印鑑証明書について

シェアする

印鑑の写真

キャッシングやカードローンの申し込みをする際には、本人確認の書類や収入を証明する書類などが必要になります。
本人確認書類においては、運転免許証や健康保険証、パスポートなどがありますが、そういった書類の中に印鑑証明書というものを見かけることもあります。
印鑑証明書について説明しましょう。

印鑑証明書とは?

「印鑑登録証明書」や「印鑑証明」と呼ばれることもある印鑑証明書は、書面の印影が実印と同じでありことを証明する書類のことです。
国や地方公共団体などが発行する官公署の書面であり、1人に対し、1個の印鑑のみ交付を受けることができます。

まずは印鑑の登録が必要

印鑑証明書を取得するには、まず印鑑登録が必要です。
印鑑登録とは、印鑑を官公署に届けて登録することです。
実印とは重要な契約を結ぶ時などに必要なもので、印鑑登録をすることで、「この印鑑は自分のもの」ということを証明することができます。
登録した実印を証明するのが、印鑑証明書です。

印鑑証明書を提出することで、契約書などの重要な書類に押印する印鑑が、確かに本人のものかどうかを確認できます。

印鑑証明書を取得する際の注意点

印鑑証明を取得する際の注意点をまとめてみました。

登録する印鑑の注意点

印鑑証明書を取る前段階の、印鑑登録から注意が必要です。
登録する印鑑には条件があります
印鑑の文字が判読できない、すでに登録されている、印鑑の一部が破損している、そのほか、市区町村長が適切でないと判断したものは登録できません。

印鑑登録の際には、運転免許証やパスポートなどの本人を確認する書類が必要です。
書類をそろえて、登録する印鑑と一緒に持参し、住民票のある地域の町村役所で印鑑登録の申請ができます。

印鑑証明書の取得方法は各市町村によって異なる

印鑑証明書の取得方法は各市町村によって多少の違いがありますので、登録や印鑑証明書を取得する際には、住民票のある地域の役所に問い合わせるといいでしょう。

印鑑証明書の取得方法

一般的には次のような方法で、印鑑証明書を取得することができます。

まず、印鑑登録証を持参し市町村役所で証明書交付の申請をします。
本人が印鑑証明書の交付申請をする場合は、印鑑は必要なく、印鑑登録証があれば大丈夫です。

印鑑証明書の交付に必要な申請書類に必要事項を記入し、申請をします。
申請が認められれば、印鑑証明書が交付されます。
この際手数料300円がかかります。

印鑑証明書は本人確認にならない?

キャッシングやカードローンの申し込みの際には、本人確認の書類が必要になります。
その際に多く求められるのは、運転免許証健康保険証パスポートです。
これらの書類は本人を確認する書類として、信頼性が高いものと言われています。

ただし、これらの書類が用意できない場合もあります。
そこで印鑑証明書なども本人確認書類として認めている業者もあります。
印鑑証明書は運転免許証などと比べると信頼性に欠けてしまうため、あまり認めている業者はないのですが、大手の業者の中にはいくつか、認めているところがあるので、確認してみましょう。

本人確認書類については確認をしてみる

キャッシングがカードローンの借入には、本人確認書類として、運転免許証や健康保険証などが求められます。
そういった中で印鑑証明書を本人確認として認めている業者は少ないものです。
しかし、印鑑証明書のほかにも、住民票、各種年金手帳なども本人確認書類として認めてくれている業者もあるので、確認してみるといいでしょう。