信用情報について

審判の道具

キャッシングやクレジットカードを申し込む際には、必ず審査があります。
審査に通らないとキャッシングもできませんし、クレジットカードを作ることもできません。
複数の消費者金融などから借入をしていたり、延滞をしていたりすると審査に通ることができず、新規の申し込みができないことがあります。
その場合、信用情報にブラック情報が登録されている可能性があります。
信用情報とは何か?
どのような役割を担うのか?知っておきましょう。

信用情報とブラックリストの関係

時々ブラックリストに載っているから、キャッシングなどの審査に通らない、と言われることがあります。
実際にブラックリストというものは存在しません
しかし、信用情報に事故情報が掲載されていると、キャッシングやクレジットカードの審査に通らないことがあります。

信用情報とはキャッシングやクレジットカード、ローンなどの信用取引に関する契約内容返済や支払い状況利用残高などの個人情報です。
新たにキャッシングやローン、クレジットカードなどの申し込みをした際に、申し込みのあった会社が、申し込み者の「信用」を判断するための参考にする情報です。

信用情報を管理している機関は一つではない

金融機関との取引履歴といった信用情報は複数の機関によって管理されています。
現在、信用情報機関は次の3つがあります。

株式会社日本信用情報機構

最も古い信用情報機関で、消費者金会社の約8割が加盟しているとされています。
平成18年改正賃金業法で定められた指定信用情報機関に指定されています。
加盟会員からの情報が随時更新・反映されています。

CIC

信販会社やクレジットカード会社系の信用情報機関です。
原則として月1回以上の登録情報の更新が義務付けられています。
日本信用情報機構と契約情報の一部も共有しています。

全国銀行協会

銀行や銀行系クレジットカード会社、銀行系の信用保証協会、農協、信用組合、信用金庫などの金融機関が加盟している信用情報機関です。
また、自己破産の官報情報を登録しています。

審査が通らない「事故情報」とは?

信用情報機関に登録されている情報は、氏名や生年月日、性別、電話番号、勤務先などの本人情報、借入金額や借入日、最終返済日、返済状況、延滞、代位弁済、強制回収、解約、完済などの取引情報、ローンなどの契約・申し込み内容、情報機関に紹介があった履歴などの紹介記録、不渡り情報、官報情報などです。

これらの情報の中で、信用情報に事故情報が掲載されていると、新規のキャッシングやローンなどの審査はほとんど通らなくなります
事故情報とは、延滞、代位弁済、強制回収、手形の不渡り、破産手続き、債務整理などです。

もし、キャッシングやカードローンが新規で作成できなくなったら、一度情報機関に問い合わせをして確認してみることをオススメします。
万が一でも、間違った情報が登録されていることもあるかもしれませんし、納得できるかもしれません。
もちろん、キャッシングがカードローンなどを新規で作成するからというわけではなくても、興味のある人は自分の信用情報を見てみるといいでしょう。

申し込みの際は嘘を書かない

キャッシングがカードローンの審査に通りたいからといって、他社からの借入など、嘘を書いても無駄なことです。
本当のことは信用情報機関に問い合わせれば分かることだからです。
嘘を書いたとなれば、さらに信用は失われてしまいます。
申し込みをする際には、嘘は書かないようにしましょう。