無利息期間について

シェアする

利息を計算する女性

キャッシングの返済で考慮しなければならないのが利息です。
借りたお金だけではなく、利息も支払っていかなければならないのですから、できるだけ低金利の会社を選びたいと考えるものです。
もう一つお得なのが、金融機関によって無利息期間を設けているケースがあります。
無利息期間の内容やメリット、注意点について知っておきましょう。

無利息期間とは?

無利息期間とは言葉通り、借入をしても利息がつかない期間のことです。
とてもお得なように思えますが、会社によって内容はいろいろなので、比較検討することが必要です。

無利息期間にはどのような種類があるかというと、契約日の翌日から7日間、30日間、180日間は無利息、また借入日から30日間無利息、というケースもあれば、初回のみ、何度でも、といったケースもあります。

無利息期間の注意点

無利息期間といっても会社によって内容や条件が異なるので、よく確認することが必要です。
無利息期間において注意したいのは次のような点です。

無利息期間はいつからか?

無利息期間の場合、いつまで無利息なのか?という点は確認しますが、いつからか?という点を確認しないことも多いのではないでしょうか?
無利息期間には、契約翌日から○日、という場合と借入日の翌日から○日、というケースがあります。

契約翌日から無利息期間が発生する場合、カウントは始まっていますので、初回の借入が契約日よりも1週間後になれば、その分無利息期間は7日分減っているということです。

キャッシング会社によって条件がある

会社によって無利息期間が適用され場合、条件があることがあります。
例えば、無利息が適用される借入金額が決まっている、メールアドレスを登録する、無利息期間が適用されるのは初回のみ、などいろいろありますので、内容をしっかり確認するようにしましょう。

無利息期間中に返済日がきたら返済しなくてもいい?

無利息期間が30日などになると、その期間に返済日がやってくることになります。
その際は必ず返済をしてください
返済をしないと翌日から利息が発生することになります。

また、返済をしないと遅延損害金も発生します。
さらに、返済をしないと、信用問題にも関わり、新規の申し込みなどに影響することもあるので、返済は必ずするようにしましょう。

無利息期間と低金利ではどちらがお得?

無利息期間はその期間利息がつかないため、期間内に返済をしてしまえば利息ゼロで借入をすることができるというお得なシステムです。
しかし、無利息期間を設定している場合、金利が高い場合が多いのです。
無利息期間があっても、利息がつかないのはその期間だけなので、その期間に返済が終わらない限りは高い利息が発生することになります。

ただし、無利息期間が長ければ、その分お得になるのでは?と考えられます。
つまり、返済金額によってどちらがお得かは決まります。

5~10万円程度の借入であれば、無利息期間に返済できる可能性も高く、お得になりますが、50万、100万となると返済期間も長くなるため、低金利の方が得になることもあります。

無利息期間と低金利はシミュレーションが必要

無利息期間と聞くととてもお得になるように感じますが、借入金額や返済期間によっては、低金利の方がお得になる場合もあります。
どちらがいいかはよくシミュレーションをして、検討するようにしましょう。
また、無利息期間を利用する際には、適用条件についてもよく確認することが大切です。