借り換えについて

シェアする

お金を計算する画像

キャッシングやカードローン、住宅ローンなどでお金を借りた場合は返済をしなければなりません
返済で重要なのは滞らずにきちんと返済をしていくことですが、それができなくなってしまったり、もっと月々の返済を減らしたいと考えたりすることもあります。
その方法として借り換えがあります。
借り換えをする際には、今までよりも負担が少なくなることが重要です。
そのためには、業者選びも慎重に行わなければなりません。
どのようなポイントで業者選びをすればいいのか、見ていきましょう。

借り換えとはどういったもの?

借り換えとは、別の金融機関からお金を借りて、現在の借金を返済し、新たに借りた所に返済をしていくという方法です。
複数の業者から借入をしていたものを1本化する借り換えのことを、おまとめローンと言います。

借り換えをするポイントは、金利です。
金利の高いものから低いものに変更することで利息が下がり、返済の負担を軽くすることができるのです。

借り換えをする際には低い金利の業者を選ぶ

借り換えで重要なのは低い金利で借りられる業者を選ぶということです。
金利が低ければ、利息が増えることがなく、返済もスムーズに進み元金も減っていくので利息も下がり月々の負担も減っていきます。

ただし、現在の月々の負担が大きく、それを減らしたいという場合は、低金利でありさらに1回の返済額が少なく設定できる業者選びが必要です。

借り換えは銀行のカードローンがオススメ

借り換えで重要なのは金利の低さです。
銀行のカードローンは4.5~14.5%という銀行が多く、低金利と言えます。
一方で消費者金融や信販系のキャッシング業者は、ほとんどは18%なので高金利です。

さらに、銀行のカードローンは借入限度額が大きいという点もオススメポイントです。

銀行以外でも借り換えにオススメの業者がある?

銀行のカードローン以外では、消費者金融や信販系のキャッシング業者がありますが、金利が高いと言われています。
しかし、借り換えやおまとめローンのプランがある場合、金利が低く設定されている場合があります。
銀行のカードローンの審査が通らない場合は、そういった業者のプランを探してみるといいでしょう。

借り換えの審査に通るには?

借り換えをするなら、金利が低い業者で行わなければ意味がありません。
しかし、銀行のカードローンは審査が厳しいことが多いのです。審査に通るために改善したい点を挙げてみましょう。

他社借入件数を減らす

もし5件以上の借入がある場合は、審査に通りにくいと言われていますので、減らすことが必要です。
方法としては、まず希望の業者以外のところで、一部借金をまとめるという方法があります。
借入件数を減らすことで、希望の業者の審査に通りやすくなります

借入の延滞をしていない

延滞をしていれば信頼を失くしてしまい、審査には通りにくくなります。
返済は滞らずに、きちんとすることが基本です。

有利になる借り換えをするために必要なこと

借り換えは負担が軽くならなければ意味がないことです。
負担を減らすには、現在の金利よりも低い金利の業者を選ぶことが必要です。
そのためには、借入件数を減らすこと、借入の返済を滞らせないこと、といった点に注意しましょう。
金利の低い業者の審査に通過し、低金利で返済の負担を軽くしましょう。
さらに借入をしないためにも、有利になる借り換えをオススメします。