保証会社について

保証会社のイメージ

カードローンの申し込みをする際に、保証会社の審査に通らなければ借入ができない、といったことを見かけるでしょう。
特に初めてキャッシングやカードローンなどを利用しようとしている人は、保証会社と言われても何のことか分からないものです。
保証会社とはどういた存在か、保証会社について説明しましょう。

保証会社の役割とは?

カードローンで借入をする際には、保証人や担保は不要となっています。
そのせいもあり、気軽にキャッシングなどを利用できるようになっています。
しかし、大口のカードローンなどは保証人や担保が必要となり、もし返済が滞れば、担保にしていたものを回収されたり、連帯保証人が代わりに返済をしたりしなければなりません。

しかし、消費者金融や信販会社、銀行などの小口の借入に、保証人や担保は必要ないとされています。
それは、保証会社が連帯保証人の代わりになっているからです。
本来であれば、保証料を支払う必要があるのですが、カードローンなどでは保証料は借入利率に含まれています。

保証会社はもし利用者が返済を滞らせてしまった場合に、カードローン会社に代理でお金を払ってくれるのです。

保証会社は信頼できるところを選ぶ

借入をした際に、返済ができなくなってしまった場合、保証会社は返済分を立て替えて払ってくれます
そのあと、保証会社に対して支払いをすることになります。
保証会社は利用者の連帯保証人となり、さらに債権回収をする役割があります。
保証会社は立て替えた分の支払いを利用者にするので、信頼できる保証会社を選ぶことが大事です。

申し込みをする際は保証会社をチェック

保証会社はほとんどが大手で、信頼できるもので、それほど心配をする必要はないのですが、注意したい点があります。
それは同じ保証会社のカードローンに対して、同時にまたはすぐに申し込みをしないことです。
ある貸金業者に借入の申し込みをした際に審査に落ちてしまった場合、次に申し込みをする場合、賃金業者が違っても保証会社は同じ、ということがあります。
その場合、審査は同じ保証会社が行うため、最初に審査に通らなかった場合には、次の審査も通らない可能性があります。

保証会社の審査に通らなければ借入はできない

借入をする際には、賃金業者の審査と保証会社の審査に通る必要があります。
保証会社の審査基準はそれぞれ異なります。
審査内容は、消費者金融などのキャッシングやカードローンの審査と大きくは変わらないようですが、審査の基準は少し厳しくなっているようです。
また、消費者金融が保証会社になっていても審査が甘いとは限らないということを認識しておきましょう。

保証会社があるから返済できなくてもいい?

賃金業者から借入をして返済ができなくなった場合は、保証会社が代わりに返済をしてくれるなら安心、と考えてはいけません。
借入の返済が滞ればその情報は信用情報機関に掲載されます。
信用情報機関に事故情報が掲載されれば、新規の借入ができなくなるばかりか、クレジットカードの作成もできなくなります。

さらに、保証会社に返済をすることとなった場合、返済の金利が高くなることおありますし、保証会社の中には一括で返済をするよう言われることもあります。

返済は滞らないことが重要

カードローンでの借入は、保証人も担保も不要で、手軽に借入ができるようになりました。
しかし、返済が滞った場合、返済をする対象が保証会社に移るだけで、借入金がなくなるわけではありません。
返済は滞らないようにしましょう。