おまとめローンについて

シェアする

お金に悩んでいる女性

複数の業者で借入をしている場合、毎月の返済に頭を悩ませている人も少なくないでしょう。
いろいろな業者に支払いをするよりも、どこか1本にまとめて支払った方が楽なのでは?
金利も下がってお得なのでは?と考えるのも無理はありません。
しかし、おまとめローンを利用したからといって、すべてがお得になるとは限らないのです。
おまとめローンをする際に注意したいポイントをまとめてみました。

おまとめローンとは?

おまとめローンとは多重債務者が複数の債務を一本化させることで、毎月の支払いの負担を軽くするローンです。
カードローンにおいては、2010年に改正賃金業法が施行されて、総量規制ができました。
総量規制によって、消費者金融から借り入れできる総額が、年収の3分の1までと決められたため、審査に通らずに新たな借入ができない、というケースが増えてしまったのです。

その救済措置としてできたのがおまとめローンです。
そのような経緯でできたおまとめローンなので、総量規制の対象外となっているのです。

おまとめローンは顧客に有利になるローンとなっていて、とてもお得な方法に思えるのですが、注意しないと損をしてしまうケースもあるのです。

おまとめローンで金利が高くなる?

おまとめローンを利用する場合、方法としては消費者記入か銀行カードローンを利用することになります。
その際、注意すべき点が金利です。

消費者金融は、100万円以上の借入の場合は、上限金路を15%としなくてはいけないのですが、100万円未満の場合は、18%が適用されるのです。
しかし、現在ショッピングローンやリボ払いの返済において、金利は10~15%で借入していることが多いでしょう。
その場合、消費者金融を利用すると、金利が高くなってしまうのです。

金利が高くなれば利息が増え、返済の負担が大きくなってしまいます。

毎月の返済額を減らすことはできても損をすることも

消費者金融よりも銀行のカードローンの方が金利は低い場合があり、それを利用しておまとめローンをすると金利が低くなります。
しかし、その際に注意したいのが、月々の返済額です。

今まで3万円の返済をしていたのに、おまとめローンで一本化して返済額を2万円にしてしまうと、月々の負担が軽くなりますが支払い期間が長くなることになります。
そうなると利息が増えてしまうため、総額では支払い金額が多くなってしまうこともあるのです。
金利と返済金額に関しては、ていねいなシミュレーションが必要です。

おまとめローンですべての債務を一本化できないこともある

多重債務者の救済措置であるおまとめローンですが、すべての債務を一本化できるか、というとできないケースもあります。

借入金額が50万円以下などの少ない金額であれば、全額を一本化できる可能性が高いですが、200万円以上など、高額になると一部の借入にしかおまとめできないケースがでてきます。
一部でも借り換えで金利が下がるなど得になることがあれば、メリットになりますが、それほど変わらない場合は一本化のメリットはあまりないかもしれません。

おまとめローンはしっかりとシミュレーションをすることが大切

複数抱えていた返済を、一本化するだけで返済負担が減ったような気分になるかもしれませんが、きちんと計算すると返済金額が増えていた、ということもあります。
おまとめローンを利用した際と、現状と、どれくらい負担が軽くなるのか、という点を金利や総支払額などを踏まえて、しっかりとシミュレーションをすることが必要です。