収入証明書について

シェアする

給与明細とお金

キャッシングを申し込む際に必要な書類の一つに、収入証明書があります。
収入証明書は申込者の収入を表すもので、返済の証明となるものです。
キャッシングやローンなど、お金を借り入れる際には、収入証明書の提出が必要になることがあります。
収入証明書について知識を持っておきましょう。

収入証明書とは?

収入証明書とは自分の収入を公的に証明する書類です。
給与支払明細書や源泉徴収票、所得証明書や確定申告書などです。
会社員の場合は、給与支払明細書や源泉徴収票がよく使用されるものです。

収入証明書は必ず必要?

収入証明書は消費者金融の場合は、金額に関係なく提出が求められますが、銀行のカードローンは100万円以上の場合は、収入証明書が必要になりますが、100万円未満の場合は提出しなくてもいいケースも多いです。

主に会社員であれば、給与支払い明細か源泉徴収票、確定申告のどれか、自営業の場合は課税証明書もしくは、確定申告のいずれか、というケースが多いようです。

給与支払い明細であれば、簡単に用意することができますが、中には2~3ヵ月分と賞与明細を用意しなければならないこともあります
自営業の場合は、課税証明書か確定申告書などが必要になりますので、すぐに融資を受けたい場合は、収入証明書の準備が必要です。

収入証明書の必要性

収入証明書は申し込みをした人の返済能力を確認するために必要なものです。
キャッシングやカードローンの申し込みの際には、法律によって収入証明書の提出が義務付けられています。
義務付けられているのは、貸金業法の対象となる消費者金融などで、貸出金額が50万円を超える場合、または、他社との借入金額と合算して100万円を超える場合です。
銀行は貸金業法の対象とならないので、収入証明書の提出の義務はないのですが、100万円を超える場合は、収入証明書の提出を求めるケースが多いです。

審査において収入は重要

現在では総量規制があり、収入の3分の1を超える借入はできません
収入証明書はそれを証明するとともに、安定した収入があること、毎月継続して返済できることを確認するためにも重要です。

役職に就いていても、収入が低ければそれに見合った金額しか借入することはできません。
また、年収が高くても、パチンコで稼いでいる、という場合は借入をすることはできません。
大事なのは安定して月々の返済ができることです。

そういったことを考慮すると、公務員などは借入もしやすいと言われている一方で、アルバイトやパート、派遣社員や契約社員は審査の評価も低くなります。
また、自営業や個人事業主は年収が高くても、評価は低くなりやすいと言われています。
特に自営業などの場合は、資金繰りのために借入をするケースもあり、返済能力があるかどうかをしっかりと調査するため、審査に時間がかかることも少なくありません

当然ではありますが、年収が高い方が審査には通りやすく、低いと評価が低くなります。
年収が低いと審査に通らないということはありませんが、融資額が低くなる可能性はあります。

借入金額が高ければ高いほど収入証明書は必要

キャッシングやローンの申し込みの際には、基本的には収入証明書が必要になります。
中には提出しなくてもいいケースもありますが、消費者金融からの借入ではほとんど提出を求められます。
銀行のカードローンの場合は、100万円を超える借入金額の場合は、収入証明書が必要となりますので、準備が必要です。