融資限度額について

シェアする

大金の写真

キャッシングやカードローンを申し込むと、必ず融資限度額が設定されます。
10万円だったり、50万円だったりといろいろですが、融資限度額とはどのように設定されるものなのでしょうか?
また、融資限度額が低いともっと増額をしてほしいと思うでしょう。
融資限度額の増額についても紹介しましょう。

融資限度額はどのような理由で設定される?

キャッシングなどに申し込むと、最初の融資限度額は50万円以下に設定されることが多いです。
総量規制がありますから、年収の3分の1を超える貸付はできないのが基本です。
さらに、年収に見合った返済能力があるかどうかを審査されるのですが、信用度がないため、低めに設定されることが多いのです。

取引実績がないと本当にきちんと返済してくれるのか?という点は分からないので、年収が高い、低い、といいった点は最初あまり関係ないと言われています。

融資限度額を増額してもらうために必要なこと

取引を続けていると、実績ができ融資限度額の増額の可能性が出てきます
ただし、誰でも増額できるものではありません。
増額してもらうには、次のような条件がそろっていることが大切です。

毎月きちんと返済していること

毎月しっかりと返済していれば信用度が高くなり、融資限度額の増額の可能性もあります。
しかし、1度でも延滞があると、増額できる可能性は低くなります
増額を期待するのであれば、返済は滞りなく行いましょう。

住所変更などの報告をきちんとしていること

住所や連絡先の変更、勤務先の変更などの報告をしっかりしていることも重要です。
変更があった場合は、その都度連絡をすることは契約書にも記載されていることであり、信用問題につながります。
変更が生じた場合は、すぐに連絡をしましょう。

他社から借入をしていないこと

他社から借入をしてそれを返済にしても、信用度は高くなりません。
そういった方法で返済をしていても、複数の消費者金融から借入をしていと、信用度が下がってしまいます。
借入する業者はできるだけ増やさないようにしておきましょう。

融資限度額の増額の方法は?

融資限度額の増額は、業者から連絡があります。
取引実績ができ、優良な利用者だと判断されれば、業者はもっと借入をしてほしいので、増額の連絡をするのです。
目安としては早くても半年、通常は1年程度経った頃です。

一般的には10万円ずつ増額されることが多いです。
50万円までは比較的容易に増額されることもあります。

または、交渉して増額してもらえるケースもあります。
その際は、増額の理由をしっかりと伝えることです。
医療費などどうしてもお金が必要だということを、切実に伝えることが大切です。

融資限度額の増額は年収に関係する

最初の審査において、融資限度額は低く設定されていることも多いですが、年収の高い、低いはあまり関係ないと言われています。
しかし、増額となると今度は年収が関係していきます。
総量規制もありますし、まず、増額した後返済できるのか?という点を審査されますので、年収に見合った増額でないと難しいかもしれません。

融資限度額の増額はよく検討を

きちんと返済を続けていれば、業者の方から融資限度額の増額の連絡をもらえることもあります。
そこで安易に増額をしてしまうと、借入が増えてしまうこともあります。
借入が多くなれば、利息も増えて返済額も高くなります。
増額については、必要かどうかをしっかり検討してから決めるようにしましょう。