保証人・担保について

保証人の書類

通常、ローンを借りる際には金融機関から保証人・担保を求められます。
保証人・担保は返済が滞った際に、貸し付けたローンを守るためのものです。
しかし、キャッシングやカードローンでは、保証人・担保が求められることはありません
その理由と、保証人・担保がないことのメリットとデメリットなどについて説明しましょう。

借入をする際の保証人・担保とは?

保証人・担保は、借入をする際に金融機関が返済がと滞った際の措置として用意させるものです。担保には次の2つがあります。

物的担保

物的担保とは、預金担保、有価証券担保、不動産担保といったものがあり、特定の財産に対して、他の債権者に優先して弁済を受けることできるものです。

人的担保

人的担保とは、保証人、連帯保証人、連帯債務者といったものがあり、債務者以外の人に返済を保証させるものです。

キャッシングやカードローンに保証人・担保が必要ない理由

キャッシングやカードローンもお金を借り入れ、返済をするもので、返済が滞るケースもあります。
それでも、キャッシングやカードローンを申し込む際に、保証人・担保は必要ありません。
その理由は、契約をする際、借入を申し込んだ人を審査し、返済可能と判断して融資をするからです。

申し込み者の年齢や年収、職業、勤続年数、居住形態、さらに借入・返済の利用履歴、借入状況などを審査し、貸金業者が定めている審査基準を満たしていれば、融資してもらえます。
これを信用貸し、といって、消費者金融や信販会社、銀行のカードローンなどは一般的に保証人・担保が必要ない信用貸しを行っているのです。

保証人・担保がないメリット

保証人・担保がないという点において、どのようなメリットがあるでしょうか?

誰にも知られずに借りることができる

保証人・担保が必要なければ、それを依頼することもないため、誰にも知られずに借入をすることができます。
また、返済が滞っても、保証人などに迷惑をかけることがありません

手続きが不要

保証人・担保が必要な場合は、保証品になる人の承諾や所得を証明する書類を用意してもらうなど、いろいろな手続きが必要ですが、保証人・担保が必要なければ、手続きを省くことができます

保証人・担保がないデメリット

保証人・担保なしでも借入できるのは非常に便利、と考える人も少なくないでしょう。
ただし、その際のデメリットも認識しておく必要があります。

借入の限度額が低い

保証人・担保が必要なローンと比べると、借入限度額は低く設定されています
そのため、大口の借入の場合は、審査に通らない可能性があります。

金利が高い

貸金業者は債権が回収されなくても赤字にならないように、金利を高く設定しています。
また、保証会社を利用するため、返済が滞った際には保証会社に代位弁済をしてもらえるという仕組みになっています。

パートやアルバイトは審査に通りにくい

パートやアルバイト、契約社員、派遣社員といった属性の場合、保証人・担保がない場合は審査が厳しいというデメリットがあります。

保証人・担保がないのはメリットばかりではない

キャッシングやカードローンの借入の際、保証人・担保が不要なことは、わずらわしさもなく、便利だと感じるものですが、借入額が低い、金利が高い、また、誰にも言わずに借金をすると後でそれが分かってしまうことで起こり得るトラブルなどのデメリットもあります。
そういったことを含めて、借入をする際にはよく考えることが大切です。