リボルビング払いのメリット・デメリット

リボ払いの計算

カードローンの返済などにおいて主流とも言えるのが、リボルビング払いです。
リボルビング払いは、借入額が増えても、一定の金額を返済していけばいい方法なので、計画も立てやすく便利と言われています。
しかし、一方でリボルビング払いは危険、と言われることもあります。
リボルビング払いのメリットとデメリットを把握しましょう。

リボルビング払いとは?

リボルビング払いとは、利用額にかかわらず毎月指定された金額を支払って行く方法です。
カード会社によって異なりますが、利用金額が増えることで月々の最低支払い金額が変わることが多いです。

また、リボルビング払いは事前にすべての買い物の支払いがリボルビング支払いになるよう、設定をしておくことで、リボ払いになりますが、買い物ごとに設定を変更することも可能です。
店頭で買い物際に、支払い方法をリボルビング払いに指定することも可能です。

リボルビング払いのメリットとは?

リボルビング払いのメリットについて紹介しましょう。

毎月の支払額が一定である

設定内であれば、毎月の支払額は基本的に一定です。
毎月の支払い負担を軽くしたい、計画を先に立てたいという場合はリボルビング払いは便利です。

繰上げ返済ができる

リボルビング払いは、繰上げ返済が可能です。
例えば来月は1万円しか払えないけれど、その次の月は5万円支払える、という場合、リボルビング払いにして来月は1万円の支払いをして、その次の月は残高を一括で払ってしまいます。
その結果、手数料がかかるのは最初のひと月だけですむのです。

繰上げ返済の分は、すべて元金返済にあてられるので、利息も減り、返済期間も短縮することが可能です。

リボルビング払いのデメリット

便利でメリットが多いと感じられるリボルビング払いですが、デメリットもあるので注意が必要です。

返済期間が長くなる

リボルビング払いにすると、利用金額が増えても毎月の返済額が一定なので、その分返済期間が長くなります
返済期間が長くなれば、利息も増え、その結果総支払額が増えるということです。

気軽に利用してしまう

リボルビング払いは支払い金額が一定のため、買い物をたくさんしても支払い金額は変わらず、危機感がなくなるというデメリットがあります。
一括で支払いをすると、支払いも大きくなるので注意しなければ、と考えますが一定の支払い額なので、いくら使っているか、という把握が甘くなるのです。

リボルビング払いと分割払いは使い分ける

支払い方法として分割払いがあります。
どちらがお得か、という点は考える人も多いでしょう。
それはケースによって使い分けるのも一つの方法です。

2回で支払いができるのであれば、分割の方がいいでしょう。
2回までは手数料はかからない、というケースが多いのです。

支払い回数が多くても、分割払いの方が分かりやすく、使い過ぎを止めてくれるというメリットがあります。

リボルビング払いを選ぶのは、繰上げ返済ができる時に選択するとお得になるでしょう。

リボルビング払いは利用内容を把握して

リボルビング払いの怖い点は、知らないうちにカードを使い過ぎていることです。
分割払いなどの場合は、利用した分は支払いが多くなるので、使い過ぎた、と感じることができますが、一定の支払いであるリボルビング払いはそういった危機感がありません。
そのため、返済期間も長くなりやすく、利息も増えてしまいます。
リボルビング払いを選択するのであれば、利用内容、返済額などを把握して利用するようにしましょう。