在籍確認について

シェアする

電話をする女性

消費者金融などでキャッシングの申し込みをすると、審査の中で在籍確認をされるケースが多いです。
在籍確認というのは、キャッシング業者のスタッフが勤務先に電話をすることです。
そんな電話をされたら、借金をしたのがばれてしまう、と焦ってしまいますね。
しかし、そのような心配は無用です。
在籍確認の必要性やどのような方法で行われるのかについて、紹介しましょう。

在籍確認とはどのようなもの?

キャッシングを申し込んだ後、キャッシング会社から勤務先に電話をかけて、間違いなくその会社に勤務しているかどうかを確認するものです。
まれに行わないケースもありますが、在籍確認はほとんどのキャッシング会社がしていることです。
これは避けては通れないことです。

在籍確認で勤務先にキャッシングの申し込みがばれない?

在籍確認によって、勤務先に、キャッシングの申し込みをしたことがばれることはありません。
電話をかける際には、キャッシング会社名を出さずに個人名でかけるからです。
賃金業法においても、「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはいけない」と定められているので、在籍確認をする際もキャッシング会社名を名乗ることはありません。

勤務先によっては、「どちらの○○様でしょうか?」と聞かれることもありますが、その倍は「個人的な知り合いです」などと返答してくれます。

在籍確認は本人が電話に出るもの?

勤務先に電話をして、本人が出なくてもOKです。
外出している時もありますし、社内にいても席を外している場合もあるでしょう。
本人が必ずしも電話に出る必要はなく、本人がいるということが確認できればいいので、「外出しています」「席を外しています」といった返答でも大丈夫です。

在籍確認ができないと審査に落ちる?

在籍確認はキャッシングを申し込みと必ずといっていいほど行われるものですが、勤務先に電話をされるのは、どうしても困るというケースもあります。
例えば、個人名で電話がくることはありえない会社であったり、個人情報を保護するため、個人名の電話には対応していない会社であったりする、といったケースです。
その場合は、無理に在籍確認をせずに、他の方法で確認をします。

方法としては、その会社に勤務していることが分かる社員証や在籍証明書、給与明細書などを用意するという方法です。
キャッシング会社によっても確認の方法は異なるので、確認してみましょう。

ただし、審査の内容によっては、電話での在籍確認ができなかった場合は、借入金額の減額などになる場合もあります。

在籍確認後に審査が落ちてしまうケース

在籍確認は基本的に審査の最後に行われるとされています。
そのため、在籍確認までいけばほとんど審査に通過したようなものと考えていいようです。
ただし、在籍確認までいっても審査に通らないケースがあります。

例えば会社を退職していた場合、申し込み書類に記入した会社に勤務していないと判明した場合は、審査に落ちてしまうことになります。

在籍確認で不安な点があれば相談をしてみる

個人名で勤務先に電話をかけるといっても、中には「そういった電話は消費者金融からの電話」と分かってしまうケースもあるでしょう。
勤務先にはどうしても知られたくない、という場合は担当者に相談してみるといいでしょう。
最近では個人情報の保護やプライバシーの保護に配慮してくれるキャッシング会社も増えていますので、相談にのってくれるでしょう。