ&評判

お餅さん 男性 20代
アルバイト生活だったので、銀行カードローンは利用出来ないと思っていましたが、審査が簡単だとおすすめされていたので、勇気をもって申し込みました。
普段から三井住友銀行を利用していたので、ネットバンキングサービスなど利用できて助かりましたね。
想像していた銀行カードローンは、もっと審査も厳しくて、堅いイメージだったのですが、三井住友銀行は利用しやすくて驚きました。
越前さん 男性 30代
三井住友銀行カードローンは、プロミスの自動契約機が使えたので助かりました。ネット申し込みではすぐにローンカードを受け取れないと考えていたので、三井住友銀行カードローンは夜でもカードを受け取れて助かりました。ネット申し込みだと、カードを発行してから郵送されるまで、一週間程度かかると聞いていたので、自動契約機のあるカードローンを申し込んだ方が断然お得だと思います。