金利について

シェアする

貯金箱と計算機

キャッシングやローンを組む際に必ず出てくるのが金利です。
金利についてあいまいな知識でキャッシングをしている人も少なくないでしょう。
しかし、金利は返済にあたって重要なもので、それによって返済金額は変わってくるので、しっかり知っておくことが大切です。

金利とは何?

キャッシングやローンを組む際に必ず、15~18%といった具合に数字が掲載されていますね。
これは金利を示す数字です。
通常、キャッシングなどでお金を借りると、借りた金額だけを返済するのではなく、利息を支払わなければなりません。
その利息がいくらになるのかを計算するために使われるのが金利です。

1年間お金を借りているとどれくらいの支払いになる?

○%と示されているのが金利ですが、基本的にキャッシングでは年率といって、1年間お金を借りていた場合の利息の割合を掲載していることが多いです。
例えば、金利15%で10万円をキャッシングした場合、利息は、

10万円×15%=1万5千円

となり、借りたお金の他に利息を1万5千円支払う、ということです。

金利には年率のほか、1日あたりに発生する利息の割合を示す日歩、1ヵ月あたりに発生する利息の割合を示す月利といった表示もあります。

金利は業者によって異なる

キャッシングをする際には、いろいろな業者を比べてみることが多いと思われますが、業者によって金利は異なります
金利は業者が自由に決められるものなのです。
おおよそ3~18%の間となっていますが、できるだけ金利の低い業者を選ぶことで、返済の金額も少なくてすみます。

金利を見ても分かるように、表示には幅があります。
けっこうな差があるので、注意したいものですが、着目したいのは低い方の数字ではなく、上の方の数字、上限金利です。

金利がいくらになるかは、利用者によって違ってきます。
申し込みの審査によって実際の金利は決まるのですが、最初は上限金利が適用されることが多いと言われています。
よって、金利で選ぶ際には、上限金利が低い方を選ぶといいでしょう。

金利には上限がある

金利は業者が自由に設定できると言いましたが、法律によって金利の上限は次のように決められています。

10万年未満の場合、上限金利は20%。
10万円以上100万円未満の場合、上限金利は18%。
100万円以上の場合、上限金利は15%。

と借り入れる金額によって、上限金利はこのように決まっています。
もし、これ以上の金利を請求されることがあれば、違法なので注意しましょう

実質年率とはどういったもの?

キャッシングやローンなどの広告には、よく実質年率と金利について記載しています
実質とはどういったことなのでしょうか?

実質とはキャッシングに申し込んだ際にかかる書類の作成費用や、調査費用などのことです。
そういった諸費用は金利に含められているのです。
実質年率とは、諸費用を含んだ金利のことで、利息以外の費用はかかることはありません。
一部でATM利用手数料などがかかる場合はありますが、それ以外の費用を請求される場合には注意が必要です。

金利について知っているのと、知っていないのとでは返済額に違いが生じます。
損をせずに支払うためにも、金利について知っておくことが大切です。
また金利について知っておくことで、違法業者などの危険な業者を避けることもできます。わずかな金額の差でも、長い年月を借りていると膨大な金額になることがありますので、金利について、または利息について知っておくことが大切です。