自動契約機について

シェアする

自動契約機の写真

キャッシングの申し込み方法は、店頭に行って申し込みをする方法もありますが、最近ではインターネットを使って申し込みをする人も増えています
また、キャッシングの申し込み方法には自動契約機があるので、それを利用する人も少なくないようです。
自動契約機の特徴やメリットについて紹介しましょう。

キャッシングの自動契約機の特徴

自動契約機は契約をする際に、消費者金融会社に行ってスタッフとやりとりをせずに、契約やキャッシングの申し込みができるものです。
基本的には自動契約機のタッチパネルで必要事項を記入し、本人確認の書類をスキャナーで読み込み、申し込み用紙に必要事項を記入して、自動契約機にセットするという方法で申し込みをします。
審査が通れば、契約書が発行され、署名して自動契約機にセットします。
その後、カードが発行されるというしくみです。

申し込みをしている部屋は、テレビカメラで撮影され、その様子はモニターされ、人物をチェックしています。

自動契約機で申し込む際に用意していくもの

自動契約機で契約をする際に、手ぶらで行っても、申し込みはできません。
自動契約機で契約をする場合は、次のような必要種類を持参していく必要があります。

本人を確認できる書類

自動契約機で申し込みをする際には、運転免許証や健康保険証、パスポートなど本人を確認できる書類を持参します。

収入証明書類

希望の借入額が50万円以上の場合、また希望の借入額と他社での利用残高の合計は100万円以上の場合は、収入証明書が必要になります。
基本的には、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、給与明細といった書類を用意する必要があります。

自動契約機のメリットとは?

自動契約機のメリットとしては、人と対面せずに契約ができる点です。
誰にも知られずに契約ができるのは、気分的に楽なものです。
もし、分からないことなどがあっても、オペレーターにつながる電話があるので、安心です。

また、22時というように、夜も受付してくれるので会社帰りに立ち寄ることができるのもメリットです。

自動契約機のデメリットとは?

気軽に契約ができるという点はメリットですが、それがデメリットになる場合もあります。
他社からの借入や過去に返済の延滞などがなく、就職もしていればほとんどキャッシングの審査に通り、お金を借りることができます。
そのため、借金をするという意識がなくなってしまうことは、怖いことです。

特にキャッシングやカードローンは、カードを入れればお金が出てくるという簡単な操作で借入をすることができます。
ちょっとお金が足りない、という場合は我慢をせずに、気軽に借入をしてしまうことも少なくないでしょう。
そういった意識でキャッシングをしていると、返済に追われることにもなります。

簡単に借金ができる契約ができるのは、そういったリスクを背負うことにもなるという意識が薄れてしまうことにもなります。
「借金をするのは簡単」と思ってしまうのは危険です。
借りる際には、お金を借りるという意識を持つことが大事です。

キャッシングが必要か改めて考えてみる

自動契約機は誰に知られることもなく、簡単に契約をすませすぐにでもキャッシングができるものです。
それはすぐにでもお金が必要な人にとっては便利で助かるものです。
しかし、軽い気持ちでキャッシングの契約をするのは危険なことです。
借金が当たり前になってしまうと、常にお金を借りている状態になり、利息の支払いだけでも返済額が大きくなり、返済が困難になるという状況を作ることもあります。


本当にキャッシングが必要かどうか、契約をする前に再考してから、契約をするようにしましょう。