総量規制について

シェアする

お金と虫眼鏡

お金を借りる際に、いくら借りられるのか?というのは気になるものです。
特に複数の業者から借入をしている場合は、あといくらくらい借りることができるのか?と心配になることもあるでしょう。
できれば借入金額は少ないに越したことはありませんが、必要な金額は借入したいという場合もあるでしょう。
しかし、借入できる金額は決められています。
それが総量規制です。それでは、総量規制について知っておきましょう。

総量規制とは?

総量規制とは、過剰な貸付を防ぐために、債務者が年収の3分の1を超せる借入ができない、と定めた規制です。
総量規制により、例えば年収が300万円の人は、100万円以上の借入はできなくなったのです。

銀行は総量規制の対象外

総量規制の対象となるのは、貸金業法が適用される賃金業者からの借入です。
賃金業者とは、消費者金融、信販会社、クレジット会社であり、銀行は含まれません
銀行、銀行のカードローンは銀行法が適用されるため、総量規制の対象にはなりません。

クレジットカードのショッピングは対象外

また、総量規制の対象となるのは借入についてです。
クレジットカードでのキャッシングは賃金業者としての貸付になるので、総量規制の対象ですが、クレジットカードで商品やサービスを購入する場合は、対象となりません。

住宅ローンも総量規制の対象外になる

さらに、車のローンや住宅ローン、高額療養費の貸付、有価証券担保の借入、不動産担保の借入などは、総量規制の対象とならない借入です。

おまとめローンも総量規制の対象外?

複数のありいれを一本化して月々の返済額の負担を軽くするおまとめローンは、「顧客に一方的な借り換え」とされているため、総量規制対象外となるため、年収の3分の1を超える借入が可能です。

総量規制ができた背景

総量規制ができる前は、学生や主婦でも簡単に借入をすることができました。
借入が簡単な分、返済可能額以上の借入をしてしまい、複数の貸金業者から借入を行い多重債務者になってしまうケースが多かったのです。
さらに、不況が長引き、多重債務者の数は増え、自殺者が出たり、自己破産をすることになったりすることが多くなりました。

このような問題を改善するために、開成賃金業法が成立し、グレーゾーン金利の撤廃と総量規制の導入が行われたのです。

総量規制のメリット

総量規制が導入されたことで、返済能力を超えた貸付が抑制されるようになります。
そのため、返済できる範囲内で借入するようになり、返済が滞ることも、多重債務者になることも避けられるという点がメリットです。

総量規制ができたことで、新規の借入をすることが難しくなるケースも多いです。
借りられずに苦しくなる、という点はデメリットと考えられるかもしれませんが、借金を増やさずに済むという点では、メリットとなるでしょう。

総量規制をきっかけに借入の見直しを

総量規制ができたことで、返済可能な額しか借入できなくなりました。
本来であれば、それは当然のことです。
返済できない額を借り入れれば、返済は困難になり、多重債務者になってしまいます。
返済に明け暮れる生活をしないためにも、借入額は考える必要があります。
間違っても、闇金など悪徳業者からの貸付は受けないようにしましょう
返済が大変になるだけです。


まずは新規の借入をしないこと、現在の借入はきちんと返済していくことを目標とし、生活を見直して新規の借入をしないようにすることが大切です。