法定金利について

シェアする

法律関係の書類と小槌

キャッシングを利用するうえで知っておきたいのが金利です。
金利によって返済額が大きく変わってくるからです。
貸す側は金利を高くした方が儲けになるわけですが、限りなく高くできないよう、金利の上限が決まっています。
それが法定金利です。
法定金利とはどのようなもので、どれくらいなのか、知っておきましょう。

法定金利とは?

法定金利とは、お金の貸出・借入をする際に、これ以上の金利を設定してはいけない、という金利の上限のことです。
法定金利とは、利息制限法、賃金業法といった法律で決められている上限金利のことです。

法定金利はどれくらい?

現在の法定金利は、借入が10万円未満の場合は20%、10万円から100万円未満は18%、100万円を超える場合は15%となっています。
さらに、お金を貸し付ける場合は、利息制限法や賃金業法のほかに、出資法も守らなければなりません。
現在では出資法の法定金利は20%となっています。

利息制限法の法定金利を超える金利で貸付をした場合は行政処分の対象となり、出資法の法定金利を超える貸付を行った場合は、刑事罰の対象となります。

法定金利がないとどうなる?

利息制限法において法定金利は借入額にともない、15~20%と決められていたのですが、以前は出資法の上限金利が29.2%だったことで、利息制限の上限を超え、出資法には違反しない29.2%までの金利で貸付をしていました。
この15~20%を超え、29.2%までの金利をグレーゾーン金利と言い、高い金利のせいで返済が困難になる人が増え、社会問題となったのです。

現在、出資法は賃金業法の法定金利に合わせて改定され、上限金利は20%となったことで、グレーゾーン金利はなくなりました。
現在では、過去、グレーゾーン金利で貸付をしていた業者が、賃金業法の改正にともなって、利息制限を超えていたことに対し違法だと、払い過ぎた利息を取り戻す請求が行われています。
これが過払い金請求です。
グレーゾーン金利で違法な支払いをしていた人は、弁護士事務所や行政書士事務所など専門家に相談し、請求をするといいでしょう。
過払い金請求には10年という期限がありますので、早目に手続きをすることをオススメします。

初回の借入は法定金利になることが多い?

通常、10~50万円の限度設定が多く、消費者金融から借入をする場合、ほとんどが法定金利である18%となっています。
法定金利は100万円以上の限度額が設定可能であれば、適用される金利は下がっていく傾向にあります。

金利はその人の信用度の高さによっても変わってくるので、最初に借入をする場合は法定金利であることが多いのです。
借入をしていてもきちんと返済している、借入残高が少ない、という人は信用度が高くなりますが、最初に借入をする人は実績がないので、信用度も低いため金利も高くなります。

消費者金融などの広告には金利が4.5~18%と法的金利だけでなく、低い金利も掲載されていますが、基本的には低い金利は高額の借入ができる人が対象です。
低い金利を見てそこに決めるのではなく、上限金利を確認するようにしましょう。

金利はとても重要なこと

法定金利がなければ、高金利で貸付をする業者が増え、借りる方は苦しくなります。
過去にグレーゾーン金利で貸付をしていた業者は、現在の過払い金請求のため、倒産に追い込まれた会社もあります。
金利はそれだけ大きな影響があるものです。
たとえ数パーセントの金利でも、長い期間返済をしていけば、支払い総額は増えることになります。
法定金利があるとはいえ、借入をする際には、金利には十分注意をしましょう。