南郷信用金庫カードローン

シェアする

南郷信用金庫カードローン

宮崎県日南市に本店がある南郷信用金庫には、タイプ別にカードローンがあります。

「ミニカードローン」「カードローン300」「きゃっする500」「あんしん」「教育カードローン」の5つの商品であり、それぞれ利用限度額など、違った特徴があります。

今回は、その中の「きゃっする500」について紹介してきたいと思います。

南郷信用金庫カードローン「きゃっする500」の概要

金利 固定金利年5.8%~14.6%
限度額 10万円~500万円(10万円刻み)
申し込み条件
  • 南郷信用金庫の営業地区内に居住もしくは勤務していること
  • 満20歳以上65歳以下で、安定した収入がある
  • 信金ギャランティの保証を受けることができる
  • ご融資金額が一定額以上となる場合、南郷信用金庫の会員になることができる
利用用途 事業資金を除いて自由
必要書類 運転免許証など
担保/保証人 保証会社により不要

「きゃっする500」の申し込みについて

インターネットか携帯電話での申し込み

南郷信用金庫カードローンは、インターネットか携帯電話のモバイルサイトからの申し込みとなります。

仮審査となり、保証会社である信金ギャランティ株式会社と、同金庫による審査が行われます。その後は、本申し込みをするために、必要書類などを提出します。

手続き完了後にカードローン用のカードが郵送されてきて、ATMで借り入れが可能になります。

WEB完結型で申し込みすることも可能なのですが、同金庫の普通預金口座を所持していなかったり、届け出ている氏名や住所などに変更がある場合は、来店が必要となります。

申し込みの条件は?

ちなみに専業主婦の方でも、申し込みは可能です。

その場合は、融資限度額は50万円以下となります。また配偶者の方に安定した収入があることが必要となります。

この中で変わった条件としては、一定額の融資額の場合、会員になるというものでしょうか。南郷信用金庫は、宮崎県の地域に根付いた営業活動をしておりますので、地元の人であればそこまで抵抗はないでしょう。

「きゃっする500」の審査について

社内の独自基準による審査

カードローンの申し込みにあたって、南郷信用金庫と保証会社による審査が行われます。

内容は、社内の独自基準に基づいて行われるのですが、その際信用情報機関に登録された情報を照会します。

過去に、クレジットカードで滞納があったり、債権整理があった、他者に借り入れがあるなどの場合は、審査が厳しくなることが懸念されます。

最近では、携帯電話の割賦契約も、信用情報機関に登録されますので、もし携帯電話料金の滞納などをしてしまうと、同様に審査が厳しくなってしまいます。

在籍確認あり、連帯保証人は不要

審査の過程の中で、申込者の在籍確認が行われます。

自宅、携帯電話、あるいは勤務先に連絡をすることになるため、必ず電話には出られるようにしましょう。ただし、連帯保証人は必要ありません。

保証は、保証会社が行うことになり、自分で連帯保証人を用意する必要がないのです。また、保証会社に対し、保証料を支払う必要もないため、ご安心ください。

「きゃっする500」の金利について

消費者金融より低く、銀行系のカードローンと同水準

気になる金利は消費者金融と比べると低く設定されておりますが、他の金融機関のカードローンと比較すると、おおよそ同程度の水準です。

特に目立って低金利というわけではないということですね。この金利には、保証料が含まれております。

融資限度額は細かく申し込みできる

銀行系のカードローンとして、融資限度額が最大で500万円というのは非常に高く魅力的です。

なお、提出する書類は、運転免許証などの本人確認書類のみとなります。100万円以上の融資を希望する場合でも、所得証明書の提出は必要ないのは、非常にありがたいのではないでしょうか。

また、10万円刻みで申し込みでき、全部で50種類の中で融資限度額を決めることができます。利用者の経済状況に応じて細かく設定できるのも、利用しやすい点でしょう。

「きゃっする500」の返済について

残高スライド定額返済のみ

返済方法は、残高スライド定額返済のみとなっております。

これは、毎月10日の返済日の前日の借入残高に応じて返済額が決まるというものになります。最低返済額は、借り入れが30万円以下の場合の5,000円となっており、最大は50,000円です。

同金庫の普通預金口座から引き落としされ、もし10日が土日祝日であれば翌営業日の引き落としとなります。

なお、好きな時に返済できる随時返済は行っておりません。

借り入れはATMから

借り入れする時は、南郷信用金庫および全国の信用金庫、信用組合、農協、労金等提携金融機関のATM等で利用することができます。

セブン銀行などのコンビニATMには対応しておりませんので、24時間いつでも引き落としできるわけではありません。ただ、借入限度額の範囲内であれば、利用回数や一度の借入額は自由なので、使いたい時に使いたい額を借り入れすることが可能です。

また使い道に関しては、事業資金以外であれば問われません。

今回紹介した「きゃっする500」以外にも、南郷信用金庫は多種類のカードローンが用意されております。中でも、「きゃっする500」は、融資限度額が最大500万円と、最も大きな金額となっております。
自分の借り入れしたい額に合わせて、あるいは申し込み条件によって、どの商品を選択するのか決めるとよいでしょう。